仕事を辞めたいけど転職活動がめんどくさい|希望の仕事に就く最短ルートを解説!

仕事を辞めたいけど転職活動がめんどくさい|希望の仕事に就く最短ルートを解説! 仕事・会社の悩み

・仕事を辞めたいけど転職活動をするのがめんどくさい…

・転職活動を手軽に進める方法があるのか知りたい。

・仕事を辞めても転職せずに生活する方法はないの?

仕事を辞めたいと思っても、転職活動をするのがめんどくさくて行動に移せていない、という方は多いです。

今の仕事を辞めてからだと収入が不安だけど、働きながらだと転職活動に時間がかけられないから、と惰性で今の仕事を続けていると、後々大変なことになる可能性があります。

私は大学を卒業後、新卒で入った会社を1年で退職し、転職を3回してきましたが、転職活動はどれもめんどくさいものでした。ですが、今は充実して働けていますので、経験をもとにした「転職活動がめんどくさいと感じたときに希望の仕事に最短で就く方法」を解説していきます。

この記事を最後まで読めば、最短で希望の仕事に就くための考え方と方法論、そして「今何をすべきか」を理解いただけます。ぜひ最後までお読みください。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

※当サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

本記事をお読みいただく時間がない方のために、本記事の内容を3行でまとめました。

<本記事のまとめ>
転職活動がめんどくさいと思ったら…

  • ・転職活動は「とにかくめんどくさいのが当たり前!」と受け入れる
  • ・転職活動をする上での最大の失敗は「妥協した転職をすること」
  • ・転職活動を成功させる最短ルートは「時間を作る」こと
社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
  1. 転職活動がめんどくさいと感じるのは当たり前
  2. 転職活動がめんどくさいと感じる理由
    1. 転職するまでの流れが分からない
    2. 希望の仕事を見つけるのが大変
    3. 希望の会社の選考を通過できない
    4. 転職活動をする時間がない
    5. 転職活動のスケジュール管理が大変
    6. 会社にバレないように転職活動をするのが大変
    7. 現職の引継ぎや退職手続きなどが大変
  3. 【体験談】働きながら転職活動したが、とにかくめんどくさかった!
    1. めんどくさかったポイント1. 時間が足りない!
    2. めんどくさかったポイント2. 同僚・上司にバレたくなかった
    3. めんどくさかったポイント3.応募書類・面接の準備
  4. 「転職活動がめんどくさい」けど辞めたい仕事を続けるリスク
    1. 年齢だけ重ねて転職時期を逃す
    2. スキルアップしにくくなり市場価値が上がらなくなる
    3. 年収アップや待遇面の向上の機会を失う
    4. ストレスで心の病気になる可能性がある
    5. モチベーションが下がり、リストラ対象になる
  5. 仕事を辞めたいのに「転職活動がめんどくさい」と感じた時の対処法
    1. 仕事を辞めたい理由を明確にする
    2. 転職サイトで入りたい会社を探してみる
    3. 資格取得など、スキルアップに取り組む
    4. 仕事を辞めて、じっくり転職活動に集中する
  6. 希望の仕事に就くための最短ルートは「時間を作る」
    1. 働きながら転職活動に取り組むには、期限を決める
    2. 思い切って仕事を辞めて時間を作る
  7. まとまった時間を確保するなら「社会保険級金アシスト」がおすすめ
    1. 社会保険給付金アシストとは?
    2. 社会保険給付金アシストのメリット
  8. まとめ

転職活動がめんどくさいと感じるのは当たり前

転職活動をめんどくさいと思うことは当たり前のことですし、誰もが感じることです。

就職活動の経験があるため、何社も何社もエントリーして、面接をして、選考結果に一喜一憂して、迷いながら今の職場で働き始めたのです。

仕事選びは人生においても大きな選択であり、選択するまでにかかる時間やプロセスが長いことから、経験から「めんどくさい」と感じるのは当たり前です。

転職活動は新卒採用のプロセスよりは短く、短期間で決まりますが、「転職をしよう!」と心に決めてから入社するまでの平均期間は「3か月」とも言われています。その間に、今の仕事や生活と両立しながら転職活動をするのは、心身ともに疲れる事象であることは間違いありません。

「転職は、めんどくさくて当たり前」

この気持ちをまずは受け入れ「めんどくさくなったって、いいんだ」という気持ちを持つようにしましょう。

転職活動がめんどくさいと感じる理由

転職を考える多くの人が共通して感じるのが、転職活動そのものが手続きや準備、スケジュール管理などで煩雑であるということです。ここでは、その理由を具体的に掘り下げてみましょう。

<転職活動がめんどくさいと感じる理由>
・転職するまでの流れが分からない
・希望の仕事を見つけるのが大変
・希望の会さの選考を通過できない
・転職活動をする時間がない
・転職活動のスケジュール管理が大変
・会社にバレないように転職活動をするのが大変
・現職の引継ぎや退職手続きなどが大変

転職するまでの流れが分からない

転職活動は複雑で多岐にわたるプロセスがあり、初めての方はその全体像を把握するのが難しいです。中でも企業選びのポイントや職務経歴書の書き方や面接対策など、初めての経験だと戸惑うことが少なくありません。

転職するまでの流れを簡単にまとめると以下の流れになります。

▼自己分析
▼求人選び
▼書類準備
▼求人応募
▼書類選考
▼面接準備
▼面接
▼内定
▼入社

簡単にプロセスだけご紹介しましたが、この加えて、現職での業務や、退職日を決めるための交渉、退職に当たっての引継ぎなど、やらなければならないことが多いです。

希望の仕事を見つけるのが大変

自分のスキルや経験を生かし、かつやりがいを感じる仕事を見つけるのは容易なことではありません。

求人を探す方法は、大きく分けて「人に探してもらう方法」と、「自分で探す方法」の2つに分かれます。

企業の求人情報を一つ一つ確認し、自分に合ったものを見つけるには相当な時間と労力がかかります。

希望の会社の選考を通過できない

転職希望者が直面するハードルとして、希望の企業の選考を通過することが挙げられます。

競争が激しい中で他の応募者と差をつけるためには、自己アピールのスキルや履歴書、面接の実力向上が求められます。

2023年12月時点の全国の有効求人倍率は1.27倍と、「求職者優位」の状態が続いています。この有効求人倍率とは、「求職者1人に対しての求人募集をしている企業の数」を示した値です。(参考:厚生労働省

はたらきGUY
はたらきGUY

現在の1.28倍という数字は、「1人の求職者を5社が取り合っている状態」を示しています。

ただし、1.38倍という数字は全国平均ですし、企業と求職者をデジタルな分布として割っただけのものです。地域差はありますし、人気な企業は人気で難易度は高いです。

はたらきGUY
はたらきGUY

私は人材業界で8年間仕事をしていますが、人気企業は1枠の採用枠に対して2000人以上の応募が集まることも。市場としては選ばなければ働き口はあるが、人気なところは激戦、ということです。

転職活動をする時間がない

現在の仕事をこなしながらの転職活動は、非常に時間の制約が厳しいです。

業務の合間や休日を利用する必要があり、これがまたストレスや疲労の原因となります。

営業職で外に出ることがある仕事であれ場所組む時間を上手く使うこともできますが、そうでなければ終業後・休日が中心となります。

転職活動のスケジュール管理が大変

転職活動には様々な作業やイベントが組み込まれており、それらを効果的にスケジュール管理することが求められます。

応募前・応募中・書類選考中などのステータスは一斉に進むわけではないですし、1社の結果が出てから次の候補に応募して…ということをやっていては、非常に長い期間をかけることになります。

会社にバレないように転職活動をするのが大変

転職を考えているが、現職の同僚や上司にバレたくないという希望がある場合、転職活動を秘密裏に進めることが求められます。これがまたプレッシャーやストレスとなります。

現職の引継ぎや退職手続きなどが大変

転職が決まった後も、現職での引継ぎや退職手続きなどが待っています。これらを円滑に進めるためにも、事前の計画や調整が不可欠です。

【体験談】働きながら転職活動したが、とにかくめんどくさかった!

私は転職経験が3回ありますが、うち2回は働きながら行ないました。

結論、めちゃめちゃめんどくさかったですし、ストレスが大きかったです!!!

めんどくさかったポイント1. 時間が足りない!

まずはとにかく時間が足りませんでした。

私はもともと仕事が好きで、仕事をしすぎてしまう傾向があります。

そのために残業は当たり前。休日も仕事を持ち帰ってしてしまっていました(これは今もですが…)。

求人を探す時間も、面接に行く時間も足りず、寝る時間を削って転職活動をしなければなりませんでした。

めんどくさかったポイント2. 同僚・上司にバレたくなかった

「転職がうまくいかなかったら今の職場で働き続けないといけない‥」

こんな気持ちがあったので、転職先が決まるまでは会社の人にはバレたくない、という気持ちがありました。

「転職活動をしたが良いところが見つからなかった」=「今の会社で続ける気がない」と思われてしまったら人間関係や昇進・昇格にも影響してしまう、と考えてしまったのです。

めんどくさかったポイント3.応募書類・面接の準備

1社目が人材業界だったがゆえにですが、企業が先行する時のポイントもある程度わかっていました。なので「すべて同じ応募書類では不利になる」とわかっていたのです。

1社1社応募書類をその会社の求める人材に合わせて変え、面接前には企業研究をして面接に臨もうとするあまり、書類選考や面接の準備に時間がかかってしまいました。

結果的に今の会社では8年間働けていますし、3回の転職はそれぞれ自分的には「成功した」と言えますが、転職活動はすごくめんどくさいもの、という記憶が強く残っています。

「転職活動がめんどくさい」けど辞めたい仕事を続けるリスク

転職活動が手間だからといって、辞めたいと思いながらも行動に移せないことは、将来的に大きなリスクを生む可能性があります。そのリスクについて詳しく見ていきましょう。

<「転職活動がめんどくさい」けど辞めたい仕事を続けるリスク>
・年齢だけ重ねて転職時期を逃す
・スキルアップしにくくなり市場価値が上がらなくなる
・年収アップや待遇面の向上の機会を失う
・ストレスで心の病気になる可能性がある
・モチベーションが下がり、リストラ対象になる

年齢だけ重ねて転職時期を逃す

転職市場は常に変動しており、年齢が上がるにつれて求人へのアクセスや選考通過が難しくなることがあります。

また、企業側も若手志向が強く、中高年層の採用に慎重な姿勢を見せる場合があります。転職の適切なタイミングを逃すことで、理想の仕事に出会う機会が減少する可能性があります。

スキルアップしにくくなり市場価値が上がらなくなる

現職での経験やスキルの向上が難しいまま転職活動を進めない場合、市場価値が停滞してしまいます。技術や業界の変化が激しい中、最新のスキルや知識を身につけることができないと、他の求職者との競争に勝つことが難しくなります。

年収アップや待遇面の向上の機会を失う

転職は新しいキャリアチャンスを手に入れることでもあります。

しかし、「転職活動が面倒くさい」という理由でその機会を逃すと、現在の仕事において給与や待遇の向上が見込めません。将来的な収入アップやキャリアの発展を逃す可能性が高まります。

ストレスで心の病気になる可能性がある

辞めたいと思いつつ転職活動を先延ばしにすることは、仕事に対するストレスや不満を抱えたままでいることを意味します。

これが続くと、心の健康に悪影響を与え、うつ病や適応障害などの心の病気のリスクが高まります。

モチベーションが下がり、リストラ対象になる

仕事へのモチベーションが低下し、業績や仕事への貢献が不足してしまうと、組織内での評価が下がる可能性があります。

これが続くと、リストラや出向の対象となりやすくなります。積極的な姿勢を見せないことで、組織の中でのポジションを失うリスクが存在します。

「働きたくないけど働かないといけない」という気持ちで働き続けた場合のリスク・デメリットはこちらの記事でも詳細に解説しています。
▶関連記事:働きたくないけど働かないといけないと感じたときの考え方・対処法

仕事を辞めたいのに「転職活動がめんどくさい」と感じた時の対処法

仕事を辞めたいと思っているけれど、転職活動がめんどくさく感じることはよくあることです。しかし、その感情に立ち向かい、効果的な対処法を見つけることで、希望の仕事にスムーズに転職することが可能です。以下は、その対処法についてのポイントです。

<仕事を辞めたいのに「転職活動がめんどくさい」と感じた時の対処法>
・仕事を辞めたい理由を明確にする
・転職サイトで入りたい会社を探してみる
・資格取得など、スキルアップに取り組む
・仕事を辞めて、じっくり転職活動に集中する

仕事を辞めたい理由を明確にする

まず、なぜ仕事を辞めたいと感じるのか、その理由を明確にしましょう。具体的な理由を把握することで、転職活動において何を重視すべきかを理解しやすくなります。

例えば、給与の不満、働き方の不一致、職場の雰囲気など、あなた自身の不満の要因をあなた自身が理解することで、求人選びや面接対策の差異の「軸」が明確になり、判断がしやすくなります。

今の仕事を続けるにせよ転職するにせよ、自分が仕事を辞めたい理由を明確にすることで、その後の選択に自信を持つことが出来ます。

転職サイトで入りたい会社を探してみる

転職活動がめんどくさいと感じる一因は、求人情報の収集や企業研究が煩わしいことも影響しています。

転職サイトを活用することで、自分の希望条件に合った企業や求人情報を検索することが出来ます。今はまだ明確な希望ではなかったとしても、他の会社の求人をいくつか見てみることで、自分が今の仕事の何が嫌なのかが見えてくることも。

資格取得など、スキルアップに取り組む

転職市場では、スキルや資格が求められることがあります。

現在の職場で不足しているスキルや、希望する仕事に必要な資格がある場合は、積極的に取得に取り組みましょう。

スキルや資格がアップすることで、求人にアピールしやすくなります。

仕事を辞めて、じっくり転職活動に集中する

仕事を辞めてしまうことで、時間的な余裕ができます。

この期間を有効活用し、転職活動に集中することで、効率的に希望の仕事に出会うことができます。

はたらきGUY
はたらきGUY

「転職活動がめんどくさい」という要因の多くは「働きながら」行うことに起因しています。今やっていることにプラスアルファで転職活動をすることになるので、負担が大きく気が重くなってしまうのです。

希望の仕事に就くための最短ルートは「時間を作る」

仕事を辞めたいと思って行動することの一番の失敗は「妥協してしまうこと」です。

今の環境から離れて幸せになりたいはずなのに、転職活動が上手くいかないから…と第3希望や第4希望などの妥協した天職となってしまって「思ったのと違った」となってしまった人を何人も見てきました。

妥協は焦りから来ますし、焦りは時間の無さから来ます。

つまり希望の仕事に就くまでの最短ルートは、焦らなくてもよくなるだけの「時間を作る」ことなのです。

働きながら転職活動に取り組むには、期限を決める

働きながら時間を作るのに有効な方法は「期限を決める」ことです。

転職活動を延々と続けるのはメンタル的にも難しく、モチベーションを保ち続けるのは困難です。

期限を決めることで、上手くいかなかった時には「一旦今の環境で頑張る!」と決めることもできますし、期限内に集中することで1社1社の準備にも妥協せずに力を入れられるのです。

思い切って仕事を辞めて時間を作る

もしもっと集中的に転職活動に取り組むための時間が欲しいと感じる場合は、思い切って仕事を辞めて時間を作ることも一つの手段です。

勇気が要る行動ですが、今の仕事を辞めてから転職活動をする、という手段も有効です。

めんどくさい、と感じるのは今の仕事と転職活動を両立しながらでは、最大限自分の希望を満たせる転職先に受かることが難しいからです。

ただし、無計画に行動するのではなく、あらかじめ生活費の計画や、どれくらいの期間転職活動に専念するかを考え、慎重な計画をたてることが大切です。

収入面の不安などから踏み出せない、という意見もあるかと思いますので、社会保険制度を活用する方法をご紹介します。

それは、「傷病手当金」と「失業保険(失業手当)」を活用する方法です。

傷病手当金             給与(総支給額)の65%が最大18ヶ月間受給できる
失業保険                 給与(総支給額)の50%~80%%が3〜10ヶ月間受給できる

傷病手当金

傷病手当金は休職する時の制度という認識を持っている方が多いですが、求職後にそのまま退職した場合にも継続して利用することが出来ます。

収入の2/3を最大18か月間もらえるため、月収25万円であれば、16.5万円を毎月継続してもらうことが出来ます。受給ハードルは低く、以下の理由で通院するようになっても対象となります。

・気分が落ち込む、やる気が起きない、いらいらする
・不安感がある
・夜眠れない、朝早く目が醒める、昼間眠くなる
・会社と合わない、上司と合わないなどの環境によるストレスを感じる
・朝起きれない
・体の疲れがなかなか取れない
・会社に行くのが辛いと感じる
・満員電車が憂鬱に感じる
・上司に会いたくないと感じる

失業保険(失業手当)

こちらは退職簿にもらえる社会保険制度で、割と知っている人は多いと思います。

収入の60~65%を3~10か月間もらえる制度です。

傷病手当金と失業保険は同時に受給することはできませんが、傷病手当金⇒失業保険という順番でもらうことで21か月~28か月間、現在の収入の60~65%もらいながら生活することが出来るのです。

現在よりも収入は下がってしまいますが、この期間に資格取得やスキルアップ、また就職活動を行う時間がたっぷりとれるので、最大限納得できる選択をすることができるようになるのです。

はたらきGUY
はたらきGUY

21か月間もあれば休養もしっかり取れます。まとまった休みを取れる機会は社会人には多くないので、じっくり時間をとれるメリットを活用するのが良いと思います。

まとまった時間を確保するなら「社会保険級金アシスト」がおすすめ

仕事をやめて、まとまった時間を作ってから転職活動をしたいと思ったときにオススメのサービスが「社会保険給付金アシスト」というサービスです。

社会保険給付金アシストとは?

社会保険給付金アシストとは、「失業保険」と「傷病手当金」という公的制度の申請サポートをしてくれるサービスです。

退職後にお金の不安がないように、日本では「失業保険」や「傷病手当金」という公的制度がありますが、残念ながら利用している人は少なく、失業者のうち、失業給付を受給している人は3割程度しかいません。

また、傷病手当金も最大18か月間の受給が可能ですが、3か月以上の期間で受給している人はわずが9.8%と少ないのが実情です。この背景には実際には受け取るための条件や申請方法が非常にややこしいことがあり、社労士による申請でないと最大限受給するのは不可能に近いです。

参考:失業保険の受給者「わずか3割」の衝撃(エコノミストOnline)
参考:現金給付受給者状況調査報告(全国健康保険協会)

社会保険給付金アシストについては、以下の記事で詳細にまとめています。合わせてお読みください。
▶関連記事:社会保険給付金アシストの口コミ・評判|数百万円がもらえる仕組みを徹底解説!

社会保険給付金アシストのメリット

社会保険給付金アシストを利用するメリット
・最大28ヶ月の給付ができる可能性がある。
・全額返金保証制度があり、金銭的な損が発生するリスクがない
・退職後、最短1ヶ月で給付可能
・経験豊富なサポート専任スタッフが複雑な申請をサポート
・全国どこでも対応可能
・24時間365日、LINEやメールで無料相談できる
・退職代行サービスを無料で利用可能(期間限定)

相談は、無料です。

相談した後に利用しない、ということも可能ですので、辛い状況を変えるために、一度話を聞いてみていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では「転職活動がめんどくさい」と感じたときに希望の仕事に最短で就く方法を解説してきました。

<本記事のまとめ>
転職活動がめんどくさいと思ったら…

  • ・転職活動は「とにかくめんどくさいのが当たり前!」と受け入れる
  • ・転職活動をする上での最大の失敗は「妥協した転職をすること」
  • ・転職活動を成功させる最短ルートは「時間を作る」こと

今の仕事を続けていくことに不満や不安があるなら、一度お休みをとってスキルアップや資格取得に時間を当てるのがおすすめです。

社会保険給付金アシストでは、収入の60~65%をもらいつつ、最大28か月間仕事に就かずにいられます。

相談は、無料。まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生のプラスになる選択肢となります。

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました