【徹底解説】HSPが「仕事できない」と感じる7つの原因と3つの対策

【徹底解説】HSPが仕事できないと感じる7つの原因と3つの解決策 仕事・会社の悩み
筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

HSP(ハイリーセンシティブ・パーソン)の方々にとって、職場での課題は決して珍しいことではありません。ストレスやプレッシャーに敏感で、なかなか仕事がうまくいかないことに対して、焦りや不安を感じることでしょう。しかし、安心してください。この記事では、HSPが仕事できないと感じる7つの原因と、それに対処するための3つの対策について詳しく解説します。

HSPの方々にとって、仕事での課題を克服するための道は存在します。この記事を読むことで、なぜHSPさんが仕事できないと感じるのか、その原因や対策を理解し、より充実したキャリアを築く手助けができるでしょう。

HSPさんが仕事できないと感じる原因や対策についての情報がここに集約されています。仕事でのストレスや課題に悩むことはもうありません。本記事では、多くのHSPの方々が抱える仕事上の悩みを根本から理解し、解決するための情報を提供します。具体的な原因と対策に焦点を当て、実用的なアドバイスをご紹介します。

この記事を読み終えることで、HSPの方々が仕事できないと感じる課題に立ち向かう自信を持ち、より充実した職場生活を送ることができるでしょう。

※当サイトはアフィリエイトリンクを含みます。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

まだ退職しておらず、退職後にすぐに就職しない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

なぜHSPさんは仕事ができないと悩んでしまうのか?

まず、なぜHSPさんが仕事ができないと感じてしまうのか、その理由について考えてみましょう。

HSPとは?

HSP、またはハイリーセンシティブ・パーソンは、高い感受性を持つ人々を指します。彼らは外部からの刺激に対して非常に敏感で、情報や感情をより深く、繊細に処理することができます。一方で、この高い感受性が仕事でのストレスや圧力につながることがあります。

なぜHSPさんは仕事ができないと感じるのか?

・過度な刺激によるストレス

HSPの方々は、過度な刺激によって疲れやストレスを感じやすい傾向があります。忙しい職場や騒がしい環境での仕事は、彼らにとって特に厳しいものとなることがあります。

・パフォーマンス不安

HSPの方々は、自己評価が非常に高い傾向があります。自分の仕事に対する期待が高まると、パフォーマンス不安が生じ、仕事の質や速さに対するプレッシャーが増します。

・対人関係のストレス

人間関係は職場で非常に重要ですが、HSPの方々は人間関係に敏感で、対人ストレスを感じることがあります。対立やコミュニケーションの困難さが仕事の障害となることがあります。

・適切な環境の欠如

HSPの方々には、静かで落ち着いた環境での仕事が適していることが多いです。しかし、そのような環境を提供してくれる職場が限られていることが課題です。

過労と疲労

高い感受性と優れた注意力からくる過労や疲労が、仕事の品質や能率に悪影響を及ぼすことがあります。

・仕事の選択と適性

仕事の選択において、HSPの方々は自身の特性を考慮することが大切です。自分に合った仕事を見つけることが、仕事での幸福感につながります。

・自己ケアの不足

自己ケアが不足すると、ストレスが蓄積しやすくなります。身体的な健康やメンタルヘルスの維持が重要です。

なぜHSPさんは仕事ができないと感じるのか?その要因とは何かを知ることは、問題を克服する第一歩です。しかし、幸いなことに、これらの課題に対処するための具体的な対策が存在します。

次章では、HSPの方々が仕事できるようになるための助言と具体的な対策について詳しく掘り下げてみましょう。

HSPさんが仕事できないと悩む原因7選

HSP(ハイリーセンシティブ・パーソン)の方々は、自分自身の感受性が高いため、仕事でのストレスや悩みを経験しやすいことがあります。では、HSPさんが仕事できないと感じる原因は具体的に何でしょうか?以下では、HSPさんが仕事できないと感じる主な7つの原因について詳しく解説します。

1. 過度な刺激

HSPの方々は、一般的な人よりも刺激に対する感受性が高いため、外部からの刺激によってすぐに過負荷になることがあります。例えば、忙しいオフィス環境、騒音、大勢の人々、強い香りなどが挙げられます。これらの刺激が過度に重なると、HSPは疲労し、集中力を維持するのが難しくなります。このため、適切な環境で仕事をすることが大切です。個別の対策としては、静かなスペースでの作業、ノイズキャンセリングヘッドフォンの利用、仕事場の環境改善などが考えられます。

2. パフォーマンス不安

HSPの人々は、自己評価が非常に高いことがあります。自己要求が非常に厳しく、完璧主義に陥りやすいです。このため、仕事の成功を期待し、それに対して強いプレッシャーを感じることがあります。パフォーマンス不安が原因で仕事できないと感じる場合、自己評価を客観的に見つめ直し、適切な目標を設定することが大切です。また、自己肯定感を高めるための方法やストレス管理技術の習得も役立ちます。

