「働きたくない」は甘えじゃない!理由と解決策・対処法を徹底解説

「働きたくない」は甘えじゃない!理由と解決策・対処法を徹底解説 仕事・会社の悩み

「働きたくない」って考えてしまうけど、甘えなの…?

今日も仕事に行きたくない・・・甘えているって分かってるけど…

働かないでお金が欲しいけど、そんな方法ないよな…

人生で最も長い時間を費やすのが「仕事」です。

人生100年時代と言われる中、仕事をする時間も長くなり、ストレス社会の中で「働きたくない・・・」「仕事に行きたくない・・・」と悩む人は少なくありません。

先に結論から伝えてしまいますが、「働きたくない」と考えるのは「甘え」ではありません!誰もが考えてしまうことです。ですが、それを表立って言えませんし、「働きたくないので今日は働きません!」とすることも難しいと思っているでしょう。

そこで本記事では、「働きたくないと考えてしまうけど、これは甘えなの?」という疑問を解消すべく、働きたくない理由と解決策・対処法をまとめて解説します。対処法の一つは、今の仕事を辞めて働かずに数百万円を得られる方法です。

ぜひ最後までお読みくださいませ。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

※当サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

本記事をお読みいただく時間がない方のために、本記事の内容を3行でまとめました。

<本記事のまとめ>

  • ・「働きたくない」は甘えではなく、個人の感情に起因する「誰もが感じる当たり前のもの」
  • ・「働きたくない」時には今の職場で改善するべきだが、難しいときはゆっくり休む。
  • ・ゆっくり休みたい時には社会保険給付金を活用。収入を得つつ、最大28か月間休める。
社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

働きたくないと感じるのは甘えではなく当たり前のこと

働きたくないと感じる心情は、一般的には甘えや怠けているだけではなく、個々の状況や感情に根ざした当たり前の感情です。

この感情は、仕事における本音や期待とのギャップに起因します。

はたらきGUY
はたらきGUY

自分だけが抱く悩みではなく、「状況」や「感情」によって誰にでも訪れるものだとまずは理解しましょう。

仕事に対する本音の感情

多くの人が抱く「働きたくない」という感情は、仕事に対する本音や自身の価値観との齟齬から生まれることがあります。

仕事に対して意欲的でないと感じるのは、自身の目標や興味と合わない仕事に従事している場合や、仕事のやりがいを見いだせない状況下にある場合が考えられます。これはただの甘えではなく、自分自身と向き合い、本音を理解する必要があります。

例えば、私の場合は考えを巡らせたり、自分の仕事が大きな成果に繋がることがモチベーションに繋がりますが、毎日同じことを延々と繰り返す作業は苦手です。

はたらきGUY
はたらきGUY

学生時代にパンの製造工場であんパンの上にゴマを3粒ずつ乗せる仕事を経験しましたが、3日で心が死にかけました…

「働きたくない」という感情は、仕事内容や職場環境、人間関係、待遇や報酬、プライベートの充実度など、様々な要因が絡み合って、「その時に起きる症状」なのです。

社会的期待とのギャップ

また、「働きたくない」という感情は、社会的な期待とのギャップからも生まれることもあります。

社会が押し付ける価値観や仕事への期待に、個々が適応できない場合、仕事に対するモチベーションが低下し、「働きたくない」と感じることがあります。この場合、甘えではなく、社会との調和を取るためには自己調整や環境の変化が必要です。

理由と解決策・対処法

「働きたくない」感情の理由を理解した上で、具体的な解決策や対処法を考えることが重要です。

自己認識と目標の見直し

本音を把握し、仕事に対する自己認識を深め、目標の見直しを行うことで、モチベーションが向上する可能性があります。

コミュニケーションと相談

仕事に対する不満や課題があれば、上司や同僚とコミュニケーションを図り、相談することで問題解決の手助けが得られるかもしれません。

新たな挑戦と学び

新しいプロジェクトや仕事への挑戦、スキルの向上など、仕事に新たな刺激を取り入れることでモチベーションが向上し、働きがいを感じることができるでしょう。

これらのアプローチを通じて、働きたくないと感じる状況を打破し、充実感ある仕事を見つける手助けとなるでしょう。

働きたくない・仕事に行きたくないと思う人の特徴

「働きたくない」と感じる人々は、さまざまな特徴を持っています。これらの特徴を理解することで、その背後に潜む理由や心情に迫り、適切な解決策を見つける手助けになります。

あなたがこの特徴に当てはまっているか、セルフチェックしてみましょう。

責任感が強い人

一見逆説的に感じるかもしれませんが、責任感が強い人ほど「働きたくない」と感じることがあります。

これは、仕事において高い期待や責務を感じすぎ、それに対処することが難しくなるためです。責任感が強い人が抱えるストレスやプレッシャーが、「働きたくない」という感情を引き起こすことがあります。

はたらきGUY
はたらきGUY

私も責任感が強いタイプだと自己分析していますが、社会人になって12年間の中で、責任に押しつぶされて「働きたくない・・・」と思ったことは数え切れません。

責任感が強い人は、人から求められる承認欲求が強く、期待をされると応えたくなる欲求が働く傾向があります。

一方で、一度任されたものに応えきれないときに理想と現実のギャップが生まれ、仕事へのモチベーション低下に繋がることがありますので、「自分が出来る範囲」を理解しておくが重要です。

ネガティブな人

ネガティブな人が「働きたくない」と感じる理由は、主に楽観的な視点が不足していることが挙げられます。

仕事に対する否定的な見方が支配的であるため、楽しさややりがいを見いだすことが難しくなり、「働きたくない」という感情が強まります。ポジティブなアプローチを取ることが必要です。

上司や同僚の何気ない一言に傷ついてしまったり、周囲と自分を比べてしまったりすることで、悲観的になることを知り、自分の思考を意識的に変えていきましょう。

はたらきGUY
はたらきGUY

あなたが思っているより、周囲はあなたのことに興味はありません。あなたが上司や同僚のことを四六時中考えているわけではないのと同じことです。

コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な人が「働きたくない」と感じる理由は、職場での人間関係やコミュニケーションストレスに由来します。

人との対話や協力が苦手なため、仕事がストレスや孤独感を引き起こし、「働きたくない」という感情につながることがあります。

「コミュニケーションが苦手」というと大きい言葉ですが、自分がコミュニケーションの中でも何が苦手なのかを知ると、苦手な場面を回避することができます。

・人からどう思われるかが不安
・怒られるのが苦手
・自分に興味を持たれていないのが苦手
・自分が信頼されていないとわかるのが苦手
・自分が話すのが苦手

など、タイプが様々別れます。

これらの特徴に共通するのは、仕事への適応やストレス管理が課題であることです。解決策としては、専門家の協力を得る、ポジティブなマインドセットの養成、コミュニケーションスキルの向上などが挙げられます。これらのアプローチを取り入れることで、「働きたくない」感情に対処し、充実感ある仕事を築くことが可能です。

働きたくない・仕事に行きたくないと感じる理由

「働きたくない」と感じる理由は多岐にわたり、個々の状況や感情に根ざしています。以下はその一部です。

仕事に対するモチベーションが低下しているから

仕事に対するモチベーションが低下する原因は様々です。

楽しさややりがいを感じられない、目標や夢が見失われた、成果や評価が得られないなど、モチベーション低下の要因は個人によって異なります。このような状況が続くと、「働きたくない」と感じることがあります。

仕事内容に対して不満があるから

仕事内容に対する不満がある場合、「働きたくない」と感じることがあります。

仕事が単調である、スキルや能力が活かされない、やりがいを感じられないなど、仕事内容に対する不満が積み重なると、モチベーションが低下し、「働きたくない」という気持ちにつながります。

労働条件に不満があるから

労働条件が不満足な場合も、「働きたくない」という感情が生まれることがあります。

給与や労働時間、福利厚生などが労働者の期待に添えない場合、働く意欲が低下し、「働きたくない」と感じることがあります。

ストレスや精神的な負担がかかっているから

仕事によるストレスや精神的な負担が大きい場合、「働きたくない」と感じることがあります。長時間の労働、人間関係の問題、過度な責任などが原因で、心身の健康が損なわれ、「働きたくない」という感情が現れることがあります。

これらの理由を理解し、具体的な解決策や対処法を見つけることが重要です。

働きたくない・仕事に行きたくないと感じた場合の対処法・解決策

「働きたくない」と感じた場合、その気持ちは無視せず、積極的に対処法や解決策を模索することが重要です。以下は、そのための具体的なアプローチです。

周囲とのコミュニケーションの改善

仕事に対する不満やストレスは、周囲とのコミュニケーションの不足から生じることがあります。同僚や上司との円滑なコミュニケーションを図り、感情や意見を適切に共有することで、職場の雰囲気が改善され、仕事へのモチベーションも向上します。

特に、ネガティブな感情を共有することが効果的です。

・やりたくないことをやりたくないという
・「悲しい」「辛い」ということを伝える

などのネガティブな感情を伝えることで、相手からのコミュニケーションのとり方が変わってくることも。自分から伝えなければ相手は気付くことが出来ませんので、まずは自分の行動を変えてみましょう。

スキルの向上や新しいチャレンジ

仕事に対するマンネリ感や挑戦の不足が「働きたくない」と感じさせることがあります。

自身のスキルを向上させたり、新しいプロジェクトや役職に挑戦したりすることで、仕事に対するワクワク感を取り戻しやすくなります。

キャリア相談やカウンセリングの利用

自身のキャリアについて悩みや不安がある場合、キャリア相談や心理カウンセリングを受けることが有益です。専門家のアドバイスを受けることで、将来のキャリアプランや仕事に対する適切なアプローチが見つかることがあります。

有給休暇の取得・短期的な休暇を取る

仕事の疲れやストレスが積み重なった場合、有給休暇を活用するか、短期的な休暇を取ることでリフレッシュできます。適切な休息をとることで、仕事へのモチベーションが回復し、「働きたくない」気持ちに対処できるでしょう。

思い切って仕事を辞める

最終的には、継続的な不満やストレスが解消されない場合、思い切って仕事を辞める選択肢も検討するべきです。

「働きたくない」と考える理由次第ですが、自分だけでは解決できないものや職場環境によるものの場合、今の仕事・会社では前向きに取り組めない可能性があります。

特に、体調や精神的に影響が出ている場合には少しの休暇では回復しきれない場合がほとんどです。一度仕事から離れてゆっくり休む。やりたい仕事や入りたい会社に入るための準備期間に充てる、というのも重要です。

辞めたいけど、辞めたら収入がなくなるから生活できないよ…

と考える方がほとんどだと思います。そこで、次章では「働きたくないけどお金が欲しい」時にやるべきことを解説していきます。

「働きたくないけどお金は欲しい」時にやるべきこと

「働きたくないけどお金は欲しい」と感じるとき、現実的な対処法が求められます。以下は、そのような状況においてやるべき具体的な行動についての解説です。

<働きたくないけどお金が欲しいときにやるべきこと>
・希望を満たす会社に転職する
・副業やフリーランス活動を始める
・スキルや趣味を生かした収入源を作る
・社会保険制度を活用して、しばらく休む

それぞれ解説していきます。

希望を満たす会社に転職する

現在の職場や環境が原因で「働きたくない」と感じる場合、新しい会社での仕事を検討することが一つの選択肢です。希望する条件や働き方に合った企業を見つけ、転職活動を始めることで、仕事へのモチベーションが向上し、働きやすい環境を手に入れることができます。

副業やフリーランス活動を始める

自分のスキルや趣味を活かして、副業やフリーランス活動を始めることで、柔軟な働き方を実現できます。自分のペースで仕事を進めつつ、追加の収入を得ることで、経済的な余裕を持ちながら働くことができます。

スキルや趣味を生かした収入源を作る

自身のスキルや趣味を生かして、副業や趣味を収入源とする方法もあります。例えば、プログラミング、イラスト、音楽などの分野で活動し、オンラインで収益を上げることが可能です。自分の得意なことを仕事にすることで、やりがいを感じつつ生計を立てることができます。

社会保険制度を活用してしばらく休む

日本には働けない人のための社会保険制度があります。

失業手当(失業保険)や傷病手当金といった、収入の60~65%を毎月もらえる制度です。

意外と知られていないのですが、傷病手当金は退職前に利用していたら退職後も継続してもらうことが出来、かつ受給ハードルも低いです。

例えば、以下の症状でも対象になる可能性があり、日本人の9割は受給対象になるとも言われています。

・気分が落ち込む、やる気が起きない、いらいらする
・不安感がある
・夜眠れない、朝早く目が醒める、昼間眠くなる
・会社と合わない、上司と合わないなどの環境によるストレスを感じる
・朝起きれない
・体の疲れがなかなか取れない
・会社に行くのが辛いと感じる
・満員電車が憂鬱に感じる
・上司に会いたくないと感じる

これらの社会保険を最大限活用すると、最大28か月間、現在の収入の60~65%を得られるのです。収入は少し減りますが、この期間を活用することで、こんなことが出来ます。

・難しい国家資格を取得して、仕事が選べるようになる
・長期の旅行に行って心身ともにリフレッシュ

ただし、傷病手当金と失業保険を満額、最大期間で受け取るには複雑な手続きが必要です。不慣れな人だと受給できないこともあるため、専門のサポートをしているサービスがあります。それが、「社会保険給付金アシスト」です。

<社会保険給付金アシストのサービスの特徴>

  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

働きたくないときのNG行動

「働きたくない」と感じる気持ちは無視せず、適切な対処法を見つけることが重要です。しかし、その際に避けるべきNG行動も存在します。

以下は、働きたくないときに避けるべきNG行動についての解説です。

仕事をしたくない気持ちを無視する

仕事へのモチベーションが低下し、「働きたくない」と感じるとき、その気持ちを無視せずに向き合うことが大切です。無理に気持ちを押し殺して働き続けると、精神的なストレスや体調不良に繋がる可能性があります。

身体的・精神的な異常を無視して働き続ける

身体的な不調や精神的な異常を感じた場合、それを無視して働き続けることは危険です。

健康が優先されるべきであり、適切な医療や休息を取ることが必要です。無理に働き続けることで深刻な状態に陥る可能性があります。

「我慢できる」と無視して働き続けると、限界まで働き続けてしまいます。ストレス不調を無視すると重篤な「うつ病」にもなりかねません。

はたらきGUY
はたらきGUY

限界まで無理してしまい、重症化すると、数年単位で治療をしなければなりません。心の不調は短期間で回復するものではないので、絶対に無視しないようにしましょう。

自己分析をせずに転職する

「働きたくない」気持ちから逃れるために転職を考える場合、「とりあえず転職しよう!」と考える方は多いです。しかし、自己分析をせずに転職してしまうと、結局同じように「働きたくない・・・」となってしまうことも。

自分のスキルや興味を正確に把握し、それに基づいて転職先を選ぶことが、より満足度の高い働き方につながります。特に「何が嫌で働きたくなくなったのか」は絶対に明確にしてから転職活動をするようにしましょう。

会社へ連絡せずにバックレる・無断欠勤する

「働きたくない」と感じても、適切な手続きを経ずに仕事を放棄するのは誤った行動です。

会社への連絡や適切な休暇の取得を怠ることで、信頼を損ね、将来的なキャリアにも悪影響が及ぶ可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「働きたくない」って考えてしまうけど、甘えなの…?

今日も仕事に行きたくない・・・甘えているって分かってるけど…

働かないでお金が欲しいけど、そんな方法ないよな…

というお悩みを解消するために、「働きたくない」と考える感情や対処法について解説してきました。

<本記事のまとめ>

  • ・「働きたくない」は甘えではなく、個人の感情に起因する「誰もが感じる当たり前のもの」
  • ・「働きたくない」時には今の職場で改善するべきだが、難しいときはゆっくり休む。
  • ・ゆっくり休みたい時には社会保険給付金を活用。収入を得つつ、最大28か月間休める。

今の仕事を続けていくことに不満や不安があるなら、一度お休みをとってスキルアップや資格取得に時間を当てるのがおすすめです。

社会保険給付金アシストでは、収入の60~65%をもらいつつ、最大28か月間仕事に就かずにいられます。
相談は、無料。まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生のプラスになる選択肢となります。

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました