HSPの人は仕事どうしてるの?今の仕事、向いてないかも…。

HSPの人は、仕事どうしてるの? 仕事・会社の悩み
筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

多くのHSPの方々が、日常の仕事においてストレスや適応困難を感じています。外部刺激に敏感な特性からくる不調和を感じ、自分に合った仕事を模索する声が増えています。

この記事では、実際に「今の仕事が向いていない」と感じ、転職に成功したHSPの方々の声をお届けし、HSPに向いている40職種や働き方、さらには福利厚生など、具体的な解決策を提供いたします。

HSPの特性を理解し、適切な仕事環境を見つけることは可能です。転職を検討する際に役立つ情報を提供し、HSPの皆さんが充実したキャリアを築く一助となるでしょう。

この記事では、HSPに向いた職種や働き方についての専門家の意見や成功事例を取り上げ、信頼性のある情報を提供します。また、HSPの特性を活かす方法やストレス管理のアドバイスも記載しています。

この記事を読んだ後、あなたは自分に合った仕事環境を見つけ、仕事におけるストレスを軽減し、より充実したキャリアを築く一歩を踏み出すことができるでしょう。自分の特性を活かし、幸福な仕事生活を実現しましょう。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

まだ退職しておらず、退職後にすぐに就職しない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

「今の仕事が向いていない」と思って転職した人の声

仕事との適合性は、誰にとっても重要ですが、特にHSP(Highly Sensitive Person)の人々にとってはさらに重要な要素と言えます。HSPは、その感受性が高いため、環境や職場の要因が彼らの健康と幸福に直接影響を及ぼすことがあります。このセクションでは、「今の仕事が向いていない」と感じて転職を決断したHSPの方の声を紹介し、その背後にある理由や転職後の経験について探究してみましょう。

転職を決断した理由

多くのHSPは、過度な刺激やストレスの高い環境で働くことが苦痛と感じます。HSPの方は感受性が高いため、騒音や人間関係のトラブル、長時間の労働などが精神的な負担となりやすいのです。以下は、転職を決断したHSPの理由の一部です。

過度なストレスと体調不良

現在の仕事環境が過度にストレスフルで、それによって体調が悪化してしまう場合があります。HSPは心身の健康を維持するために、より穏やかな環境を求めることがあります。

価値観や目標の不一致

仕事が個人の価値観やキャリア目標と合致しない場合、仕事に対する満足度が低くなります。HSPは、仕事に意味や深みを求めることが多いため、価値観の不一致は大きな問題になります。

創造性や自己表現の不足

HSPは創造的な仕事や自己表現を重要視することが多く、それができない仕事環境では不満を感じることがあります。

人間関係の課題

HSPは感情的に深く共感し、人間関係が悪化することでストレスを感じることがあります。職場の人間関係が問題となる場合、転職を検討することがあります。

転職後の経験

転職を決断したHSPの多くは、新しい仕事環境で前向きな変化を感じています。以下は、HSPの方の転職後の経験の一部です。

ストレス軽減

新しい仕事がよりストレスの少ない環境であることで、体調の改善を実感しています。適切な環境で働くことで、心身の健康が向上しました。

やりがいと満足感

新しい仕事が自分の価値観や目標に合致しているため、仕事へのやりがいや満足感が高まりました。これが日常生活全体にポジティブな影響を及ぼしています。

創造的な自己表現

新しい仕事で創造的な自己表現の機会を得たHSPは、仕事への情熱を維持しやすくなりました。

良好な人間関係

新しい職場での人間関係が良好で、共感的な同僚とのコミュニケーションがスムーズに行えています。

HSPの人々は、自身の感受性に合った仕事環境を見つけることで、より充実した仕事人生を歩むことができます。「今の仕事が向いていない」と感じる場合、転職は新たな可能性を切り開く一歩となるかもしれません。あなた自身がHSPで、仕事に不満を感じている場合、転職を検討し、適切な仕事環境を見つける勇気を持つことで解決できるかもしれません。

HSPに向いている職種40選!タイプ別職種一覧

HSPの方は、環境の刺激に敏感で、他の人とは異なる職場環境を必要とすることがあります。本章では、HSPのタイプ別に、向いている職種をご紹介します。

HSPの4つのタイプ

HSPには「人と一緒に物事に取り組むのが心地よいと感じるかどうか」と「好奇心旺盛なのに飽きっぽく、活動的なのに疲れやすいかどうか」の掛け合わせで4つのタイプに区分されます。以下にそれぞれの特徴とタイプをまとめました。

ここでは、それぞれのタイプに合わせて、向いている職種を見てみましょう。

「HSP」内向型HSPに向いている職種

・営業企画・商品企画・販促企画

・Webマーケター/リサーチャー

・経理

・デザイナー

・ライター

・プログラマ

・インフラエンジニア

・評価/検査エンジニア

・工場スタッフ

・薬剤師

総じて、一人で黙々と働く時間が多い職種が向いているといえます。

「HSE」外向型HSPに向いている職種

・ルート営業

・インサイドセールス

・カウンターセールス

・テレマーケティング

・人材コーディネーター

・一般事務

・カスタマーサポート

・テクニカルサポート/ヘルプデスク

・店舗スタッフ

・ホールスタッフ

・ホテルスタッフ

・公務員

総じて、人と関わることが多いけれども、ルーティン的であることや、直接的な刺激が少ない職種が向いているといえます。

「HSS型HSP」刺激追求型な内向型HSPに向いている職種

・Webマーケター

・配達員

・プログラマ

・システムエンジニア

・デザイナー

・セラピスト

・臨床心理士

・介護士

・看護師

総じて、一人で働く時間が多いが、短期的にやることが入れ替わったりと、刺激が多い職種が向いているといえます。

「HSS型HSE」刺激追求型・外向型HSPに向いている職種

・法人営業

・個人営業

・警察官

・イベントプランナー

・ブライダルプランナー

・スポーツインストラクター

・塾講師

・コンサルタント

・施工管理

総じて、人とかかわることが多く、かつ短期的にやることが入れ替わったりと、刺激が多い職種が向いているといえます。

HSPに向いている働き方

知覚過敏性を活かす働き方

HSPの一般的な特性として、周囲の細かい変化や感情に対する敏感さがあります。これは、観察力や洞察力に優れていることを意味します。HSPは、データ分析、品質管理、UXデザイン、研究、アートなど、詳細な情報が必要な職種に向いています。細部に注意を払い、その感受性を活かすことで、高品質の成果物を生み出すことができます。

組織文化との適合性を重視した働き方

HSPは、職場の文化との適合性に敏感です。ストレスの多い環境や競争の激しい職場では、HSPが疲れやストレスを感じやすいことがあります。したがって、HSPの方は、自分に合った職場環境を選ぶことが重要です。協力的な環境や柔軟な労働条件を提供する企業や職場を探すことが、HSPにとって理想的です。

ストレスが管理された働き方

HSPは、外部からの刺激に対して過剰に反応し、ストレスを感じやすい傾向があります。しかし、ストレス管理のスキルを磨くことで、この課題に対処できます。瞑想、深呼吸、リラクゼーションテクニックを学ぶことは、仕事中のストレスを軽減するのに役立ちます。また、定期的な休憩や運動も、ストレスを軽減し、仕事の効率を向上させるのに役立ちます。

自身が何にストレスを感じるかを把握することで、適したストレス解消法を見出すことも可能です。

自己認識と自己ケア

HSPの方は、自己認識と自己ケアを重要視すべきです。自分の限界を知り、過度に負担をかけないように注意しましょう。定期的な休息とリフレッシュタイムを確保し、感情やストレスを処理するための時間を持つことが大切です。また、自己啓発や専門知識の向上にも時間を投資することで、キャリアの成長を促進できます。

コミュニケーションスキルを磨く

HSPは感受性が高いため、他の人とのコミュニケーションにおいて、共感力や優れた聴取力を発揮できます。これを活かし、チームでの協力や顧客との関係構築において優れたスキルを発揮することができます。また、自分の意見や要望を適切に伝えるためのコミュニケーションスキルも磨くことが大切です。

HSPの方は、自分自身の特性を理解し、適切な働き方を見つけることで、充実したキャリアを築くことができます。適切な職種と環境を選び、ストレス管理や自己ケアを大切にし、コミュニケーションスキルを磨くことで、HSPの方も仕事で成功を収めることができるでしょう。特性を武器に、自身の個性を活かす道を見つけましょう。

HSPの人が選ぶ「あったらうれしい」福利厚生

フレックスタイム制

HSPの方は、外部刺激に対して敏感で、一定の環境での仕事がストレスを軽減することがあります。そのため、フレックスタイム制の導入など、フレキシブルな労働時間やリモートワークの選択肢がある職場は、HSPの方ににとってメリットが大きいです。自分のコンディションに合わせて労働時間を調整できることは、ストレスを軽減し、生産性を向上させるのに役立ちます。

静かな仕事環境や静かにする備品の用意

HSPの方は、騒音や混雑に敏感であり、静かな環境で仕事をすることが好ましいことがあります。福利厚生として、静かなオフィススペースやノイズキャンセリングのヘッドフォンが提供されると、HSPは集中力を維持しやすくなります。

ストレス管理プログラム

HSPは、ストレスを感じやすく、適切なストレス管理が重要です。職場でのストレス管理プログラムやカウンセリングサービスが提供されると、HSPは感情やストレスを適切に処理する方法を学び、メンタルヘルスを維持しやすくなります。

ワークライフバランスの支援

HSPの方は、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しい場合があります。福利厚生として、フレキシブルな休暇日、有給休暇、ストレス解消活動のサポートが提供されると、HSPは仕事と生活の調和を図りやすくなります。

教育とトレーニングの機会

HSPは、自己啓発とスキルの向上に積極的です。福利厚生として、継続的な教育とトレーニングの機会が提供されると、HSPはキャリアの成長を追求しやすくなります。また、自分の興味に合わせたコースや研究プロジェクトに参加する機会もあると好ましいでしょう。

HSPの人が選ぶ「あったらうれしい」福利厚生は、自身の特性を理解し、職場でのストレスを軽減し、幸福感を高めるための重要な要素です。

転職先を選ぶ基準の第一に福利厚生が来ることは少ないですが、給与や仕事内容と同様に、働きやすさもHSPの方にとっては重要な選定軸となることを忘れてはなりません。仕事において最善のパフォーマンスを発揮し、幸福なキャリアを築くことができるように、参考としていただけますと幸いです。

フルタイム、正社員以外の働き方もある

パートタイム労働

HSPの方がストレスを軽減し、自分の生活に合わせた働き方を実現する一つの方法は、パートタイム労働です。パートタイムの仕事は、週の労働時間が短く、柔軟なスケジュールを提供することが多く、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

フリーランスとしての活動

HSPの方は、自分のペースで仕事を進め、自分のクライアントやプロジェクトを選ぶことができるフリーランスとしてのキャリアに向いていることがあります。自分のスキルや専門知識を活かし、クライアントに価値を提供することで、自己満足感を高めながら収入を得ることができます。

リモートワーク

近年、テクノロジーの進歩により、リモートワークが一般的になりました。HSPの方は、自宅や静かな場所で仕事をすることができ、外部の刺激を最小限に抑えることができます。リモートワークは、通勤ストレスを軽減し、効率的な作業環境を提供するため、HSPにとって適している場合があります。

副業

HSPの方は、主要な収入源に加えて、副業を持つことでより充実した仕事人生を歩メル可能性があります。副業は、新しいスキルを習得したり、趣味を活かしたりする機会を提供し、追加の収入を得ることができます。副業は自己成長や充実感を高めるための方法として魅力的です。

クリエイティブな活動

HSPの方は、アートや文学、音楽などのクリエイティブな活動に興味を持つことが多いです。これらの趣味や才能を活かし、クリエイティブなキャリアを追求することができます。クリエイティブな活動は、個人の表現力を高め、充実感をもたらすことがあります。

HSPの方にとって、フルタイムの正社員以外の働き方も多くのメリットを提供します。柔軟な働き方を選ぶことで、ストレスを軽減し、自分の生活に合わせた充実感のあるキャリアを築くことができます。重要なのは、自分の特性や目標に合った働き方を見つけ、幸福な仕事生活を実現することです。

HSPを「長所」と捉えて自分に合った仕事に就こう

強化された感受性を活かす

HSPの方は、繊細な感受性を持っています。この感受性を活かすために、クリエイティブな職種やアート、文学、音楽、デザインなどの創造的な領域に挑戦することができます。自分の感性を生かし、新しいアイデアやコンセプトを生み出すことで、充実感と達成感を得ることができます。

集中力と洞察力を活かす

HSPの方は、細部に注意を払い、洞察力が優れています。これを活かすために、研究職やデータ分析、品質管理、UXデザイン、ライティングなど、詳細な情報が必要な職種に向いています。細部に気づき、問題解決や改善に貢献することができます。

共感力を活かす

HSPの方は、他人の感情やニーズに対する共感力が高い傾向があります。この特性を活かすために、カウンセラー、コーチ、教育者、医療従事者など、人々の心の健康や幸福に貢献する職種に向いています。他人とのコミュニケーションやサポートが得意なHSPは、共感力を活かして充実感を感じることができます。

自己認識と調整力を活かす

HSPの方は、自己認識が高く、自分のニーズを理解することが得意です。自分に合った仕事環境や働き方を見つけ、ストレスの少ない職場を選ぶことが重要です。フレキシブルな労働条件や適切なワークライフバランスを重視しましょう。

HSPの方は、自分の特性を「長所」と捉え、それを活かす仕事を見つけることで、仕事に対しての悩みを最小限に抑えることができます。自分の感受性、集中力、共感力を活かして、充実したキャリアを築くことができるでしょう。自分に合った仕事環境を選び、ストレス管理を重視し、自己認識を高めることで、HSPの方も幸福な仕事生活を実現できます。「HSPだから…」と悲観せず、むしろ「HSPならでは」とも言える自身の特性を生かし、自分らしいキャリアを追求しましょう。

今の仕事が向いていない、と考えたら退職代行の利用も検討を。

HSPの方で「今の仕事に向いていない」と悩んだとき、多くの方が「潰れるまで頑張ってしまう」ことこそが問題です。「辞めたくなったら辞めた方がよい」と転職・退職を煽るわけではありませんが、本当に「仕事ができない・・・」と悩んでいるのであれば、その会社・仕事から離れた方がよいです。

HSPの感受性がよくない方に作用する場面で多いのが「退職を考えているとき」です。
上司や同僚がどう思うか、迷惑をかけないか、という人の目を気にして、我慢し続ける選択を取ってしまい、結果心身の健康を損ねるまで頑張ってしまいます。

頑張ることは素敵なことです。誰もが喜んでくれるでしょう。

ですが、あなたを守れるのはあなただけです。

無理して身体を壊して、何か月も何年も休むことになってしまったら、意味がありません。

そうならないために、「退職したいが言いづらい」という場合には自分の代わりに退職手続きをしてくれ、直接上司や同僚とのやり取りもなく済ませてくれる「退職代行」を利用するのがおすすめです。

「退職を切り出しづらい」という悩みの解消以外にも、「有給消化を打診しづらいから利用して有給を取得できた」という声や、「退職手続きに掛ける時間を転職活動に当てられた」などの体験談もあります。権利を主張するのが苦手な方こそ利用した方がよいのが退職代行です。

退職代行サービスについてはこちらの記事で紹介していますので、よろしければ合わせてお読みくださいませ。

まとめ

ここまで、HSPの方が「今の仕事が向いていないかも…」と悩んだ時に知っておいてほしい考え方について解説してきました。

最後にもう一度言いますが、あなたを守れるのはあなただけです。

悩みをそのままにせず、一日でも早くあなたの仕事人生が充実したものにしていただくことを願っています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました