お金がないから仕事を辞められない?解決策と成功の秘訣

お金がないから仕事を辞められない?解決策と成功の秘訣 仕事・会社の悩み
筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

お金がないから仕事を辞められない…

この悩みは、多くの人が抱えています。しかし、実際には計画性と知識を持つことで、安心して仕事を辞めることができます。

本記事では、「お金がないけど仕事を辞めたい」という状況に立たされた時、どのように立ち向かうべきかという方法と成功の秘訣についてお伝えします。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

まだ退職しておらず、退職後にすぐに就職しない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

そもそも「お金がない」と仕事を辞められないの?

先に個人的な見解を述べておきますが、「お金がないから仕事を辞められない」という考え自体が間違っているように思います。逆説的にですが「今の仕事を辞めていないからお金がない」という方が多いのではないでしょうか。

簡単な考え方ですが、「貯金=収入-支出」という方程式が成り立ちます。

こう考えた際に、「今の仕事で収入が少ない」から貯金ができない、という状況に陥っている人は多いのです。

仕事を完全に辞める、となると莫大な貯金か不労所得が必要になりますが、どこか別の会社・仕事で働き続けるという前提であれば、収入を理由にした転職は十分に理由になります。お金がないから仕事を辞められない、のではなく、お金がないことを「自分が動かない」理由にしているかもしれないので、注意が必要です。

とはいえ、いきなり「さぁ転職だ!」とするのも難しいので、現実的な方法を見ていきましょう。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

貯金なしで仕事辞めたいは危険?退職後の費用を計算しよう

貯金なしで仕事を辞めるリスク

まずは貯金なしで仕事を辞めることの主なリスクについて考えてみましょう。

生活費の不安定さ

無収入の状態から生活費をまかなう必要があり、急な支出に対処するのが難しいことがあります。

医療費と保険

保険や健康にかかる支出についても考慮が必要です。特に、雇用主からの健康保険が切れる可能性があるため、ブランクを開けずに転職するという前提に立つか、ブランクが開く場合には国民健康保険についても検討する必要があります。

住居費

家賃や住宅ローンの支払いがある場合、居住の安定を確保する必要があります。

食費と日常の支出

食料や日常の必需品にかかる費用も計算に含める必要があります。

急な支出

突然の出費(健康問題、車のトラブル・修理など)に備える必要があります。

将来の不測の事態

退職後には老後の資金計画も考えられると、より計画としては網羅的になります。

仕事を辞めた後に必要なお金

仕事を辞めた後に必要なお金をより具体的に見てみましょう。

20代男性・都内一人暮らしを想定して、実際の家計イメージを参考とした、1か月に必要な金額を参照します。(私自身の過去の支出です。)

項目金額
家賃¥70,000 
電気・ガス・水道¥15,000 
携帯電話¥5,000 
食費・生活雑貨¥30,000 
生活雑貨¥15,000 
医療費¥5,000 
被服費¥10,000 
交際費¥30,000 
交通費¥10,000 
合計¥190,000 

それなりにゆとりのある金額設定で算出していますが、これだけでも月に19万円はかかる計算に。実際には、上記に加え、保険料や趣味の費用など、個々人でかかる金額には差が出てきます。

仕事を辞める・辞めないに関わらずに生きていくためにはお金が必要になるため、自分が何にどれくらいのお金をかけているか、把握していない人はまずは自分の支出を把握することから始めましょう。

現時点で貯金がないからといって、仕事を辞めることができないという課題は、計画的なアプローチで克服できます。

仕事を辞めたいけどお金がないときの対処方法

「お金がないから仕事を辞められない」という問題に立ち向かうためには、慎重な計画と具体的な対策が必要です。仕事を辞めたいという気持ちと、経済的な安定を両立させるための成功の秘訣を探りましょう。

新たな収入源を見つける

現在の仕事を辞める前に、新しい収入源を見つけることが重要です。「貯金=収入-支出」なので、収入源を増やすことは、お金がないから仕事が辞められない、という課題を解決するアプローチとして、最も検討しやすいものです。

例えばですが、以下の方法で収入を得ることができます。

副業

現在の仕事と両立可能な副業を検討しましょう。オンラインでのフリーランス仕事やコンサルティングなどが選択肢としてあがります。自身のスキルや専門知識を生かした新しい仕事を探してみましょう。自宅からできる仕事や専門職の場合、フリーランスとしてのスタートが可能です。

アルバイト

一時的なアルバイトや臨時の仕事も、収入を得る手段の一つです。自分のスケジュールに合わせて働けることが魅力です。

個人的には、短期的な収入につながらないブログなどではなく、1件●円、1時間●円という形でのアルバイトや業務委託を探すのがよいと思います。

支出を見直す

生活費を最小限に抑えることで、収支の均衡を保つことができます。具体的な支出の見直しポイントは以下です。

予算の策定

収入と支出を洗い出し、予算を作成しましょう。毎月の支出を把握し、節約の余地を見つけるための指針となります。

無駄な支出の削減

余計なものや贅沢品を削減し、必要最低限の支出に集中しましょう。外食やエンターテイメントの頻度を減らすことも考慮しましょう。ただし、心身の健康のためには、すべてをなくす、減らすといった極端な調整は厳禁です。

項目ごとに現在かかっている費用を算出し、減らせるものか減らせないものかを決めていく工程が不可欠です。特に、携帯電話やサブスクリプションサービス、保険料など、固定費としてかかっている費用を減らせるかがポイントです。

転職のためのスキルの向上と再教育

転職を視野に入れている場合、新しいキャリアに備えてスキルや資格を向上させることが重要です。無料のオンラインコースや学習リソースを活用して、自己啓発を図りましょう。

「お金がないから仕事を辞められない」というジレンマに立ち向かうためには、計画性と決断力が求められます。自身の状況をよく理解し、上記の対処方法を活用して、新しいキャリアへのステップを踏み出しましょう。成功への道のりは困難かもしれませんが、着実な計画と努力によって、その道は開けるはずです。

お金がないから仕事を辞められない?パターン別の対処方法

お金がないという状況は、多くの人が直面する課題です。しかし、仕事を辞めたいという気持ちを抱えている場合、状況に応じて適切な対処方法を選ぶことが成功への鍵です。本章では、お金がない状況の異なるパターンごとに、仕事を辞めつつ成功への道を切り開く方法を紹介します。

一人暮らしで貯金がない状態で仕事を辞めても失敗しない方法

一人暮らしをしており、貯金が不足している場合でも、成功への道は開かれています。以下のステップを考慮してみましょう。

①支出の見直し

生活費を削減するために、支出を見直しましょう。無駄な出費を減らし、必要最低限の支出にフォーカスします。一人暮らしから実家に帰ることや、パートナーがいるのであれば思い切って同棲・同居を始めることで、固定費が大きく削減できるため、視野に入れてみましょう。

②副業やパートタイムの仕事

本業以外に、副業やパートタイムの仕事を探しましょう。追加の収入源を確保することで、貯金を増やすことができます。

③スキルの向上

自身のスキルを活かして、副業やフリーランスの仕事を見つけることができるかもしれません。スキルの向上を図り、新しいキャリアチャンスを追求しましょう。

パートを辞めたいけどお金がない場合に失敗しない方法

パートタイムの仕事に依存している場合、仕事を辞めることが難しいかもしれませんが、以下の方法で成功への道を切り拓くことができます。

①新しい収入源の検討

フルタイムの仕事や高収入の仕事を探しましょう。現在のパートよりも収入を増やすことが目標です。

②貯金計画

可能な限り貯金を始めましょう。毎月の予算を立て、貯金を優先事項にしましょう。結婚している場合、パートを辞めて収入が減った場合に月々のキャッシュフローがどのように変化するか、また項目ごとに減らすことができないか、パートナーとも話し合うことで、新たな選択肢が見つかるかもしれません。

③スキルアップ

新しい仕事を探す際、スキルや資格が役立ちます。必要なスキルを磨くために、継続的な学習を考えましょう。

「お金が心配で仕事を辞められない」人でも転職したほうが良い人

多くの人が、現在の仕事を辞めたいと思いながらも、経済的な不安から踏み出せずにいます。しかし、特定の状況下では、転職すること自体が成功への道となり、お金の不安を解消できるケースがあります。以下に、転職が最適なケースについて詳しく説明します。

ブラック企業での勤務者

ブラック企業では、過度の労働時間や適切でない労働条件が日常的に存在し、健康や生活に大きな影響を及ぼすことがあります。さらに、給与が増えず、経済的な不安が続くことも少なくありません。このような場合、新しい職場を探し、健全な労働環境で働きつつ、経済的な不安を解消できるかもしれません。

ハラスメント被害者

職場でハラスメントを受けることは、心身の健康に大きな影響を及ぼします。ハラスメントの被害者は、そのままの環境で働き続けることが難しく、転職が唯一の解決策となることがあります。新しい職場で再スタートを切り、健全な職場環境で自己価値を実現できる可能性が高まります。

精神的に限界が近い人

仕事による精神的な負担が限界に達し、ストレスやうつ病などの問題が出ている場合、転職は生きるための重要な選択肢となります。新しい環境での仕事は、精神的な安定を取り戻すための手助けとして機能し、身体的な健康を回復させる一助となります。

これらの状況に当てはまる場合、すぐにでも今の環境から離れた方がよいです。どうしても辞められない場合や、辞めたいと言い出せない場合などには、「退職代行サービス」を利用するのも一つの手段です。退職代行サービスのおすすめサービスや、使用するメリットについてはこちらの記事でまとめています。

仕事を辞めたいけどお金が心配な人でもなんとかなる

前述のとおり、現代社会では、仕事を辞めたいと思う人々が増えていますが、お金の問題から踏み出せないケースが少なくありません。しかし、お金が不足しているからといって、仕事を辞めることが不可能というわけではありません。お金が心配な人々でも、成功へのステップを踏むための方法をご紹介します。

費用対効果を考える

まず、現在の生活費と、仕事を辞めた場合の生活費を比較しましょう。支出を洗い出し、どの項目を削減できるかを検討します。また、新たな職場での収入を見込み、生活費を再計算します。これにより、実際に必要なお金の額を明確にし、不安を軽減できます。

副業やフリーランスで収入を増やす

現在の仕事を辞めずに、副業やフリーランスの仕事を始めることで、追加の収入を得る方法も考えられます。インターネットを活用した仕事や趣味を活かした副業など、柔軟な働き方が増えています。これにより、現在の仕事に依存せずに収入を増やすことができます。

スキルアップと転職活動

お金を心配せずに新しい職場に転職するために、自身のスキルアップが重要です。独学やオンラインコースを活用して新たなスキルを身につけ、転職市場で競争力を高めましょう。また、転職活動を着実に進め、条件に合う職場を見つけることも大切です。

サポートを受ける

仕事を辞めたいがお金の不安が大きい場合、ファイナンシャルプランナーやキャリアカウンセラーからアドバイスを受けることが役立ちます。経済的な計画や転職戦略を専門家に相談し、適切なサポートを受けましょう。

計画を立てる

最も重要なのは、計画を立てて行動することです。いつまでに何をするという目標を設定し、進めていくことで、お金の問題を克服し、成功への道を切り拓くことができます。

お金が心配な人でも、計画的なアプローチと努力によって、新たなスタートを切ることができます。一歩踏み出す勇気を持ち、しっかりと準備を行うことで、成功への道が開けるでしょう。お金の不安があっても、夢を追求し、充実した人生を手に入れることは十分に可能です。

まとめ:転職成功には計画性が大切

ここまでお伝えした内容を総括すると、お金が不足しているからといって、仕事を辞めることができないというわけではありません。むしろ、「仕事を辞めないからお金がない」という状況になっている可能性があることもご理解いただけたのではないでしょうか。

成功への秘訣は、計画性と具体的な行動にあります。以下に、転職成功に向けた計画の要点をまとめます。

費用対効果を検討し、生活費を確保する

まず、現在の生活費と、転職後の生活費を比較し、実際に必要なお金の額を把握しましょう。支出を見直し、節約できる項目を見つけ出します。また、副業やフリーランスの仕事を始めて、収入を増やす努力も大切です。

転職活動を始める

転職を成功させるために、自身のスキルを向上させることが重要です。新たなスキルを学び、自分の価値を高めましょう。転職活動では、自分に合った職場を見つけるために、忍耐強く努力し続ける姿勢が求められます。

サポートを受ける

転職に関して不安や疑問がある場合、専門家やキャリアカウンセラーのアドバイスを受けることで、成功への道がより明確になります。経済的な計画や転職戦略を専門家に相談し、適切なサポートを受けましょう。

お金が不足していることは転職の障害にはなりますが、計画を立てることと、現在の支出状況を理解することで、不安を取り除き、新たな道を切り拓くことができます。転職成功に向けて、具体的な計画をたて、それに基づいて行動することで、夢を実現するチャンスを掴むことができるでしょう。成功への第一歩を踏み出し、充実した人生を手に入れるために、計画性を忘れずに進んでいきましょう。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました