シングルマザーが仕事を辞めたい時の対処法|仕事が辛ければ辞めてもいい!

シングルマザーが仕事を辞めたい時の対処法|仕事が辛ければ辞めてもいい! 仕事・会社の悩み

・シングルマザーだけど仕事が辞めたい・・・

・子供の生活もあるから簡単には辞められない・・・

・仕事辞めてもスキルや経験がないから、生活が不安・・・

本記事では、こういったお悩みを解決できます。

子供がいるし、自分が収入源だから簡単には仕事を辞められない、と考えている方は多いです。仕事を辞めて収入がなくなってしまうと自分だけでなく子供の生活に悪影響があるんじゃないか、という方もいるでしょう。

しかし、仕事を辞めて逆に生活が豊かになった、という方も多くいるのです。

そこで本記事では、シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったときにどうするのがよいか、考え方だけでなく具体的な方法をまとめて解説します。

ぜひ最後までお読みください。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

※当サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

本記事をお読みいただく時間がない方のために、本記事の内容を3行でまとめました。

シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったら…

  • ・感情の整理、周囲のサポート、休息を取るのが大事!
  • ・収入の不安を無くすためには、資格取得やスキルアップをするのが近道!
  • ・仕事を辞めても「社会保険給付金」で約2年間収入を維持して時間を確保できる!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
  1. シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったら
    1. 感情を整理する
    2. 目標と将来の計画を考える
    3. 周囲のサポートを受ける
    4. 転職やキャリアチェンジの検討
    5. 新しいスキルや資格の取得
  2. シングルマザーが仕事を辞めたい5つの理由
    1. 収入が足りない
    2. 子育ての時間が足りない
    3. 仕事と家庭の両立が難しい
    4. 精神的な負担が大きい
    5. キャリアへの不安・不満がある
  3. シングルマザーが子育てと仕事を両立するためにすべき4つのこと
    1. リモートワークやフレックスタイムなど、フレキシブルな勤務時間の模索
    2. 子供の保育環境の整備
    3. 親や親戚など、サポート体制の構築
    4. 効果的な時間管理を身に着ける
  4. シングルマザーにおすすめの仕事10選
    1. フリーランスの仕事
    2. 在宅ワーク
    3. パートタイムの仕事に就く
    4. インターネットビジネス
    5. コンサルタント業
    6. 教育関連の仕事
    7. ファッションや美容の分野
    8. ライティングやコピーライティング
    9. イベントプランナー
    10. グラフィックデザイナー
  5. シングルマザーが自分に合った仕事が見つからないときにはどうしたらいい?
    1. スキルや趣味を活かした仕事の模索
    2. キャリアカウンセリングの利用
    3. 転職エージェントの活用
    4. スキル向上のためのトレーニングや教育
  6. シングルマザーが「仕事を辞めたい…」と思ったら体を休めよう
    1. 休息は何よりも重要
    2. 休暇の計画と取得
  7. 仕事を辞めて自由な時間が手に入るおすすめサービス
    1. 社会保険給付金アシストとは?
    2. 社会保険給付金アシストのメリット
    3. シングルマザーが社会保険給付金アシストを活用するとどうなる?
  8. まとめ

シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったら

シングルマザーであるあなたが仕事に対して辛さを感じるとき、その感情を整理し、より良い未来に向けて対処する方法があります。

以下は、シングルマザーが仕事を辞めたいと感じた場合の対処法です。

感情を整理する

まず重要なのは、自分の感情を整理することです。

仕事に対する不満やストレス、そして辞めたいという感情に向き合いましょう。「子供のため」という責任感は美しいものですが、ネガティブな感情を押し殺すのではなく、素直に自分の気持ちと向き合うことが重要です。

感情を整理するためには、日記をつけたり、友人や家族と話すことが役立ちます。自分の気持ちを理解し、整理することで、次のステップに進む準備ができます。

目標と将来の計画を考える

仕事を辞めることは、新たな目標や将来の計画を考える絶好の機会です。自分の価値観や興味を再確認し、どのようなキャリアを築いていきたいかを考えましょう。

将来の計画を明確にすることで、辞めた先の仕事や職種が見つかりやすくなります。目標を掲げ、それに向かって進むことが、新たな一歩を踏み出す助けになります。

周囲のサポートを受ける

シングルマザーには、周囲のサポートが非常に重要です。家族や友人、同僚などに、自分の考えや感情を打ち明け、助言や支援を受けることが大切です。

また、保育園や学校などの関係機関からのサポートも受けましょう。時には、心の中で抱え込まず、周りの人々と協力し合うことが、新しいスタートに向けての力になります。

はたらきGUY
はたらきGUY

全て自分で何とかしないと!と考えてしまうと、結果的に自分のためにも子供のためにもなりません。無理をせずに人を頼りましょう。

転職やキャリアチェンジの検討

仕事が辛いと感じるなら、転職やキャリアチェンジも一つの選択肢です。自分のスキルや興味に合った仕事を見つけ、新しい環境でのスタートを切ることで、仕事に対するモチベーションが高まります。

転職活動を始めるには、職務経歴書やポートフォリオの整備が必要です。また、転職エージェントの利用や、新しいスキルや資格の取得を考えることも重要です。

新しいスキルや資格の取得

次なるステップとして、新しいスキルや資格を取得することで、自分の市場価値を向上させることができます。これにより、より広い範囲の仕事に応募でき、仕事の選択肢が増えます。

オンラインでのスキル習得や資格試験の受験、専門学校やコースへの参加など、自分のキャリアに合わせたスキルや知識を積極的に取得しましょう。

シングルマザーが仕事を辞めたいと感じたら、感情の整理から始め、将来の目標を見据え、周囲のサポートを得ながら、転職や新しいスキルの取得を検討することが重要です。新たなスタートを切る勇気を持ち、自分の幸福を追求していくことが大切です。

シングルマザーが仕事を辞めたい5つの理由

シングルマザーである場合、仕事を続けることが困難に感じられる時があります。以下は、シングルマザーが仕事を辞めたいと感じる5つの主な理由です。

収入が足りない

経済的な不安は、シングルマザーにとって大きな負担となります。子供の養育費や教育費、生活費など、一人で家計を支えるのは容易ではありません。

給与が十分でない場合、仕事を辞めて収入源を見直す必要があります。

子育ての時間が足りない

仕事が忙しいために子供との時間が不足してしまうことは、多くのシングルマザーが直面する課題です。子供の成長に参加し、サポートすることができる時間を確保するために、仕事を辞めることが考えられます。

仕事と家庭の両立が難しい

シングルマザーは仕事と家庭を両立させることが難しく、その両方でのプレッシャーやストレスがかかります。

仕事を辞めることで、より家庭に集中でき、バランスをとりやすくなります。

精神的な負担が大きい

一人で家庭を支え、仕事にも頑張ることは非常にストレスフルです。精神的な健康が損なわれる前に、仕事を辞めて自分のメンタルケアを優先することも重要です。

キャリアへの不安・不満がある

現在の仕事に対して充実感や満足感を得られない場合、新しいキャリアや職場を模索することが考えられます。

仕事を辞めて新たな挑戦に向かうことで、より充実したキャリアを築く可能性があります。

シングルマザーが仕事を辞めることは、新たな可能性への一歩です。自分の幸福と家庭の健康を最優先に考え、適切なサポートを受けながら新しい未来に向かって進んでいくことが大切です。

シングルマザーが子育てと仕事を両立するためにすべき4つのこと

シングルマザーとして働く場合、子育てと仕事の両立は課題となりますが、工夫とサポートを得ることで克服できる可能性があります。以下は、シングルマザーが子育てと仕事を両立させるために取り組むべき4つの重要なポイントです。

リモートワークやフレックスタイムなど、フレキシブルな勤務時間の模索

リモートワークの導入

リモートワークは、柔軟な働き方を可能にします。仕事内容や業種によっては、リモートワークが適用できるか検討してみましょう。家庭と仕事を両立させやすい環境が整います。

フレックスタイムの活用

勤務時間の柔軟性を確保するために、フレックスタイムの導入を検討してください。早出や遅出、週の一定日数のみの出勤など、柔軟な働き方ができると、子育てにも時間を割り当てやすくなります。

はたらきGUY
はたらきGUY

大手企業であれば会社側で制度がある場合がありますし、中小企業の場合には、現在は採用難のため、退職されるくらいなら…と相談に乗ってくれる場合もあります

子供の保育環境の整備

保育施設や学童保育の活用

地域の保育施設や学童保育を利用することで、子供が安心して過ごせる場を提供できます。安定した保育環境を整備し、仕事に専念できるようにしましょう。

ファミリーサポートプログラムの利用

企業や自治体が提供するファミリーサポートプログラムを利用すると、子育てと仕事の両立をサポートしてくれるサービスが受けられます。利用可能なプログラムを確認し、活用してみてください。

親や親戚など、サポート体制の構築

親や親戚からのサポートの仕組み:

親や親戚との連携を強化し、助け合いのサポートネットワークを構築しましょう。緊急時や予定が合わない場合に頼れる存在があると、安心して仕事に集中できます。

共同育児の実践

親や親戚との協力体制を築き、共同で子育てをすることで、仕事に専念できる時間を増やすことができます。お互いに協力し合いながら、負担を分担していきましょう。

効果的な時間管理を身に着ける

優先順位の設定

仕事と子育ての両立では、優先順位を明確に設定することが重要です。重要な業務や子供との時間を確保するために、日々の予定を計画的に立てましょう。

時間の使い方の最適化

限られた時間を有効に使うために、タスクの効率化や集中力を高める方法を見つけましょう。効果的な時間管理を通じて、仕事と家庭のバランスを取りやすくなります。

これらのポイントを踏まえ、シングルマザーが子育てと仕事を両立させるためには、柔軟な働き方やサポート体制の構築、効果的な時間管理が鍵となります。自分に合った方法を見つけ、充実した生活を築いていくことが大切です。

シングルマザーにおすすめの仕事10選

シングルマザーが仕事を辞めたいと思った際に、新たなキャリアや働き方を模索することは一つの解決策です。

以下は、シングルマザーにおすすめの仕事10選です。これらの仕事は、柔軟な働き方やスキルを生かせる職種が含まれており、仕事と子育ての両立がしやすい特徴があります。

フリーランスの仕事

フリーランスの仕事は、自分のスケジュールを自由に組むことができ、仕事の依頼を受ける形態です。ライターやデザイナー、プログラマーなど、得意な分野でスキルを発揮しながら、柔軟な働き方が可能です。

在宅ワーク

在宅ワークは、自宅や任意の場所から仕事を行うスタイルです。オンラインでの業務やデータ入力、カスタマーサポートなど、リモートワークが増える中、シングルマザーにとって効果的な働き方と言えます。

パートタイムの仕事に就く

パートタイムの仕事は、定期的な勤務日数や時間が決まっており、フルタイムよりも柔軟なスケジュールが確保できます。子供の学校や保育園のスケジュールに合わせて働くことができます。

インターネットビジネス

オンラインでビジネスを展開することで、場所や時間に縛られずに仕事を進めることができます。ブログ運営、アフィリエイト、ECサイトの運営など、様々なオンラインビジネスが考えられます。

コンサルタント業

自身の経験や専門知識を生かして、コンサルタント業に従事することも一つの選択肢です。

ライフコーチ、キャリアコンサルタント、ビジネスコンサルタントなど、多岐にわたる分野があります。

教育関連の仕事

教育関連の仕事もシングルマザーにおすすめです。家庭教師やオンライン講師、学習塾の講師など、自身のスケジュールに合わせて教育活動ができます。

ファッションや美容の分野

ファッションや美容関連の仕事も、柔軟な働き方ができるポイントです。美容師、スタイリスト、コスメ販売員など、自分のスタイルや興味に合った仕事を見つけましょう。

ライティングやコピーライティング

文章を得意とするなら、ライティングやコピーライティングの仕事が適しています。広告やWebコンテンツの制作など、クリエイティブなスキルを発揮できる仕事があります。

イベントプランナー

イベントプランナーは、イベントの企画や運営を行う仕事です。クライアントとの打ち合わせや進行管理など、計画性や柔軟性が求められる職種です。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、デザインのスキルを活かして広告やウェブデザインなどの制作を行います。クリエイティブな仕事で、自分のアイデアを形にすることができます。

これらの仕事は、シングルマザーが柔軟な働き方を実現しやすい職種です。自身のスキルや興味に合った仕事を見つけ、新しいキャリアを築く一歩として考えてみてください。

シングルマザーが自分に合った仕事が見つからないときにはどうしたらいい?

シングルマザーが仕事を辞めて新しいキャリアに進む際、自分に合った仕事を見つけることは重要です。以下は、自分に合った仕事が見つからないときに取り組むべき対処法です。

スキルや趣味を活かした仕事の模索

自身のスキルと趣味の分析

まず、自分が持っているスキルや趣味を客観的に分析しましょう。これにより、どのような仕事に適しているかを把握できます。

スキルと趣味を組み合わせる

スキルや趣味を活かせる仕事を見つけるためには、それらを組み合わせることが重要です。自分の強みを最大限に生かせる仕事を模索しましょう。

職業リサーチと情報収集

各職業の仕事内容や求められるスキルについてリサーチし、自身のスキルや趣味がどの分野に適しているかを確認します。業界や企業の特徴も考慮に入れましょう。

キャリアカウンセリングの利用

自己理解を深めるための相談

キャリアカウンセリングを利用して、自分の強みや弱み、興味を専門家と相談しましょう。専門家のアドバイスを受けることで、新たなキャリアへの方向性が見えてくる可能性があります。

職業適性テストの受験

キャリアカウンセリングでは、職業適性テストを受験することがあります。これを通じて、自分に合った職種や業界をより具体的に知ることができます。

転職エージェントの活用

転職エージェントの利用メリット

転職エージェントを活用すると、求人情報の提供だけでなく、自分に合った仕事や企業を見つけるためのサポートを受けることができます。エージェントは市場動向に通じており、有益な情報を提供してくれるでしょう。

希望条件のヒアリング

転職エージェントは、希望する条件やキャリアゴールをヒアリングしてくれます。自分の状況や希望に合わせて、最適な転職先を提案してもらいましょう。

スキル向上のためのトレーニングや教育

新たなスキルの習得

自分に足りないスキルや資格を習得することで、新しい仕事への道が広がります。オンライン講座やスクールなどを活用して、自己投資を行いましょう。

業界のトレンドや要求スキルの調査

求められるスキルが日々変化している現代、業界のトレンドや求められるスキルについて常に調査を行い、自分のスキルセットをアップデートしましょう。

シングルマザーが自分に合った仕事を見つけるためには、主体的な行動と情報収集が不可欠です。自分の強みや興味を理解し、それを基に具体的な対策を講じることで、新しいキャリアにスムーズに移行できるでしょう。

シングルマザーが「仕事を辞めたい…」と思ったら体を休めよう

シングルマザーとして仕事と家庭を両立させるのは大変なことであり、時折仕事に対するストレスや疲労がたまることもあるでしょう。

そんなとき、「仕事を辞めたい…」と感じたら、まずは体を休めることが重要です。以下は、その対処法について詳しく考えてみましょう。

休息は何よりも重要

仕事や家庭のストレスからくる身体の疲れは、十分な休息でしか癒されません。毎日の睡眠時間を確保し、十分な休憩を取りましょう。

また、仕事のストレスやプレッシャーはメンタルヘルスにも影響を与えます。気軽に話せる友達や家族とのコミュニケーションや、趣味に時間を割くことで心のケアを行いましょう。

休暇の計画と取得

有給休暇の活用

仕事においては有給休暇がしばしば忘れられがちですが、これを有効に活用することで疲れを癒すだけでなく、新鮮な気持ちで仕事に復帰することができます。

短期の休暇を取る

長期の休暇が難しい場合でも、短期の休暇を積極的に取ることでリフレッシュできます。週末や半日の休みを計画的に利用し、自分の時間を確保しましょう。

仕事を辞めて一度ゆっくり休む

休暇が取れない場合や休暇を取るだけでは休めない場合、思い切って仕事を辞めてしまうことも一つの手段です。

仕事を辞めることでの収入の不安は、「傷病手当金」や「失業保険」などの社会保険制度を活用すれば、最大で28か月間、現在の収入の60~65%が得られます。

約2年ほどですが、子供との時間をとりつつゆっくり休めたり、資格取得やスキルアップに時間を当てたりと、未来への投資時間を確保できるのです。

仕事を辞めて自由な時間が手に入るおすすめサービス

シングルマザーが仕事を辞めたい、と思ったときにオススメのサービスが「社会保険給付金アシスト」というサービスです。

社会保険給付金アシストとは?

社会保険給付金アシストとは、「失業保険」と「傷病手当金」という公的制度の申請サポートをしてくれるサービスです。

退職後にお金の不安がないように、日本では「失業保険」や「傷病手当金」という公的制度がありますが、残念ながら利用している人は少なく、失業者のうち、失業給付を受給している人は3割程度しかいません。

また、傷病手当金も最大18か月間の受給が可能ですが、3か月以上の期間で受給している人はわずが9.8%と少ないのが実情です。この背景には実際には受け取るための条件や申請方法が非常にややこしいことがあり、社労士による申請でないと最大限受給するのは不可能に近いです。

参考:失業保険の受給者「わずか3割」の衝撃(エコノミストOnline)
参考:現金給付受給者状況調査報告(全国健康保険協会)

社会保険給付金アシストについては、以下の記事で詳細にまとめています。合わせてお読みください。
▶関連記事:社会保険給付金アシストの口コミ・評判|数百万円がもらえる仕組みを徹底解説!

社会保険給付金アシストのメリット

社会保険給付金アシストを利用するメリット
・最大28ヶ月の給付ができる可能性がある。
・全額返金保証制度があり、金銭的な損が発生するリスクがない
・退職後、最短1ヶ月で給付可能
・経験豊富なサポート専任スタッフが複雑な申請をサポート
・全国どこでも対応可能
・24時間365日、LINEやメールで無料相談できる
・退職代行サービスを無料で利用可能(期間限定)

シングルマザーが社会保険給付金アシストを活用するとどうなる?

シングルマザーが社会保険級金アシストを利用すると、以下を得られます。

・仕事のストレスからの解放
・子供との時間が増える
・資格取得やスキルアップへの自己投資の時間確保
・何より「ゆっくり休める」!

今の仕事を辞めたいけど収入が不安・・・という方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

相談は、無料。相談した後に利用しない、ということも可能ですので、辛い状況を変えるために、一度話を聞いてみていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったときの対処法について解説してきました。

<本記事のまとめ>

シングルマザーが仕事を辞めたいと思ったら…

  • ・感情の整理、周囲のサポート、休息を取るのが大事!
  • ・収入の不安を無くすためには、資格取得やスキルアップをするのが近道!
  • ・仕事を辞めても「社会保険給付金」で約2年間収入を維持して時間を確保できる!

今の仕事を続けていくことに不満や不安があるなら、一度お休みをとってスキルアップや資格取得に時間を当てるのがおすすめです。

社会保険給付金アシストでは、収入の60~65%をもらいつつ、最大28か月間仕事に就かずにいられます。

相談は、無料。まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生のプラスになる選択肢となります。

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました