転職3ヶ月の壁で悩む人に解説。辞めるか続けるか判断するポイント5選

転職3か月の壁で悩む人に解説。辞めるか続けるか判断するポイント5選 仕事・会社の悩み
筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

新しい職場での最初の3ヶ月は、新たな環境への順応と自己の能力を試す時期ですが、その過程で多くの人々が直面するのが「転職3ヶ月の壁」です。

新しい仕事に慣れるまでのこの期間に、不安や疑問がわき上がることは珍しくありません。本記事では、転職後の最初の3ヶ月に生じる悩みや課題に焦点を当て、どのように乗り越えていくべきかについて考察してみましょう。

職場適応の難しさや業務スキルの習得、人間関係の構築、将来のキャリアに対する不安など、転職3ヶ月の壁に関連するさまざまな側面を探っていきます。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

  1. 転職3ヶ月の壁に悩む人は多い
  2. 転職3ヶ月の壁を仕事で感じる理由は5つ
    1. 未知の環境への適応の難しさ
    2. 新しいスキルの習得プレッシャー
    3. 人間関係の構築
    4. 業績と評価への不安
    5. キャリアの再評価
  3. 入社3ヶ月の壁・仕事ができないのが辛いときの乗り切り方
    1. 「3か月の壁」は期間限定
    2. 過去の成功を振り返ろう
    3. 周囲と積極的にコミュニケーションを
    4. 長期的な視点を持つ
  4. 転職3ヶ月で仕事を辞めたくなる3つの原因
    1. 適応の難しさとストレスの増加
    2. 業務内容や環境とのミスマッチ
    3. 成果の達成が難しい状況
  5. 辞めた方がよいかを判断する5つのポイント
    1. 適応力の評価
    2. キャリアゴールの再確認
    3. 業務の適性と満足度
    4. ストレスと健康の影響
    5. 将来の展望とリスク評価
  6. 転職3ヶ月でも辞めた方がいい場合
    1. 事前に聞いていた内容とあまりにも違う場合
    2. 組織風土が自分に合わない場合
    3. コンプライアンスに違反している場合
  7. 3か月の壁を乗り越えられない時の対処法
    1. サポートを求める
    2. 小さな目標を設定する
    3. どうしても会わないなら次の道を探す
  8. 転職3ヶ月の壁は乗り越えるべき壁と避けるべき壁に分かれるので、適切に対応しよう
    1. 乗り越えるべき壁
    2. 避けるべき壁
  9. どうしても退職を切り出せない場合は退職代行サービスがおすすめ
    1. 退職代行サービスとは?
    2. 退職代行サービスの選び方
    3. 退職代行サービスは「労働組合」か「弁護士」を利用するのがおすすめ

転職3ヶ月の壁に悩む人は多い

新しい環境への移行は、個人の成長とキャリアの展望を拡げる素晴らしい機会ですが、転職後の最初の3ヶ月は、そのステップに立ちはだかる「転職3ヶ月の壁」に直面することが多いと言えます。新しい職場環境に馴染むには時間がかかり、新たな業務に慣れるまでの期間にはさまざまな課題が待ち受けています。

以下は実際に上がった声の一部です。

「転職して3ヶ月、新しい環境に適応できずに戸惑っています。自信を失くしてしまい、克服する方法を模索中です。」

「新しい職場での業務が難しく、同僚とのコミュニケーションもうまくいかずに悩んでいます。壁を乗り越えて成長したいですが、どう頑張ればよいかわかりません」

「3ヶ月目に突入したけど、まだ自分には適応が難しいと感じています。前職との違いに戸惑ってしまい、新しい環境に馴染めないんです。」

こうした悩みは、多くの方が抱える悩みのほんの一部です。転職3か月の壁に悩む人は多く、当たり前に起きることですので、心配しないでください。

転職3ヶ月の壁を仕事で感じる理由は5つ

転職後の最初の3ヶ月は、新しい職場での課題に立ち向かう過程で、多くの人々が「転職3ヶ月の壁」を感じることがあります。この壁を感じる理由は、さまざまな要因によって形成されています。以下では、仕事において転職3ヶ月の壁を感じる理由について、5つのポイントを詳しく探ってみましょう。

未知の環境への適応の難しさ

新しい職場では、業界や職種の違いからくる未知の状況に適応する必要があります。これにより、業務やプロセスの理解が難しくなり、最初の数ヶ月は不確実性を感じやすくなります。

新しいスキルの習得プレッシャー

新たな職場では、新しいスキルや知識を習得する必要があります。これにより、自己の能力を高めるためのプレッシャーや努力が増え、ストレスを感じることがあります。

人間関係の構築

新しい職場での人間関係の構築は時間がかかります。最初の3ヶ月は同僚や上司との関係を築く過程で、孤独感やコミュニケーションの不安を感じることがあります。

業績と評価への不安

新しい環境での業績や評価に対する不安も、壁を感じる理由です。適切な成果を上げるためには時間と努力が必要ですが、その間に焦りやプレッシャーを感じることがあります。

キャリアの再評価

転職を機に自身のキャリアゴールや適性を再評価する時期でもあります。将来の方向性を見極める過程で、自身の価値観や目標とのギャップを感じることがあり、それが壁を形成する一因となります。

これらの理由により、新しい職場での最初の3ヶ月は、転職3ヶ月の壁を感じる要因が複数絡み合っています。次のセクションでは、この壁を克服するための具体的なアプローチや考え方について深く掘り下げていきます。

入社3ヶ月の壁・仕事ができないのが辛いときの乗り切り方

新しい職場での最初の3ヶ月は、新しい環境に慣れ、新たな業務に適応する過程で、多くの人々が「入社3ヶ月の壁」と呼ばれる障壁にぶつかることがあります。特に、仕事がうまくいかず、自分の実力に不安を感じる時期には、精神的な負担が大きくなることもあります。しかし、この時期を乗り越えるための戦略やアプローチは存在します。以下では、入社3ヶ月の壁や仕事がうまくいかないときの辛さを乗り越えるためのポイントを探求してみましょう。

「3か月の壁」は期間限定

まず、最初に理解するべきことは、入社3ヶ月の壁は一時的なものであるということです。新しい職場に適応するには時間がかかりますし、新しい業務に慣れるにも時間が必要です。そのため、最初の数ヶ月は試行錯誤が必要であり、うまくいかないことも当然のことと受け入れることが大切です。

過去の成功を振り返ろう

次に、自分の強みや過去の成功体験を振り返ることが重要です。仕事がうまくいかないときには、自信を失いがちですが、過去の成果を振り返ることで、自分の実力を再確認することができます。自分の強みを活かす仕事やプロジェクトを見つけ、そこでの成功体験を積極的に活用しましょう。

周囲と積極的にコミュニケーションを

また、先輩や同僚とのコミュニケーションを大切にすることも大切です。新しい職場では、周囲の人々との協力やサポートが成果を上げるための鍵となります。困難な時には、質問をすることや意見交換をすることで、新たな視点やアイデアを得ることができます。

長期的な視点を持つ

最後に、焦らずに長期的な視点を持つことが大切です。入社3ヶ月の段階では全てが完璧にはいかないかもしれませんが、時間と努力をかけて克服すれば、将来的にはより成果を上げることができるでしょう。

入社3ヶ月の壁や仕事がうまくいかないときの辛さを克服するためには、自信を持ち、周囲と連携し、自己成長に努める姿勢が重要です。焦らずに一歩ずつ前進し、壁を乗り越えて成長する道を歩んでいきましょう。

転職3ヶ月で仕事を辞めたくなる3つの原因

転職後の最初の3ヶ月は、新しい環境に適応し、業務に慣れる過程でさまざまな課題に直面する時期です。この期間に、「転職3ヶ月で仕事を辞めたくなる原因」は様々な要因から生じます。以下では、転職後の最初の3ヶ月で仕事を辞めたくなる3つの主な原因について詳しく探ってみましょう。

適応の難しさとストレスの増加

新しい環境への適応には時間がかかり、最初の数ヶ月は業務や組織文化に適応するのが難しいことがあります。この過程で、新しい業務内容やプロセスに慣れず、適切な成果を上げることが難しく感じることがあります。また、新しい同僚や上司との関係構築もストレスを引き起こす要因となることがあります。

業務内容や環境とのミスマッチ

転職先の職場や業務内容が、自分の期待や能力と合わない場合、仕事に対するモチベーションが低下し、辞めたくなる気持ちが生じることがあります。例えば、求められるスキルや経験が自分に合わないと感じる場合や、業務の内容が自分の興味や価値観と合わない場合などが考えられます。

成果の達成が難しい状況

新しい職場での最初の3ヶ月は、業務に適応するための学習や調査が必要な時期ですが、その間に成果を上げることが難しい場合、モチベーションが低下し、仕事を辞めたくなる気持ちが生じることがあります。自分のスキルや知識が活かせる機会が少ないと感じる場合や、業務の進捗が思わしくない場合にこのような状況が発生します。

これらの要因により、転職後の最初の3ヶ月で仕事を辞めたくなる気持ちが生じることがあります。しかし、大切なのは一時的な困難に立ち向かうだけでなく、課題を克服し成長していく姿勢です。次のセクションでは、これらの困難を乗り越え、転職3ヶ月の壁を克服するためのアドバイスや考え方について詳しく探求していきます。

辞めた方がよいかを判断する5つのポイント

転職後の最初の3ヶ月は、新しい環境に適応するための試練が待っていますが、その間に自分自身と向き合い、将来の方向性を見極める必要があります。ここでは、「辞めた方がよいかを判断する5つのポイント」について詳しく考えてみましょう。

適応力の評価

最初の3ヶ月は短期間であり、適応が難しい時期です。しかし、適応力がある程度発揮できるかどうかを評価することが重要です。自身の成長や変化を振り返り、今後の適応が見込めるかどうかを検討しましょう。

キャリアゴールの再確認

転職後の最初の3ヶ月は、自分のキャリアゴールと新しい職場の方向性が一致するかどうかを再評価する良い機会です。今後のキャリアプランに合致しないと感じる場合、転職を考えることも重要です。

業務の適性と満足度

新しい仕事が自分の適性や興味に合うかどうかを検討しましょう。業務に対する満足度が低く、自身の成果を発揮できていない場合、長期的には満足度が向上しない可能性があります。

ストレスと健康の影響

仕事のストレスが健康や生活に悪影響を及ぼしている場合、辞めた方が良いかもしれません。身体や精神の健康を損なうようであれば、違う選択肢を検討することが大切です。

将来の展望とリスク評価

辞めるか続けるかの判断は、将来の展望やリスクを総合的に評価することが重要です。現在の状況を乗り越えれば、将来的には成長のチャンスが広がるかもしれません。一方で、継続して困難が続く場合は、転職を検討することも視野に入れるべきです。

これらのポイントを考慮し、自身の状況と向き合いながら、辞めるか続けるかの判断をすることが重要です。焦らず冷静に、将来の幸福と成長を見据えながら、最良の選択を行っていきましょう。

転職3ヶ月でも辞めた方がいい場合

転職後の最初の数ヶ月は、新たな環境に適応する過程でさまざまな試練に直面しますが、中には転職3ヶ月でも辞めた方が賢明なケースが存在します。ここでは、そのような場合を判断する際の3つのポイントについて詳しく考察してみましょう。

事前に聞いていた内容とあまりにも違う場合

転職を決意する際、求職者は事前に企業や職場について調査し、情報を収集することが一般的です。しかし、転職後に実際の職場環境や業務内容が事前の説明と大きく異なる場合、モチベーションの低下や不満が生じることがあります。もし事前の期待と現実のギャップが大きく、その影響が自身の成長や幸福にマイナスの影響を及ぼすと感じるならば、転職3ヶ月での辞める選択肢を真剣に検討する必要があります。

組織風土が自分に合わない場合

職場の組織風土や文化は、自身の働きやすさや満足度に大きな影響を与えます。もし自分が大切にする価値観や行動スタイルと職場の風土が合わないと感じ、適応が難しい状況が続いている場合、転職3ヶ月での辞める選択も視野に入れるべきです。組織風土の不一致が、長期的な幸福や成果に影響を及ぼす可能性があるためです。

コンプライアンスに違反している場合

職場でのコンプライアンス違反は、法的な問題だけでなく、職場環境や同僚との信頼関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。もし職場での倫理的な問題や法的な違反が明らかになり、改善の兆しが見られない場合、転職3ヶ月で辞めることを検討することが重要です。自身の名誉や法的なリスクを守るためにも、適切な選択を行うことが必要です。

これらのポイントを踏まえ、転職3ヶ月でも辞めた方がいい場合を判断する際には、自身の幸福と成長を最優先に考えることが大切です。自分の状況と向き合い、冷静な判断を下して、将来に向けた適切な選択を行っていくことが重要です。

コンプライアンス違反を感じた時の対処法は以下記事でまとめています。

3か月の壁を乗り越えられない時の対処法

転職後の最初の3ヶ月は、新しい環境に適応するための過程でさまざまな困難に直面することがあります。これが通称の「3か月の壁」です。しかし、この壁にぶつかってしまっても、焦らず冷静に対処する方法を見つけることが重要です。

サポートを求める

新しい職場での適応には時間がかかることがありますが、一人で抱え込まず、サポートを求めることが大切です。上司や同僚に相談し、困難に直面した際には適切なアドバイスや指導を受けることで、解決策を見つけやすくなります。また、研修やトレーニングプログラムを活用することも考えましょう。

小さな目標を設定する

大きな壁に直面すると、一気に乗り越えることが難しく感じることがあります。そこで、小さな目標を設定して段階的に進歩する方法が有効です。日々の業務やプロジェクトを細かく分割し、達成感を感じながら進んでいくことで、モチベーションを保ちつつ壁を克服できるでしょう。

どうしても会わないなら次の道を探す

一部の場合、転職後の適応が難しいままであることもあります。状況が改善されない場合は、自分に合う環境を見つけることも検討すべきです。他の道を模索し、次のステップに進むことも一つの選択肢です。自分の幸福と成長を最優先に考えることが大切です。

退職することを伝えることが難しい場合は、退職代行サービスを活用することも合わせて検討いただくのも一案です。

転職3ヶ月の壁は乗り越えるべき壁と避けるべき壁に分かれるので、適切に対応しよう

転職後の最初の3ヶ月は、新しい環境への適応と成果の出し方に悩む人にとっては、重要な期間です。これまでの経験と新たなチャレンジの融合、そして自己評価が試される時期と言えるでしょう。しかし、この「3ヶ月の壁」を乗り越えるか否かは、個人の状況や価値観によって異なります。ここでは、転職3ヶ月の壁についてのまとめと、乗り越えるべき壁と避けるべき壁の判断について考えてみましょう。

まず、転職3ヶ月の壁は、大きく2つのタイプに分かれることがあります。

乗り越えるべき壁

このタイプの壁は、成長と適応の過程で現れるものです。新しい職場環境に慣れるための努力が必要であり、最初の数ヶ月は業務内容や人間関係の理解が不十分な状態かもしれません。しかし、ここでの努力が将来の成功への礎となることもあります。乗り越えるべき壁は、自己成長とキャリアの発展に向けて前進するために乗り越えるべきものです。

避けるべき壁

一方で、適応や成長に関わらず、職場環境や業務内容が自身の価値観やキャリア目標と合わない場合、これは避けるべき壁と言えます。このような壁は、長期的に満足感や成果を得られないことを意味し、その職場での継続は自己成長や幸福に悪影響を及ぼす可能性があります。

転職3ヶ月の壁は、一つの壁ではなく、個人によって解釈が異なります。しかし、自己評価やキャリア目標、幸福度などを総合的に考慮することで、適切な判断ができるでしょう。焦らず冷静に、将来の自分を見据えながら選択肢を検討し、最良の道を進んでいくことが大切です。

どうしても退職を切り出せない場合は退職代行サービスがおすすめ

「避けるべき壁」だと自身で判断したものの、退職を切り出すことができない場合、解決策を見つけるのは難しいことがあります。そんなときに検討すべきオプションの一つが、退職代行サービスです。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスは、あなたの代わりに退職手続きを行ってくれるサービスです。このサービスを活用することで、以下のようなメリットがあります。

1. ストレスを軽減できる

退職は精神的にも肉体的にもストレスのかかるプロセスです。退職代行サービスを利用することで、手続きや書類作成、会社との交渉など、ストレスを軽減することができます。

2. 専門知識を活用できる

退職手続きには専門的な知識が必要です。退職代行サービスは、これらの知識を持つプロフェッショナルが提供するため、スムーズかつ効果的に退職を進めることができます。

3. カスタマイズされたサポートが受けられる

あなたの状況や希望に合わせて、カスタマイズされたサポートを受けることができます。退職代行サービスは、個々のニーズに応じたソリューションを提供します。

退職代行サービスの選び方

退職代行サービスを利用する際には、以下のポイントに注意して選びましょう。

1. 信頼性と評判

信頼性のあるサービスプロバイダーを選ぶために、オンラインレビューや口コミを調査しましょう。過去の利用者の評判を確認することで、信頼性を評価できます。

2. サービス内容と価格

各サービスの提供内容や価格を比較検討し、自分に合ったプランを選びましょう。料金には透明性があり、隠れた費用がないことを確認しましょう。

3. カスタマーサポート

問題が発生した際にサポートを受けられるかどうかも重要です。迅速なカスタマーサポートが提供されるか確認し、安心感を持てるかどうかを考慮しましょう。

「仕事を辞めたいけど怖い」と感じたとき、退職代行サービスは一つの選択肢として検討する価値があります。自分の状況やニーズに合ったサービスを選び、成功する退職への第一歩を踏み出しましょう。

おすすめの退職代行サービスはこちらの記事で紹介しています。

退職代行サービスは「労働組合」か「弁護士」を利用するのがおすすめ

多くの退職代行サービスがありますが、大別すると「一般法人」「労働組合」「弁護士」の3種類です。

この中で私がおすすめするのは「労働組合」か「弁護士」。というのも、一般法人は代理交渉権を有しないため、違法性があると判断され、会社側から退職の申し出と認められず、トラブルとなるケースも最近は多くなっています。一方で、労働組合では『労働組合法6条』で労働者のための代理交渉権が認められており、弁護士は『弁護士法72条』で代理交渉権が認められています。(逆説的に、弁護士以外が代理交渉をする際には弁護士法違反となる可能性があります。)

労働組合と弁護士どちらを選ぶかの基準ですが、「費用」「手続きの手間」「確実性」「サービス」の4つの観点で選ぶのがよいでしょう。

労働組合を選ぶ場合

費用:〇(低費用)

手続きの手間:〇(簡単)

確実性:〇(法適合)

サービス:△(退職交渉に特化)

⇒「簡単に」「低費用で」「確実な」退職がしたい方は労働組合を利用するのがおすすめ!

弁護士を選ぶ場合

費用:×(高費用)

手続きの手間:△(詳細なヒアリングが必要)

確実性:◎(確実)

サービス:◎(退職交渉以外の手続きも代理でサポート)

⇒「費用がかかっても」「確実に」「有休消化や賞与請求などの手続きもお願いしたい」方は弁護士を利用するのがおすすめ!

タイトルとURLをコピーしました