3. 対人関係のストレス

職場の対人関係は、HSPの方々にとって特に重要です。感受性が高いため、他人との関わり方やコミュニケーションがストレスの原因となることがあります。対人関係のストレスを軽減するためには、効果的なコミュニケーションスキルを磨くこと、感情管理技術を学ぶことが重要です。また、適切な境界を設定し、自分のニーズを理解してもらうことも大切です。

4. 適切な環境の不足

HSPの方々は、静かで落ち着いた環境での仕事が適していることが多いです。しかし、そのような環境を提供する職場が限られていることがあります。適切な環境の不足が原因で仕事できない場合、以下の方法が役立つかもしれません。

静かなスペースでの仕事を確保する

ノイズキャンセリングヘッドフォンの利用

仕事場の環境改善に提案を行う

時間を区切って集中的に作業する

5. 過労と疲労

高い感受性と優れた注意力からくる過労や疲労が、仕事の品質や能率に悪影響を及ぼすことがあります。HSPの方々は、適度な休息とリラックスの時間を確保することが大切です。以下の方法で疲労を軽減できます。

規則的な運動を取り入れる

メンタルヘルスのケアを行う

ストレス解消法を学ぶ

休暇を活用してリフレッシュする

6. 仕事の選択と適性

HSPの方々は、自身の特性を考慮した仕事の選択が大切です。自分に合った仕事を見つけることが、仕事での幸福感につながります。適切な職種を選ぶためには、以下のステップが役立ちます。

自身の強みと興味を明確にする

転職エージェントやキャリアカウンセラーの助言を受ける

経験やスキルを活かせる職場を探す

7. 自己ケアの不足

自己ケアが不足すると、ストレスが蓄積しやすくなります。身体的な健康とメンタルヘルスの維持が重要です。以下の方法で自己ケアを行いましょう。

規則的な運動や健康的な食事を摂る

ストレス管理技術を学ぶ

趣味やリラックスの時間を確保する

必要であれば専門家のサポートを受ける

これらの詳細な情報を参考にし、自身の状況に合った対策を選択しましょう。HSPの方々が仕事できる環境を築くために、様々な方法があります。次のセクションでは、これらの原因への対策について詳しく解説します。

HSPで仕事ができないときの対処法3つ

HSPの方々が仕事で感じるストレスや適応困難な状況に対処するための具体的な方法について、以下で説明します。

「そんなことないです」ではなく、「ありがとうございます」

HSPの方々は、自己評価が厳しい傾向があります。失敗や誤解に対して自己責任を感じ、否定的な自己評価をしやすいです。しかし、だからこそポジティブなアプローチを取ることが大切です。自分のできることや達成したことに感謝し、自己肯定感を高めるよう心がけましょう。他人からのサポートや協力に感謝の意を示すことも、ポジティブな関係構築に寄与します。

仕事でHSPの気質が活かせた経験を書き出す

HSPの方々は、繊細さや感受性を活かす仕事に向いています。自分がどのような状況で自身のHSPの特性を活かし、成功した経験があるかを振り返りましょう。感受性や注意力の高さを活かすことで、クリエイティブな解決策を提案したり、顧客と深い信頼関係を築いたりすることができるかもしれません。自分の強みを認識し、それを仕事で生かす方法を見つけましょう。

自分に合う職場環境や仕事内容を考えてみる

HSPの方々は、職場環境や仕事内容がストレスの原因となることがあります。自分に合った職場環境や仕事内容を模索しましょう。静かな環境での仕事や柔軟な労働時間が合うかもしれません。また、感受性を生かせる仕事や、他人と協力する機会が豊富な職種を検討してみることも重要です。自分に合った環境で働くことで、仕事への適応が向上し、ストレスを軽減できるでしょう。

これらの対処法を実践することで、HSPの方々は仕事でのストレスを軽減し、より充実したキャリアを築く手助けとなるでしょう。自己肯定感を高め、自身の特性を活かす方法を見つけることが成功への一歩です。

HSPが無理なく仕事をするためのコツ5選

HSPの方々が仕事を無理なくこなし、ストレスを軽減するためのコツを以下で紹介します。

1. タスクの優先順位を設定する

HSPの方々は、細部に気を配ることが得意ですが、そのために多くの情報や刺激に敏感に反応することもあります。仕事において、タスクの優先順位を設定し、重要な仕事に集中することが大切です。日々の業務を整理し、何が最優先かを明確にすることで、ストレスを軽減できます。

2. 適度な休憩を取る

HSPの方々は、疲れやストレスを感じやすい傾向があります。長時間の集中作業やストレスのたまる状況から適度な休憩を取ることが大切です。休憩を通じてリフレッシュし、集中力を保つことができます。また、瞑想や深呼吸などのリラックス法を取り入れることもおすすめです。

3. コミュニケーションスキルを磨く

HSPの方々は、感受性が高いため、人間関係においてもストレスを感じることがあります。コミュニケーションスキルを磨き、自分の気持ちや考えを適切に伝えることが大切です。また、他人の感情や意見にも理解を示し、円滑なコミュニケーションを図ることで、職場環境を改善できます。

4. 自己ケアを怠らない

HSPの方々は、自己ケアを怠ると疲れやストレスが蓄積しやすいです。睡眠や栄養、適度な運動を心がけ、身体と心の健康を保つことが重要です。定期的なリラックスタイムや趣味を楽しむことも、ストレス解消に役立ちます。

5. サポートを受ける

仕事でのストレスや問題に立ち向かうのは大変です。必要であれば、上司や同僚に助けを求めることをためらわないでください。また、専門家のカウンセリングやコーチングを受けることも考えましょう。サポートを受けることで、仕事を無理なくこなす術を学び、ストレスを軽減できます。

これらのコツを実践することで、HSPの方々は仕事を無理なくこなし、充実したキャリアを築くことができるでしょう。自分自身を理解し、適切な対策を講じることが成功への一歩です。

HSPさんが輝ける仕事の見極め方

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の方々が輝ける仕事を見つけるためには、以下のポイントを考慮することが重要です。

自分の感受性を活かせる仕事を探す

HSPの方々は、繊細で感受性が高い傾向があります。感受性を活かせる仕事、具体的には芸術、クリエイティブな職種、カウンセリング、教育などが向いていることがあります。自分が感じることや気づくことを仕事に生かすことで、充実感を得ることができます。

ストレスの少ない職場環境を選ぶ

HSPの方々は、外部からの刺激に敏感で、ストレスを感じやすいことがあります。職場環境を選ぶ際には、ストレスの少ない場所を優先しましょう。静かな環境や柔軟な労働条件が、HSPにとって適切な職場環境となります。

自分の強みと弱みを理解する

自己理解は、仕事選びにおいて重要です。自分の得意分野や強みを把握し、それを活かせる仕事を見つけることが大切です。また、自分の弱みや課題にも目を向け、それらに対処する方法を模索しましょう。自己成長を忘れずに進めることが成功への鍵です。

HSPの4つのタイプについてはこちらの記事でも紹介しています。合わせてご確認ください
▶関連記事:HSPの人は仕事どうしてるの?今の仕事、向いてないかも…。

インフォームド・キャリア・デシジョンを行う

仕事選びは慎重に行うべきです。情報を集め、将来のキャリアについて検討する際には、インフォームド・キャリア・デシジョン(情報に基づいたキャリア選択)を行いましょう。業界の動向や求人市場の情報を収集し、自分に合った職種や企業を見つける手助けになります。

キャリアコンサルタントやカウンセラーのサポートを受ける

仕事選びが難しい場合、キャリアコンサルタントやカウンセラーのサポートを受けることを検討しましょう。専門家のアドバイスを受けることで、自分に合ったキャリアパスを見つけやすくなります。

HSPの方々は、自分の特性を理解し、それを活かせる仕事環境を見つけることで、充実感を得ることができます。自己探求と情報収集を通じて、輝ける仕事を見つけ出しましょう。

HSPが仕事ができない、と悩んだら退職代行を利用するのもアリ

HSPの方で「仕事が出来ない」と悩んだとき、多くの方が「潰れるまで頑張ってしまう」ことこそが問題です。「辞めたくなったら辞めた方がよい」と転職・退職を煽るわけではありませんが、本当に「仕事ができない・・・」と悩んでいるのであれば、その会社・仕事から離れた方がよいです。

HSPの感受性がよくない方に作用する場面で多いのが「退職を考えているとき」です。
上司や同僚がどう思うか、迷惑をかけないか、という人の目を気にして、我慢し続ける選択を取ってしまい、結果心身の健康を損ねるまで頑張ってしまいます。

頑張ることは素敵なことです。誰もが喜んでくれるでしょう。

ですが、あなたを守れるのはあなただけです。

無理して身体を壊して、何か月も何年も休むことになってしまったら、意味がありません。

そうならないために、「退職したいが言いづらい」という場合には自分の代わりに退職手続きをしてくれ、直接上司や同僚とのやり取りもなく済ませてくれる「退職代行」を利用するのがおすすめです。

退職代行サービスについてはこちらの記事で紹介していますので、よろしければ合わせてお読みくださいませ。

まとめ

ここまで、HSPの方が「仕事ができない」と悩んだ時に知っておいてほしい考え方について解説してきました。まとめると、以下です。

・HSPは高い感受性によって悩みやすい!
・自分の特性を受け入れ、まだ出会っていない「自分に合う仕事」を見つける!
・辞めるか悩んだ時には頑張りすぎない!退職代行を使ってストレスなく辞める!

もう一度言いますが、あなたを守れるのはあなただけです。

悩みをそのままにせず、一日でも早くあなたの仕事人生が充実したものにしていただくことを願っています。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。
よろしければ合わせてお読みください。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる
タイトルとURLをコピーしました