「誰とも関わりたくない・めんどくさい」と思ってしまったときの対処法5選

「誰とも関わりたくない・めんどくさい」と思ってしまったときの対処法5選 仕事・会社の悩み

職場のストレスがかかりすぎて、もう誰とも関わりたくない・・・

人間関係での悩みばかり…。めんどくさい…。

仕事に関わらず、現代日本人の悩みの大半は「人間関係の悩み」と言われています。

人間関係の悩みが溜まり、「誰とも関わりたくない」と思ってしまったのであれば、危険信号です。そのまま放っておくと、重篤なうつ病になってしまうなど、大事になりかねません。

私は仕事を始めてから、これまでに3回「もう誰とも関わりたくない」という思いが大きくなり、仕事から離れて回復した経験があります。

そこで本記事では、私自身の体験談も踏まえて、「誰とも関わりたくない」「人と関わるのがめんどくさい」と感じる原因と対処法を解説します。人間関係に悩んでいるようであれば、ぜひ最後までお読みくださいませ。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

※当サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

本記事をお読みいただく時間がない方のために、本記事の内容を3行でまとめました。

<本記事のまとめ>
人と関わりたくない・人間関係がめんどくさいと思ったら…

  • ・自分がなぜ人と関わりたくないと思っているのかを知るのが大事
  • ・原因に合わせた対処法を選ぶ
  • ・ストレスが大きいときにはストレスから「距離を置く」ことも考える
社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
  1. 「誰とも関わりたくない」と思うのはどんなとき?
    1. 仕事で体力的にも精神的にも疲弊しているとき
    2. 大きなストレスを感じているとき
    3. 自分に自信が持てないとき
    4. 自分の弱いところを他の人に見られたくないとき
  2. 唐突に訪れる人と関わりたくない時期
    1. 急なストレスや精神的な負荷がかかったとき
    2. 過去のトラウマや不快な出来事が再び浮上したとき
  3. 人と関わりたくない・人間関係がめんどくさいと思う原因
    1. コミュニケーションの不和や誤解
    2. 周囲との価値観の不一致
    3. 人間関係におけるストレスや負担の蓄積
  4. 誰とも関わりたくないときや人と話したくないときの対処法5選
    1. リラックスやストレス解消の方法を試す
    2. 自己肯定感を高めるための行動を取る
    3. コミュニケーションスキルの向上を目指す
    4. 必要なときには専門家や友人に相談する
    5. ストレスとなっている仕事や職場と距離を置く
  5. なるべく関わらない方がいい人
    1. 精神的な負担やストレスを与える人
    2. 共感や理解が得られない人
    3. コミュニケーションが円滑に進まない人
  6. 誰とも関わりたくない人におすすめの仕事
    1. フリーランスのライター
    2. プログラマーやウェブ開発者
    3. データ入力の仕事
    4. グラフィックデザイナーやイラストレーター
    5. インターネットビジネスの運営者
  7. 「人と関わりたくない」ときにはゆっくり休む!
  8. 休職・退職してゆっくり休みたい人は「社会保険給付金アシスト」がおすすめ
    1. 社会保険給付金アシストとは?
    2. 社会保険給付金アシストのメリット
  9. まとめ

「誰とも関わりたくない」と思うのはどんなとき?

人間関係は複雑で、時には誰かと関わりたくないと感じることがあります。

このような感情が湧き上がるのはさまざまな要因が絡み合っています。以下では、その一部を紹介します。

仕事で体力的にも精神的にも疲弊しているとき

仕事が忙しく、プレッシャーや責任が重くのしかかると、人は自分の限界を感じることがあります。

例えば、プロジェクトの締め切りが迫っているときや、予期せぬ問題が発生して対応に追われるときなどが挙げられます。

このような状況下では、日々の業務に追われる中で、自分の時間や余裕が失われることがあります。そのため、他人とのコミュニケーションがますます困難になり、「誰とも関わりたくない」と感じてしまうのです。

大きなストレスを感じているとき

ストレスは人間関係に大きな影響を与えます。特に、仕事上や家庭内での問題、健康上の懸念などが原因で大きなストレスを感じていると、「誰とも関わりたくない」という感情が強くなることがあります。

例えば、仕事でのトラブルや家族内の摩擦が原因で心身ともに疲れ果て、他人との交流を避けたいと感じることがあります。

このような状況下では、社交的な場面や人が集まる場所に行くことが負担に感じられ、自己のリフレッシュや回復を優先する傾向が見られるでしょう。

自分に自信が持てないとき

自己肯定感が低下していると、他人との関わりがますます困難に感じられます。

例えば、自分の能力や見た目に自信が持てないと、他人との交流において不安や緊張を感じることがあります。

自分に自信が持てないと、他人の目が気になり、過度に警戒心を持つことがあります。自己否定的な考えに囚われ、他人との会話で自分の意見を述べることをためらったり、自分をさらけ出すことを避けることがあります。

自分の弱いところを他の人に見られたくないとき

人は自分の弱点や欠点を他人に見られることを嫌います。

そのため、自分の弱点を隠したり、他人との距離を取ることで、自己防衛を図ることがあります。失敗や不安を他人に知られることで傷つくことを避けるために、他人との関わりを避けてしまうのです。

これが、「誰とも関わりたくない」と感じる理由の一つです。このような状況下では、他人との交流を避けることで、自己保護や心の安定を求める傾向が見られます。

人との関わりは人生の重要な部分ですが、時には誰かと関わりたくないと感じることもあります。仕事やストレス、自己肯定感の低下など、さまざまな要因が関係しています。

唐突に訪れる人と関わりたくない時期

人間関係は複雑で、時には誰かと関わりたくないと感じることがあります。

唐突に「もう誰とも関わりたくない」という気持ちになってしまうことは珍しいことではありません。

急なストレスや精神的な負荷がかかったとき

仕事や家庭などの日常生活での急なストレスや精神的な負荷がかかると、人は自然と自己防衛の本能を発揮します。

この時、他人との関わりを避けたいという衝動が強まり、「誰とも関わりたくない」と感じることがあります。このような状況では、まず自分自身の心身の安定を優先し、ストレスの軽減やリラックスを図ることが重要です。

過去のトラウマや不快な出来事が再び浮上したとき

過去に経験したトラウマや不快な出来事が再び浮上することで、人は過去の感情や記憶と対峙しなければなりません。

このような状況では、他人との関わりを避け、自己保護のための防衛反応が現れることがあります。この場合、心理的なサポートや専門家の助言を受けることが有効です。過去のトラウマや不快な出来事を克服し、心の安定を取り戻すために、適切な支援を受けることが重要です。

唐突に訪れる人と関わりたくない時期は、精神的な負担がかかりやすいものです。

急なストレスや過去のトラウマが再び浮上することで、人は自己防衛の本能に従って行動するようになってしまうのです。

人と関わりたくない・人間関係がめんどくさいと思う原因

人間関係がめんどくさいと感じる理由はさまざまですが、その背景にはいくつかの一般的な要因が存在します。以下では、その主な原因について考察します。

コミュニケーションの不和や誤解

コミュニケーションの不和や誤解は、人間関係における最も一般的な問題の一つです。

例えば、メールやテキストメッセージなどの非対面のコミュニケーションでは、言葉の意味やニュアンスが正しく伝わらないことがあります。

仕事上でのプロジェクトチームでのコミュニケーションにおいて、メールでのやりとりが主だった場合を考えてみましょう。

あるメンバーが自分の提案を冗長に説明し、他のメンバーがその提案について誤解を招く可能性があります。これにより、チーム内でのコンフリクトが生じ、人間関係が悪化することがあります。

このような場合、相手とのコミュニケーションがうまくいかず、不和や誤解が生じる可能性があります。

周囲との価値観の不一致

人はそれぞれ異なるバックグラウンドや経験を持っており、それに伴って異なる価値観を抱いています。

しかし、周囲の人々との価値観が合わない場合、人間関係が複雑になることがあります。

例えば、ある人が特定の価値観や信念を持ち、それに基づいて行動する一方で、周囲の人々が異なる価値観を持っている場合、相互理解が難しくなります。

人間関係におけるストレスや負担の蓄積

人間関係におけるストレスや負担の蓄積も、人と関わりたくないと感じる原因の一つです。

特に、長期間にわたって人間関係の問題が解決されない場合、ストレスや負担が増幅され、人は他人との関わりを避ける傾向が強まります。

例えば、職場での人間関係のトラブルが持続し、解決策が見つからない場合、そのような関係性から距離を置くことを選択するかもしれません。

上司と部下の間でコミュニケーションや期待の不一致が継続し、解決に至らない場合、部下はストレスを感じ、上司との関わりを避けることがあります。

人と関わりたくない・人間関係がめんどくさいと感じる原因は多岐にわたりますが、その背景にはコミュニケーションの不和や誤解、周囲との価値観の不一致、人間関係におけるストレスや負担の蓄積などがあります。

これらの問題を解決するためには、コミュニケーション能力の向上や他者との対話、ストレス管理や心理的なサポートなど、さまざまなアプローチが必要です。しっかりとした対処法を身につけることで、より健全な人間関係を築くことができます。

誰とも関わりたくないときや人と話したくないときの対処法5選

人間関係において、誰かと関わりたくないと感じることは珍しくありません。時には人と話したくないと感じることもありますが、そんなときにどのように対処すればよいのでしょうか。

以下では、その対処法を5つ紹介します。

リラックスやストレス解消の方法を試す

ストレスや疲れが溜まると、人は他人との関わりを避けたくなることがあります。

そのようなときは、リラックスやストレス解消の方法を試してみましょう。例えば、ヨガやマインドフルネス、散歩など、自分に合った方法でリフレッシュすることで、気持ちを落ち着かせることができます。

自己肯定感を高めるための行動を取る

自己肯定感が低いと、他人との関わりを避けたくなることがあります。

そんなときは、自己肯定感を高めるための行動を取りましょう。自分の得意なことや達成したことを振り返ることで自信を取り戻し、他人との関わりに前向きになることができます。

コミュニケーションスキルの向上を目指す

コミュニケーションスキルが不足していると、他人との関わりが難しく感じることがあります。

そんなときは、コミュニケーションスキルの向上を目指しましょう。積極的に話す練習や相手の気持ちを理解する努力をすることで、コミュニケーション能力が向上し、人間関係の円滑化に役立ちます。

必要なときには専門家や友人に相談する

人間関係に関する問題や悩みを抱えているときは、必要なときには専門家や信頼できる友人に相談しましょう。

心理カウンセリングやコーチングを受けることで、自分の気持ちや考えを整理し、問題解決に向けたアドバイスを受けることができます。

ストレスとなっている仕事や職場と距離を置く

仕事や職場がストレスの原因となっている場合は、必要なときには距離を置くことも大切です。

無理に人と関わる必要はなく、自分の心身の健康を優先することが重要です。仕事や職場の問題を解決するためには、一時的に距離を置くことも有効な手段です。

はたらきGUY
はたらきGUY

私自身の経験としては、人間関係がめんどくさいと感じたときには、迷わずに「距離を置く」ことが一番の解決策だと思っています。

私の場合には仕事での人間関係の悩みに起因していましたので、休職・退職して環境を変える、という手段を取ってきました。

短期的な休職で活力が沸くまで回復できれば良いですが、そうでないときにはしっかりと休むことが重要です。

人と関わりたくないときや人と話したくないときは、自分自身の気持ちや状況を理解し、適切に対処することが重要です。

リラックスやストレス解消、自己肯定感の向上、コミュニケーションスキルの向上など、さまざまな方法がありますが、自分に合った方法を見つけて、健康な人間関係を築いていきましょう。

なるべく関わらない方がいい人

人間関係において、なかにはなるべく関わらない方がよい人がいます。彼らとの関わりは、精神的な負担やストレスを引き起こすことがあります。以下では、そのような人々の特徴と、彼らとの適切な関わり方について考察します。

精神的な負担やストレスを与える人

なるべく関わらない方がよい人の一つの特徴は、精神的な負担やストレスを与えることです。例えば、ある同僚が常に否定的な意見を述べ、周囲に不安や緊張を与える場合があります。

仕事のチームメンバーで、特定の同僚が常に批判的な態度を取り、他のメンバーに対して否定的な発言を繰り返す場合を考えてみましょう。

そのような同僚との関わりは、他のメンバーに精神的な負担やストレスを与え、チームの雰囲気を悪化させる可能性があります。

こういった人とは距離をおき、なるべく関わらないようにするのがよいでしょう。

共感や理解が得られない人

また、なるべく関わらない方がよい人の中には、共感や理解が得られない人がいます。

彼らは他人の感情や立場を理解しようとせず、自己中心的な行動をとることがあります。そのような人々との関わりは、ストレスや不満を引き起こすことがあります。

友人のグループで、特定のメンバーが自分の意見や感情を尊重せず、自分勝手な行動を繰り返す場合を考えてみましょう。このようなメンバーとの関わりは、他のメンバーに共感や理解が得られず、グループ全体の結束力を低下させる可能性があります。

コミュニケーションが円滑に進まない人

さらに、なるべく関わらない方がよい人の特徴として挙げられるのが、コミュニケーションが円滑に進まない人です。彼らとの関わりは、意見や感情のすり合わせが難しく、コミュニケーションの壁が生じることがあります。

仕事の上司が、指示やフィードバックを与える際に不明確であったり、コミュニケーションが途切れたりする場合を考えてみましょう。このような上司との関わりは、部下にとってストレスや混乱を引き起こし、業務の効率を低下させる可能性があります。

なるべく関わらない方がよい人との関わり方は、人それぞれ異なりますが、彼らとの関わりは精神的な負担やストレスを引き起こす可能性があります。

そのため、彼らとのコミュニケーションを避け、自分の心身の健康を守ることが重要です。また、彼らとの適切な関わり方を見つけるためには、自己理解やコミュニケーションスキルの向上が必要です。

誰とも関わりたくない人におすすめの仕事

人との関わりを避けたいと感じる人にとって、適切な仕事選びは重要です。以下では、誰とも関わりたくない人におすすめの仕事を紹介します。

フリーランスのライター

フリーランスのライターは、自宅やカフェなど、自分の好きな場所で仕事をすることができます。顧客との直接の対面が少ないため、人との関わりを最小限に抑えることができます。また、自分のペースで仕事を進めることができるため、ストレスを軽減することができます。

プログラマーやウェブ開発者

プログラマーやウェブ開発者は、主にコンピューターと向き合いながら仕事を行うため、人との関わりを避けることができます。仕事の成果物が主な評価基準となるため、人間関係に左右されることが少なく、ストレスを感じにくい職種です。

データ入力の仕事

データ入力の仕事は、主にパソコンを使ってデータを入力する作業です。一人で黙々と作業を行うため、他人との関わりを避けることができます。また、作業が単純であるため、ストレスを感じにくいという特徴もあります。

グラフィックデザイナーやイラストレーター

グラフィックデザイナーやイラストレーターは、クライアントからの指示を元にデザインやイラストを制作する仕事です。主にパソコンを使って作業を行うため、他人との関わりを最小限に抑えることができます。自分のアイデアやセンスを活かして仕事をするため、やりがいを感じることができます。

インターネットビジネスの運営者

インターネットビジネスの運営者は、自分のウェブサイトやオンラインショップを運営する仕事です。主にオンライン上でのコミュニケーションを通じて仕事を行うため、直接的な人間関係を持つ必要がありません。自分のビジネスを自由に運営できるため、自己実現の機会が多いと言えます。

誰とも関わりたくないと感じる人にとって、適切な仕事選びは生活の質を向上させる重要な要素です。フリーランスのライターやプログラマー、データ入力の仕事など、人との関わりを最小限に抑えることができる職種を選ぶことで、ストレスを軽減し、充実した生活を送ることができるでしょう。

希望の職種に就くための近道についてはこちらの記事でも解説しています。合わせてお読みください。
▶参考記事:仕事を辞めたいけど転職活動がめんどくさい|希望の仕事に就く最短ルートを解説!

「人と関わりたくない」ときにはゆっくり休む!

私の経験上、「人と関わりたくない」「人間関係がめんどくさい」と感じたときには、自分の気持ちを大切にして、ゆっくり休むのが回復への一番の近道です。

そのまま放置して無理をすると、最悪の場合はうつ病などの重篤な心疾患にかかってしまうことも。

休職することや退職することは収入面の心配が大きいと思いますが、そういった方は「社会保険給付金」を活用することをおすすめします。

休職・退職してゆっくり休みたい人は「社会保険給付金アシスト」がおすすめ

仕事をやめて、まとまった時間を作ってから転職活動をしたいと思ったときにオススメのサービスが「社会保険給付金アシスト」というサービスです。

社会保険給付金アシストとは?

社会保険給付金アシストとは、「失業保険」と「傷病手当金」という公的制度の申請サポートをしてくれるサービスです。

退職後にお金の不安がないように、日本では「失業保険」や「傷病手当金」という公的制度がありますが、残念ながら利用している人は少なく、失業者のうち、失業給付を受給している人は3割程度しかいません。

また、傷病手当金も最大18か月間の受給が可能ですが、3か月以上の期間で受給している人はわずが9.8%と少ないのが実情です。この背景には実際には受け取るための条件や申請方法が非常にややこしいことがあり、社労士による申請でないと最大限受給するのは不可能に近いです。

参考:失業保険の受給者「わずか3割」の衝撃(エコノミストOnline)
参考:現金給付受給者状況調査報告(全国健康保険協会)

社会保険給付金アシストについては、以下の記事で詳細にまとめています。合わせてお読みください。
▶関連記事:社会保険給付金アシストの口コミ・評判|数百万円がもらえる仕組みを徹底解説!

社会保険給付金アシストのメリット

社会保険給付金アシストを利用するメリット
・最大28ヶ月の給付ができる可能性がある。
・全額返金保証制度があり、金銭的な損が発生するリスクがない
・退職後、最短1ヶ月で給付可能
・経験豊富なサポート専任スタッフが複雑な申請をサポート
・全国どこでも対応可能
・24時間365日、LINEやメールで無料相談できる
・退職代行サービスを無料で利用可能(期間限定)

相談は、無料です。

相談した後に利用しない、ということも可能ですので、辛い状況を変えるために、一度話を聞いてみていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では「もう人と関わりたくない」「人間関係がめんどくさい」と感じる原因と、5つの対処法について解説してきました。

<本記事のまとめ>
人と関わりたくない・人間関係がめんどくさいと思ったら…

  • ・自分がなぜ人と関わりたくないと思っているのかを知るのが大事
  • ・原因に合わせた対処法を選ぶ
  • ・ストレスが大きいときにはストレスから「距離を置く」ことも考える

今の仕事を続けていくことに不満や不安があるなら、一度お休みをとってスキルアップや資格取得に時間を当てるのがおすすめです。

社会保険給付金アシストでは、収入の60~65%をもらいつつ、最大28か月間仕事に就かずにいられます。

相談は、無料。まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生のプラスになる選択肢となります。

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました