働きたくないけど働かないといけないと感じたときの考え方・対処法

働きたくないけど働かないといけないと感じたときの考え方・対処法 仕事・会社の悩み

・働きたくないけど、働かないと生きていけないから仕事が楽しくない。

・働いているとストレスがたまる一方だし、どうしたらいいんだろう…

・このまま働き続けても未来が見えない・・・。でも働き続けないと生活できないし…

働き続けないと生活が出来ないから、不満があるけどそのまま働き続けている人は多いですよね。中には、メンタル不調や身体不調が出ているにもかかわらず、働き続けてしまっている人も。

ですが、働きたくないけど無理して働き続けると、結果的に生活に「働けない」という状態まで追い込まれてしまったり、10年後にもキャリアが変わらず「こんなはずじゃなかった…」となってしまう場合もあります。

そこで本記事では、働きたくないけど働き続けている人の参考になるように、他の人はどうしているのか、働きたくないと思ったときの考え方や具体的な対処法を解説します。

この記事を最後まで読めば、これからどうしていくべきか、現在~未来の生活を充実させるための方法がわかります。あなたの未来を変えるために、ぜひ最後までお読みください。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

※当サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

本記事をお読みいただく時間がない方のために、本記事の内容を3行でまとめました。

<本記事のまとめ>

  • ・働きたくないけど働かないといけないと「あなた自身が」思う理由を把握することが大事。
  • ・働きたくない時に無理なく働き続ける考え方は、「仕事がすべてではない」!
  • ・どうしても働きたくないときは、休んだ方がいい
社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
  1. 働きたくないけど働かないといけないと思う5つの理由
    1. 収入を得て生活するため
    2. 責任感が強いから
    3. 周囲に悪く思われたくないから
    4. 怒られたくないから
    5. 将来の安定や成長への期待があるから
  2. 働くことのメリット
    1. 収入が得られるため、生活が安定する
    2. 仕事を通して生きがいが見つかる
    3. 趣味や将来のためにお金を使える
    4. 仕事を通して人生経験が豊かになる
    5. 仕事をしてなければ出会えない人と出会える
    6. 自分の興味関心がわかり、可能性が見つかる
  3. 働きたくない時に無理なく働き続けられる考え方
    1. お金を稼ぐためと割り切る
    2. 職業のステータスを持つためだと割り切る
    3. 副業で稼ぐために利用すると考える
    4. 人との出会いの場として利用すると考える
    5. やらなければいけないことだけやると考える
    6. 自分が100%やらなくても周りが何とかしてくれると考える
    7. 趣味に生きがいを見出す
    8. ストレスの原因から離れる
  4. 働きたくない・仕事に行きたくないと感じたときの対処法5選
    1. 異動願いを出し、環境を変えてみる
    2. 休職も視野に入れ、心療内科・精神科を受診する
    3.  長期休暇を取る・休職する
    4. 働きながら、転職活動を始める
    5. 退職してゆっくり休む
  5. 働きたくないけどお金が欲しい、というのは甘えた考え方ではない
    1. 「働きたくない」は誰にでも起こる感情
    2. 働かずにお金をもらう方法①:不労所得を得る
    3. 働かずにお金をもらう方法②:社会保険制度を活用する
    4. 働かずにお金をもらう方法③:生活保護を受ける
  6. 働きたくない人に向いてる仕事
    1. 内職
    2. WEBライター
    3. ハンドメイド販売
    4. アフィリエイター
    5. 治験
    6. 株取引・FX取引
    7. イラストレーター
    8. プログラマー
    9. Youtuber
    10. データ入力
  7. どうしても働きたくない時は休んでいい
    1. 心身・精神的に負担がかかっているとき
    2. 今の環境に居続けてもプラスがないとき
    3. 将来への投資に充てるとき
  8. まとめ

働きたくないけど働かないといけないと思う5つの理由

そもそも働きたくないんですが・・・

こういった気持ちが生まれるのは、現状に何かしらの不満があるからです。

しかし、その中でも「働かないといけない」と思うのは、まさにジレンマ。

このジレンマがが、どういった種類のものなのかを理解しないことには、今の環境でマインドを変えて頑張るのがよいか、それとも新しい環境を選べばよいか、正しい選択が出来ません。

あなたが抱えているジレンマが、どのパターンに該当するのか、まずは確かめてみてください。

<働きたくないけど働かないといけないと思う5つの理由>
・収入を得て生活するため
・責任感が強いから
・周囲に悪く思われたくないから
・怒られたくないから
・将来の安定や成長への期待があるから

収入を得て生活するため

「働きたくない」気持ちは、まず収入を得て生活するための必要性から生じることがあります。

生計を立てるためには収入が必要であり、仕事がその手段となります。

収入を得て生活をするために仕事をしているのであれば、具体的な収入目標や生活の中での優先順位を設定することで、仕事へのモチベーションを維持しやすくなります。

責任感が強いから

強い責任感を持つ人は、他者や社会への貢献やサポートが求められる立場にいることが多いです。

家族やチームなどへの責任を果たすことが、働き続けないといけない・・・と考える要因となります。

ここで大切なのは、責任感を持ちつつも自分の限界を理解し、適切な範囲での責任を果たすことです。

はたらきGUY
はたらきGUY

責任感は、「自分がやらなければならない」という自分への期待から生まれます。自分には出来ないことを理解することや、出来るけれどもやらないことを意識的に行なうとよいです。

周囲に悪く思われたくないから

他者の評価や期待からくるプレッシャーは、仕事に対する意欲を左右する要因です。

しかし、過度な他者評価に縛られず、自分の価値観や幸福も大切にすることが必要です。他者の期待を無視せず、自分自身を大切にするバランスを見つけることが重要です。

他人の評価は「嫌われたくない」「がっかりされたくない」など、種類が様々ありますが、他者評価を気にしすぎると、自分ではなく他人にモチベーションを左右されてしまいます。

怒られたくないから

怒りや非難を避けるために働く理由は、仕事でのコミュニケーションやパフォーマンスに影響を与えます。

しかし、過度な完璧主義に陥るとストレスが溜まりやすくなります。誤りを許容し、チームや上司とのコミュニケーションを通じて問題解決に取り組むことで、仕事へのストレスを軽減できます。

はたらきGUY
はたらきGUY

そもそも、仕事において「怒る」という表現を上司がしているのであれば、その上司は未熟以外の何物でもありません。感情のコントロールが出来ない上司からは離れることも一つの手段です。

将来の安定や成長への期待があるから

将来の安定や成長への期待は、働く動機となり得ます。仕事を通じてスキルを磨き、キャリアを積むことで将来の安定や成功を見込むことは自然なことです。

一方で、将来の安定や成長が出来なそう…と不安を感じている場合にも、漠然と「働き続けていたら成長できるかもしれない」という変化を恐れる思考が、ジレンマを引き起こしている可能性があります。

ここで大切なのは、将来のビジョンを具体的に描き、そのために今できることを着実に進めることです。

これらの理由に焦点を当てた上で、具体的な目標や課題を設定し、それに向けて前向きなアクションを起こすことで、働きたくない気持ちに打ち勝つことができるでしょう。

自分自身と向き合いながら、仕事とのバランスを取りながら成長し、充実した生活を築いていくことが重要です。

働くことのメリット

働きたくないと考えること自体はマイナスでも何でもありません。誰にでも起こり得ることです。逆に、今は働きたくないと思っていても、以前には働くことが当たり前で、ポジティブに捉えられていた時もあったのではないでしょうか。

そこで本章では、働くことのメリットについて考えてみましょう。

<働くことのメリット>
・収入が得られるため、生活が安定する
・仕事を通して生きがいが見つかる
・趣味や将来のためにお金を使える
・仕事を通して人生経験が豊かになる
・仕事をしてなければ出会えない人と出会える
・自分の興味関心がわかり、可能性が見つかる

収入が得られるため、生活が安定する

最も明らかなメリットは、働くことによって収入が得られ、生活が安定することです。収入があれば食事や住居などの基本的なニーズを満たすことができ、安心して生活することができます。

仕事を通して生きがいが見つかる

仕事を通して自分の能力やスキルを発揮し、成果を上げることで生きがいを見出すことができます。仕事に取り組む中で自分の成長を感じ、充実感を味わうことができます。

ライフワークという言葉がありますが、人生で最も多くの時間を費やす仕事とうものだからこそ、自分の生きがいが見つかることもあります。

趣味や将来のためにお金を使える

働いて得た収入を利用して、趣味や将来のために資産を築くことができます。自分の興味を追求するための資金を確保することで、より充実した生活が実現できます。

海外旅行や車の購入、推し活など、お金がかかる趣味を持っている人は、趣味を充実させるために仕事を頑張り、趣味が充実することで生きる活力となる場合もありますよね。

はたらきGUY
はたらきGUY

ちなみに私はペットでヘビを飼っており、ヘビの環境を整えることが楽しいです。
そのうちヘビブログを始めるかもしれません(笑)

仕事を通して人生経験が豊かになる

仕事を通してさまざまな人々と関わることで、人間関係やコミュニケーションスキルが向上します。異なるバックグラウンドや経験を持つ人々と協力することで、新しい視点を得ることができ、人生経験が豊かになります。

自分だけでは体験できないことを他の人の人生から取り入れられることは、仕事をして他の人とかかわる大きなメリットです。

仕事をしてなければ出会えない人と出会える

職場や仕事の場で出会う人々は、自分の人脈や友人として大切な存在になることがあります。仕事を通して築かれるつながりは、将来の可能性を広げるきっかけとなります。

はたらきGUY
はたらきGUY

持論ですが、家族・友人に加えて第3のコミュニティを持つとメンタルが安定します。

それぞれのコミュニティでしか話せない話題もあるので、自分の不満や不安の解消が出来たりと、複数コミュニティを作れるのは仕事を通して得られるメリットです。

自分の興味関心がわかり、可能性が見つかる

仕事を通じて様々な業務に携わることで、自分の興味や得意分野が明確になります。

これにより、将来の方向性やキャリアの可能性が見つかり、より充実した人生を築く手助けとなります。

働くことは、ただ生計を立てるだけでなく、自己成長や人間関係の面でも多くのメリットがあります。

働きたくない気持ちと向き合いながら、これらのポジティブな側面を見つけていくことが重要です。自分の目標や価値観に合った働き方を模索し、充実した人生を築く一歩としましょう。

働きたくない時に無理なく働き続けられる考え方

働きたくない気持ちが強くなったとき、無理なく働き続けるための考え方や対処法を紹介します。

これらのアプローチを取り入れることで、「働きたくない」というネガティブ感情を乗り越え、より充実した生活を築くことができるでしょう。

もっとも大切なマインドは「仕事がすべてではない」と自分自身で考えを持つことです。仕事に自分のキャパシティを全て奪われると、働きたくないと思ったときに本当につらくなります。

<働きたくない時に無理なく働き続けられる考え方>
・お金を稼ぐためと割り切る
・職業のステータスを持つためだと割り切る
・副業で稼ぐために利用すると考える
・人との出会いの場として利用すると考える
・やらなければいけないことだけやると考える
・自分が100%やらなくても周りが何とかしてくれると考える
・趣味に生きがいを見出す
・ストレスの原因から離れる

お金を稼ぐためと割り切る

まず最初に考えるべきは、働く目的を「お金を稼ぐ手段」として捉えることです。

「働きたくないけど働かないといけない」と考えている人の多くは「辞めたときに収入が減ること」を気にしていますが、「収入を得るため」いがに仕事に求めていることがあることが多いです。

お金を得ることができれば、生活を安定させることが可能です。この意識を持つことで、自分にとってのラインが引かれ、過剰にモチベーションがダウンすることを防ぐことができるでしょう。

職業のステータスを持つためだと割り切る

仕事を通じて得られるステータスや社会的な評価を重視することで、働く意味を見出すことができます。

職業に誇りを持ち、自分の存在価値を高めることで、働くことに対するモチベーションが向上します。

副業で稼ぐために利用すると考える

働くことにストレスを感じる場合、副業を始めてみるのも一つの手段です。

趣味や得意なスキルを活かして収入を得ることで、本業に対するプレッシャーを軽減し、より柔軟な働き方を実現できます。

人との出会いの場として利用すると考える

仕事は単なる作業だけでなく、新しい人と出会う場でもあります。

職場やプロジェクトでの協力関係や友情は、仕事を通じて得られる大きな魅力です。人間関係を大切にすることで、働くことがより楽しくなります。

やらなければいけないことだけやると考える

全ての仕事には優先順位があります。やらなければいけないことに焦点を当て、無駄なエネルギーを使わずに仕事に取り組むことで、ストレスを軽減し、効率的に働くことが可能です。

自分が100%やらなくても周りが何とかしてくれると考える

過度な負担を感じることなく働くためには、完璧主義を捨て、周りとの協力を考えることが重要です。仕事を分担し、協力体制を築くことで、自分が100%全てを担当する必要がなくなります。

趣味に生きがいを見出す

仕事が苦痛な場合、趣味や興味を持って過ごす時間が大切です。趣味に没頭することで、仕事のストレスから解放され、生きがいを見出すことができます。

ストレスの原因から離れる

働くことがストレスの原因であれば、転職やキャリアチェンジを検討することも一つの手段です。新しい環境で働くことで、仕事に対するモチベーションが向上し、ストレスを軽減することができます。

これらの考え方や対処法を組み合わせながら、働くことに前向きな意味付けをしていくことが大切です。自分に合ったアプローチを見つけ、働くことが自分の人生を豊かにする一環となるよう心がけましょう。

働きたくない・仕事に行きたくないと感じたときの対処法5選

仕事に対してモチベーションが低く、働きたくないと感じることは誰にでもあるものです。

しかし、そのような状態に対処するためには、適切なアプローチを見つけることが重要です。以下に、働きたくない・仕事に行きたくないと感じたときの対処法5選をご紹介します。

働きたくない・仕事に行きたくないと感じたときの対処法
・異動願いを出し、環境を変えてみる
・休職も視野に入れ、心療内科・精神科を受診する
・長期休暇を取る・休職する
・働きながら、転職活動を始める
・退職してゆっくり休む

異動願いを出し、環境を変えてみる

職場や業務の環境が原因で働くことが苦痛になることがあります。まずは異動願いを出し、新しい環境でのチャレンジを考えてみましょう。

新たな仕事やプロジェクトは新しい刺激を生む可能性があります。

休職も視野に入れ、心療内科・精神科を受診する

精神的な負担が大きい場合、休職を検討し、心療内科や精神科を受診することが重要です。専門家のアドバイスを受けながら、心の健康を守りつつ、復職に向けて準備を進めましょう。

 長期休暇を取る・休職する

一時的な休息が必要な場合、長期休暇を取るか休職を検討してみましょう。仕事から離れ、リフレッシュする時間を取ることで、気持ちの整理がつき、新たな視点が得られるかもしれません。

働きながら、転職活動を始める

新しいキャリアを模索するために、現職のまま転職活動を開始することも一つの選択肢です。自分のスキルや興味に合った仕事を見つけ、新たなキャリアにチャレンジしてみましょう。

退職してゆっくり休む

最終的な手段として、仕事を辞めて一度リセットすることも検討してみましょう。仕事から離れてゆっくりと休息し、自分の価値観や目標を再評価する時間を持つことで、将来の方向性を見つけることができます。

これらの対処法は、個々の状況によって異なります。自分の状態や希望に合った方法を見つけ、前向きな選択をすることが大切です。働くことは一生涯にわたるものであり、自分に合った働き方を見つけて、充実した人生を築いていくことが重要です。

働きたくないけどお金が欲しい、というのは甘えた考え方ではない

「働きたくない」と感じることは、誰にでも起こる自然な感情です。しかし、その感情に向き合い、前向きな解決策を見つけることが重要です。

特に、お金が欲しい状況で働くことに抵抗がある場合、現実的な手段を考えることが必要です。

「働きたくない」は誰にでも起こる感情

働くことに対する抵抗感や「働きたくない」という気持ちは、誰しもが経験する感情です。

これはストレスや疲労、ワークライフバランスの不均衡から生じるものであり、否定的に感じることはありません。しかし、この感情に陥ったときに、どのように向き合い、解決していくかが重要です。

働きたくないと考えるのは甘えではない!という考え方についてはこちらの記事でも詳細に解説しています。合わせてお読みください。
▶関連記事:「働きたくない」は甘えじゃない!理由と解決策・対処法を徹底解説

働かずにお金をもらう方法①:不労所得を得る

一つのアプローチとして、不労所得を得る方法があります。これは投資や不動産収益、著作権料など、労働を伴わずに収益を得る手段です。

資産を有効活用し、将来の安定収入を考えることができます。

<不労所得の種類>
・不動産投資
・株取引
・FX
・ブログ運営(アフィリエイト)
・せどり
・個人売買
・事業を立ち上げる

はたらきGUY
はたらきGUY

私も本業は会社員ですが、株取引・FX投資・不動産投資をしていますし、本ブログも不労所得に当たります。

働かずにお金をもらう方法②:社会保険制度を活用する

社会保険制度を活用することで、働かずに経済的なサポートを受けることができます。失業保険や傷病手当金などがこれに当たります。

仕事を辞めたとしても傷病手当金は受給できますし、失業保険という制度もあります。

本当に受給させるつもりがあるのか…?というくらい説明がわかりにくいですし、自分で手続きをしようとすると最大期間受給をするのが難しいので、こういった社会保険給付金の受給をサポートするサービスもあります。

最大28か月間収入の60~65%を受給し、数百万円を手に入れられる社会保険級金アシストについては
こちらの記事でも詳細に解説しています。
▶関連記事:社会保険給付金アシストの口コミ・評判|数百万円がもらえる仕組みを徹底解説!

働かずにお金をもらう方法③:生活保護を受ける

最後に、生活が厳しい状況にある場合、生活保護を利用することも一つの手段です。公的な支援を受けつつ、生計を立てることが可能であり、必要ならば相談してみることが重要です。

これらの方法は、個々の状況や価値観によって適用できるものが異なります。自分の置かれた状況を冷静に見つめ、現実的な選択を検討することが大切です。働きたくない気持ちと向き合いながら、お金の問題に対して前向きな解決策を見つけていくことで、より良い未来を築くことができます。

働きたくない人に向いてる仕事

仕事に対するモチベーションが低いと感じることはありますが、その中でも自分のペースやスタイルで働ける仕事を見つけることで、働きたくない気持ちに対処できるかもしれません。以下は、働きたくない人に向いていると考えられる仕事の一部です。

前提として、「なぜ働きたくないのか」ということを自分で理解する必要があります。

以下に上げた仕事はあくまで一般的なものだとご理解ください。

<働きたくない人に向いている仕事>
内職
WEBライター
ハンドメイド販売
アフィリエイター
治験
株取引・FX取引
イラストレーター
プログラマー
Youtuber
データ入力

内職

内職は、自宅でできる仕事であり、外に出ずに仕事をこなすことができます。手軽に始められ、自分のペースで仕事が進められるため、働きたくない気持ちに対して柔軟に対応できるでしょう。

WEBライター

WEBライターは文章を書く仕事であり、自分の得意分野や興味を活かして働けます。自宅やカフェなど、好きな場所で仕事ができるため、働く環境を自分で選びやすく、創造的な側面も楽しめます。

ハンドメイド販売

ハンドメイド製品を制作し、オンラインで販売することも一つの選択肢です。自分の趣味や得意な技術を活かして商品を作り、販売することで、自己表現ができ、収益も得ることができます。

アフィリエイター

アフィリエイターは、商品やサービスを紹介し、その紹介で発生した成果に対して報酬を得る仕事です。自分のブログやSNSを活用して広告を掲載し、効果的な紹介で収益を得ることが可能です。

治験

治験は新しい医薬品や治療法の実験に参加する仕事です。医療機関で行われ、参加者には報酬が支給されることがあります。自分の体験が医療の進歩に寄与する面もあるため、やりがいを感じることができます。

株取引・FX取引

株取引やFX取引は、資産を活用して投資する仕事です。リスクはあるものの、自分の判断で投資先を選び、収益を得ることが可能です。独自の分析や戦略を立てることで、自分のペースで取引ができます。

イラストレーター

イラストレーターは、絵を描く仕事であり、自分のアートを生かしてクリエイティブな仕事に携わることができます。フリーランスとして働くことが一般的で、自分のスケジュールを調整しやすい特徴があります。

プログラマー

プログラマーは、コンピュータプログラムを作成する仕事です。プログラミングのスキルを身につけ、自分のスケジュールでプロジェクトに取り組むことができます。フリーランスやリモートワークも可能なため、柔軟に働ける仕事の一つです。

Youtuber

Youtuberは、動画を制作して公開し、広告収入やスポンサーシップなどで収益を得る仕事です。自分の得意分野や趣味を活かし、ファンとの交流を楽しむことができます。

データ入力

データ入力は、単純な作業が主体で、柔軟な働き方ができる仕事です。特別なスキルや経験は必要なく、自宅でパソコンを使って仕事ができるため、働きたくないけど稼ぎたいという方に向いています。

これらの仕事は、働きたくない気持ちに対処しつつ、柔軟に働ける特徴があります。自分のスキルや興味に合ったものを見つけ、前向きな視点で取り組んでみることが重要です。

どうしても働きたくない時は休んでいい

働きたくないと感じる瞬間は誰にでも訪れます。その時、無理に働き続けることが良い結果に繋がらないこともあります。ここでは、どうしても働きたくないときに休むことを考えるべき状況をいくつか挙げてみます。

・心身・精神的に負担がかかっているとき
・今の環境に居続けてもプラスがないとき
・将来への投資に充てるとき

心身・精神的に負担がかかっているとき

心身・精神的な負担がかかっていると、無理に働き続けることは逆効果になりかねません。

ストレスや不安、うつ病などの症状が出ている場合、まずは自分の健康を最優先に考え、適切な休息をとることが必要です。メンタルヘルスに対するケアは、将来の仕事への取り組みにも大きな影響を与えます。

はたらきGUY
はたらきGUY

私も無理して働き続けた結果、3年間通院生活を送る羽目になったことがあります。
重症化はしなかったため、働き続けられましたが、今思い返すと非常に不安定で、異常な精神状態だったので、家族には迷惑をかけました…。

今の環境に居続けてもプラスがないとき

時には、現在の環境が自身の成長や幸福に寄与していないと感じることがあります。

この場合、無理にその環境に留まることよりも、一時的に休息をとりながら、新しい環境や職場を模索することが有益です。自分にとってプラスがない状況に留まることは、将来的にも良い成果を生み出しにくいかもしれません。

将来への投資に充てるとき

働かないことに罪悪感を感じることはありません。むしろ、自分をリセットし、将来への投資と捉えることができます。新しいスキルを身につけたり、趣味や興味を追求する時間を取ることで、将来的により充実した仕事や生活に繋がる可能性があります。

これらの場合、無理に働き続けることよりも、一時的に休息をとることが有益です。ただし、無理に働かなくても生計が成り立つ状況であるかどうかをよく考えながら、適切なタイミングでの休息や新たなスタートを模索していくことが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・働きたくないけど、働かないと生きていけないから仕事が楽しくない。

・働いているとストレスがたまる一方だし、どうしたらいいんだろう…

・このまま働き続けても未来が見えない・・・。でも働き続けないと生活できないし…

という悩みを解決すべく、「働きたくないけど働き続けないといけない」という考えに対しての対処法を解説してきました。

<本記事のまとめ>

  • ・働きたくないけど働かないといけないと「あなた自身が」思う理由を把握することが大事。
  • ・働きたくない時に無理なく働き続ける考え方は、「仕事がすべてではない」!
  • ・どうしても働きたくないときは、休んだ方がいい

今の仕事を続けていくことに不満や不安があるなら、一度お休みをとってスキルアップや資格取得に時間を当てるのがおすすめです。社会保険給付金アシストでは、収入の60~65%をもらいつつ、最大28か月間仕事に就かずに過ごせます。

相談は、無料。まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生のプラスになる選択肢となります。

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました