「仕事が続かない」と悩むHSPさんに知ってほしい3つの考え方

「仕事が続かない」と悩むHSPさんに知ってほしい3つの考え方 仕事・会社の悩み
筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

「HSPの自分は仕事が続かない」
「HSPだから仕事が続かないんだ」

こういったお悩みをお持ちのHSPの方は多いです。仕事が続かないことは、誰にでもあることですが、特にHSPの方にとっては、その理由や解決策を見つけることが難しいこともあるかもしれません。

しかし、安心してください。本記事では、HSPが仕事が続かない理由や、それを乗り越えるための考え方をご紹介します。

まず、覚えておいてほしいことは、HSPの方「以外」でも仕事が続かないことは一般的なことであるということです。仕事において成功や失敗は人それぞれであり、続かないことに対して自分を責める必要はありません。むしろ、自分の特性を理解し、その特性を生かす方法を見つけましょう。

次に、なぜHSPの方が仕事が続かないことがあるのか、その理由を探りましょう。感受性が高いため、ストレスや過負荷がかかりやすく、それが仕事に影響を与えることがあります。しかし、この特性を理解し、適切な対策を取ることで、続けられる仕事を見つけることが可能です。

そして、最も重要なのは、HSPの方が「仕事が続かない」と悩まなくなるための3つの考え方です。これらの考え方を実践することで、仕事が続かない悩みを解決し、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。

本記事を読み終えた後、「仕事が続かない」という悩みを解消する考え方が一つでもあなたの頭の片隅に残っていただけましたら幸いです。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

まだ退職しておらず、退職後にすぐに就職しない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

HSPは仕事が続かないのは普通のこと

まず最初に覚えておいてほしいのは、仕事が続かないことは、HSPの方に限らずに一般的なことであるということです。誰しもが仕事で悩み、転職を考えることがあります。HSPであるからこそ、感受性が高いために仕事に対するストレスを感じやすいかもしれませんが、それは普通のことなのです。

仕事が続かないことに対して自分を責めるのはやめましょう。

自分の特性を理解し、受け入れることが、次のステップへ進む第一歩です。「自分を責めず、冷静に状況を分析し、解決策を見つける」という考え方自体が大切なことです。

HSPを問わず、日本の離職率は約15%と高い

実際に、HSPだけでなく、一般的な日本の離職率について考えてみましょう。日本全体の離職率は約15%と高い水準にあります。これは、多くの人々が仕事において悩みや困難に立ち向かっていることを示しています。つまり、仕事が続かないことは、HSPだけでなく一般的な社会現象なのです。

参照:入職と離職の推移|厚生労働省(PDF資料)

この事実から、仕事が続かないことは個人的な弱点ではなく、社会的な課題と捉えることができます。そして、課題を克服するための方法やサポートが存在します。自分の問題だけでなく、社会全体の問題として捉えることで、解決策を見つける考え方の変化を生み出していくべきです。

新卒採用の3年以内離職率は約30%!

続いて、新卒採用者に焦点を当ててみましょう。新卒で入社した場合、3年以内に離職する割合は約30%にも上ります。これは、多くの若い人々が最初の職場で悩み、転職を考えることがあることを示しています。

参照:学歴別就職後3年以内離職率の推移|厚生労働省(PDF資料)

新卒からの離職率が高いことからも、仕事が続かないことは個別の特性や問題ではなく、若い世代を含む多くの人に共通の課題と言えます。若いうちから転職を経験することは、自己成長や適切なキャリアパスを見つけるための一環と捉えましょう。

このように、仕事が続かないことはHSPだけの悩みではなく、一般的な社会現象として捉えることができます。自分を責めず、冷静に状況を分析し、解決策を見つけるための第一歩として、これらの事実を活用しましょう。

HSPはなぜ仕事が続かないのか?

「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)さんが仕事で続かない理由は何だろう?」

この疑問に答えるために、HSPの特性と仕事環境における相互作用を理解することが重要です。ここでは、HSPさんが仕事で続かない理由について、3つの主要な要因を考えてみましょう。

1. 過剰な感受性とストレス

HSPは他の人よりも外部からの刺激に敏感であり、感情や環境の変化に強く影響を受けやすい傾向があります。このため、仕事場でのストレスやプレッシャーによって、他の人よりも早く疲れや疲労を感じることがあります。長期間にわたって高いストレス状態が続くと、仕事に対するモチベーションを失い、仕事が続かなくなることがあります。

2. 非適切な職場環境

HSPさんにとって、職場環境は非常に重要です。刺激が過剰な場所や、人間関係が複雑でストレスの多い職場では、HSPさんは特に困難を感じることがあります。また、上司や同僚とのコミュニケーションに苦労することもあるかもしれません。適切な職場環境が整っていない場合、HSPさんは仕事を続けることが難しくなります。

3. 自己理解と適切なケアの不足

HSPさんは、自己理解と適切なケアが不可欠です。自分の特性を理解し、自分に合った仕事やライフスタイルを選択することが大切です。

また、ストレス管理技術やリラックス方法を習得し、日常生活でストレスを軽減することが必要です。自己理解と適切なケアが不足していると、HSPさんは仕事において適切な対処が難しくなり、続かなくなる可能性が高まります。

したがって、HSPさんが仕事で続かない理由は、感受性の過剰さ、職場環境の不適切さ、自己理解とケアの不足など、複数の要因が組み合わさっていることが多いです。しかし、これらの要因に対処する方法や対策は確かに存在し、HSPさんが充実した仕事生活を築くことが可能です。

HSPで仕事が続かないのはヤバい?続かなくても大丈夫な理由

「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)で仕事が続かないことは、本当にヤバいことなの?」

この疑問に対する答えは、HSPさん自身の特性やその特性が仕事にどのように影響するかに依存します。一般的な社会的な期待に照らして、HSPであることが仕事において問題視されることもあるかもしれませんが、必ずしも仕事が続かないことが悪いこととは言えません。

HSPで仕事が続かない場合でも大丈夫な理由について考えてみましょう。

1. 個性を生かせる仕事がある

HSPの特性を理解し、適切な仕事を選ぶことができれば、むしろその敏感さや注意力の高さが優れた特性となります。クリエイティブな仕事や、繊細さや洞察力が求められる職種では、HSPさんの個性が大いに活かされることがあります。つまり、続かないと感じる仕事がある一方で、個性を発揮できる仕事も存在するのです。

2. 自己ケアができる余裕が生まれる

HSPさんにとって、自己ケアは不可欠。

仕事が続かないと感じた場合でも、自己ケアに充てる時間や余裕を持てる!と切り替えることで、利点になると言えます。ストレスが蓄積せず、心身の健康を守ることができるため、続かない仕事には見切りをつけて、自己成長やリラックスの時間に当てることができます。

3. 適切なサポートを受けられる

HSPであることを理解してくれる雇用主や同僚、友人との協力が、仕事が続かない場合に非常に役立ちます。適切なサポートを受けながら、仕事を続けるか、違う選択をするかを検討することができます。HSPの特性を周囲と共有し、理解を得ることで、より良い職場環境を築くことも可能です。

要するに、HSPであることは仕事が続かないことを意味するわけではありません。むしろ、自身の特性を理解し、適切な環境や仕事を選択することで、充実した職業生活を築くことができます。重要なのは、自分自身を受け入れ、個性を生かす方法を見つけることです。そして、仕事が続かない場合でも、必ず新たな可能性が広がっていることを覚えておいてください。

HSPが「仕事が続かない」と悩まなくなる3つの考え方

HSPであるために、仕事が続かないことに悩むことはよくあります。

しかし、その特性を理解し、うまく活かすことで、仕事における幸福感を高め、悩みを軽減させることができます。以下では、HSPの方が仕事が続かないと感じた時に心に留めておきたい3つの考え方をご紹介します。

1. 自身の特性を受け入れる

HSPであることは、感受性が高く、繊細な性格を持つことを意味します。これは決して悪いことではありません。まず最初に、自分自身を受け入れましょう。他の人と異なる特性を持つことは、多様性を豊かにするものであり、あなたの強みとなることもあります。自分を否定せず、自信を持って特性を受け入れましょう。

2. 仕事環境を調整する

HSPの方々にとって、騒々しい環境や過度な刺激はストレスを引き起こすことがあります。仕事環境を自分に合ったものに調整することは重要です。静かな場所で仕事をする、ヘッドフォンを使って外部の音を遮断する、タスクを適切にスケジュールするなど、自分の快適な環境を整えましょう。

3. コミュニケーションとサポートを求める

周囲の人々に自身のHSPの特性を説明し、理解を得ることは大切です。上司や同僚に自分の強みと弱みを伝え、協力を仰ぐことで、より適切なサポートを受けることができます。また、同じような特性を持つ仲間や専門家とコミュニケーションをとり、助けを求めることも有益です。

HSPであるからこそ、仕事が続かないと感じることもあるかもしれませんが、特性を受け入れ、調整し、サポートを受けることで、充実した職業生活を築くことは可能です。自分を知り、大切にし、自分らしい道を進みましょう。悩みや困難も、新たな可能性へのステップと捉えましょう。

HSPは仕事が続かないことを気にしないでOK!

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)として生まれた方々は、感受性が高く、繊細な性格を持っています。そのため、一般的な職場でのストレスや仕事の継続に関する悩みを抱えることが多いかもしれません。しかし、HSPであることはあなた自身の素晴らしい特性であり、そのままの姿でOKなのです。

「HSPだから続かない」のではなく、「誰しもが続かない現代社会」であると捉えること、そして自分のHSPとしての特性に向き合うことで、自分に合った仕事が必ず見つけられます。

そして、自分に合った仕事が一度で見つけられるとは思わないこともマインドとして重要です。自分のことほど自分では理解しきれないもので、実際にその職業・会社で働くことでしか「合う」「合わない」が判断できない場合もあるのです。

なので、「続かない」と悩むのではなく、「まだ自分に合った仕事に出会っていないだけ」という気持ちに切り替えていくことで、続けられる仕事にいつか出会えるのです。

「仕事が続けられない」と思ったときには退職代行の利用も視野に。

HSPの方で「仕事が続かない」と悩んだとき、多くの方が「潰れるまで頑張ってしまう」ことこそが問題です。「辞めたくなったら辞めた方がよい」と転職・退職を煽るわけではありませんが、本当に「続けられない」と悩んでいるのであれば、その会社・仕事から離れた方がよいです。

HSPの感受性がよくない方に作用する場面で多いのが「退職を考えているとき」です。
上司や同僚がどう思うか、迷惑をかけないか、という人の目を気にして、我慢し続ける選択を取ってしまい、結果心身の健康を損ねるまで頑張ってしまいます。

頑張ることは素敵なことです。誰もが喜んでくれるでしょう。

ですが、あなたを守れるのはあなただけです。

無理して身体を壊して、何か月も何年も休むことになってしまったら、意味がありません。

そうならないために、「退職したいが言いづらい」という場合には自分の代わりに退職手続きをしてくれ、直接上司や同僚とのやり取りもなく済ませてくれる「退職代行」を利用するのがおすすめです。

退職代行サービスについてはこちらの記事で紹介していますので、よろしければ合わせてお読みくださいませ。

まとめ

ここまで、HSPの方が「仕事が続かない」と悩んだ時に知っておいてほしい考え方について解説してきました。まとめると、以下です。

・HSP以外でも「仕事が続かない」のは普通のこと!
・仕事が続かなくても、他の可能性がある!
・自分の特性を受け入れ、まだ出会っていない「自分に合う仕事」を見つける!
・辞めるか悩んだ時には頑張りすぎない!退職代行を使ってストレスなく辞める!

もう一度言いますが、あなたを守れるのはあなただけです。

悩みをそのままにせず、一日でも早くあなたの仕事人生が充実したものにしていただくことを願っています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました