退職代行を使うのは頭おかしい?やばい?否定的な意見と対策を徹底解説

退職代行を使うのは頭おかしい?やばい?否定的な意見と対策を徹底解説 退職代行について

・退職代行を使うのって頭おかしい‥?

・退職代行を使うのはやばいの…?
・退職代行を使うことで追う思われるか不安…

本記事では、こんなお悩みが解決できます。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

近年、退職代行を使って会社を辞める人が増えていますが、ネットやX(旧:Twitter)を見ると、「退職代行は頭がおかしい」「退職代行はやばい」という意見も見受けられます。

そこで本記事では、「退職代行を使うことは頭がおかしいことのか?やばいことなのか?」という意見を持っている人が何故そのような意見を持っているのか、また肯定的な意見を持っている人は何故肯定的なのかを解説していきます。

<この記事でわかること>
・退職代行を頭がおかしいと言う人の意見
・退職代行を頭がおかしいと言われる理由
・退職代行を使っても頭がおかしいと思われないための対策

※本サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

▼筆者がおすすめする退職代行ランキングTOP3の退職代行サービスはこちら▼

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

  1. 退職代行を使う人を「頭がおかしい」「やばい」と思う人の意見
    1. 「仕事舐めすぎ」という意見
    2. 「お金をかけてまで辞めるのは頭おかしい」という意見
    3. 「人伝に聞いて自分に仕事のしわ寄せが来るのが頭おかしい」という意見
    4. 「自分で退職しますと言えないのが頭おかしい」という意見
  2. 退職代行を使ってよかったという人の意見
    1. 「自分の心を守ることが出来た」という意見
    2. 「会社の本性も明らかになった」という意見
    3. 「自分だけだったら負けていた」という意見
  3. 退職代行を使うことが「頭がおかしい」「やばい」と言われる理由
    1. 自分で辞めると言わないのは失礼だから
    2. 急に退職するのは無責任で残る社員に迷惑がかかるから
    3. 会社を辞めないのが美徳と考えているから
    4. 自分たちに悪いところがあると自覚できていないから
    5. 退職代行サービスが違法ではないかと思われているから
  4. 【使ってOK】退職代行を利用したくなる会社・環境にも問題がある!
    1. 労働者には会社をやめる権利がある
    2. 退職を言い出しづらい環境を作った会社側にも問題がある
    3. 会社に問題がなくても「合わない」ことはある
    4. 無理に仕事を続けて精神的に病むと取り返しがつかない
  5. 退職代行を使っても頭がおかしいと思わせない対策3つ
    1. 引継ぎ書を作成する
    2. 自分の状況にあった退職代行サービスを選ぶ
    3. 退職後に会社のことを悪く言わない
  6. おすすめ退職代行サービス3選
    1. 退職代行CLEAR(クリア)
    2. 退職代行モームリ
    3. 退職110番
  7. まとめ

退職代行を使う人を「頭がおかしい」「やばい」と思う人の意見

退職代行サービスは、仕事を辞める際に手続きや面倒な手続きを代行してくれる便利なサービスですが、一部の人たちはこれを利用する人々に対して否定的な意見を持っています。その理由やその意見に対する対策について徹底解説していきます。

「仕事舐めすぎ」という意見

「お金をかけてまで辞めるのは頭おかしい」という意見

「人伝に聞いて自分に仕事のしわ寄せが来るのが頭おかしい」という意見

「自分で退職しますと言えないのが頭おかしい」という意見

退職代行を使ってよかったという人の意見

退職代行サービスを利用して良かったと感じる人々も多くいます。これには様々な理由があり、その中からいくつかのポイントを挙げ、その良さに焦点を当ててみましょう。

「自分の心を守ることが出来た」という意見

「会社の本性も明らかになった」という意見

「自分だけだったら負けていた」という意見

退職代行を使うことが「頭がおかしい」「やばい」と言われる理由

退職代行を利用することに対して、「頭がおかしい」「やばい」という否定的な意見が存在します。これには様々な理由があり、その根本にある考え方や懸念事項について詳しく見ていきましょう。

<頭がおかしい・やばいと言われる理由>
・自分で辞めると言わないのは失礼だから
・急に退職するのは無責任で残る社員に迷惑がかかるから
・会社を辞めないのが美徳と考えているから
・自分たちに悪いところがあると自覚できていないから
・退職代行サービスが違法ではないかと思われているから

自分で辞めると言わないのは失礼だから

一部の人は、自分で退職の意思を伝えずに代行業者を通じて辞めることを「失礼だ」と捉えています。

伝統的な日本の職場文化では、直接上司や同僚に退職の意思を伝え、感謝の意を述べることが当たり前とされており、「退職したいということすらも自分で言えないのか」という否定的な考えを持つことがあります。

はたらきGUY
はたらきGUY

古い価値観ですし、自分の当たり前を当たり前として押し付けているだけです。自分で言い出しづらい環境を作ってしまっているという自覚すら持てていないのでしょう。

急に退職するのは無責任で残る社員に迷惑がかかるから

急な退職は、残る社員に業務の引継ぎや穴埋めの難題を残す可能性があります。このことから、「無責任で迷惑がかかる」という意見が存在します。

はたらきGUY
はたらきGUY

事実、迷惑がかかることは否めません。私も管理職をしているので気持ちはわかります。しかし、業務が円滑に回るように人員体制や業務量を調整するのは会社側の責任です。一人が辞めることで影響が大きく出てしまう組織運営になっているのは会社側の責任です。

会社を辞めないのが美徳と考えているから

一つの企業に長く勤め続けることを美徳と考え、会社を辞めないことが社会的な価値観に合致すると考えている人が一定数います。

はたらきGUY
はたらきGUY

こちらも古い価値観です。終身雇用・年功序列の雇用が主流ではなくなってきていますし、会社が従業員の雇用や幸福を保証してくれるわけではありません。

現代の労働市場では、一つの企業に長く勤め続けることが美徳であるという価値観が変化しています。異なる経験を積むことが、個々の成長やスキルの向上に寄与することを理解しましょう。自身のキャリアパスに合った選択を尊重すべきです。

1社に勤め続けることで幸せになれるのであれば越したことはありませんが、あなたの人生はあなたのものです。人の価値観で美徳とされていることよりも、自身の幸せを大切にしましょう。

自分たちに悪いところがあると自覚できていないから

経営者や管理職の人間ほど、退職代行を利用された時に、「自社や自組織に悪いところがあった」とは考えずに「退職した人が悪かった」と決めつけます。

どんなに良い会社・良い組織であったとしても、万人にとって良い会社にはなり得ません。成長している会社が合うと感じる人もいれば、安定して変化が少ないことを合うと感じる人もいます。

そしてこれは人間関係絵も同様です。

退職代行を使う人自身に問題がある場合ももちろんありますが、「会社側も自分達にも改善すべき点がある」と感じられない会社はきっと衰退していきますし、良い会社とは言えないのではないでしょうか。

はたらきGUY
はたらきGUY

何においてもそうですが、どちらかが100%正しく、どちらかが100%悪い、ということはほとんどありません。

退職代行サービスが違法ではないかと思われているから

また、一部の人は、退職代行サービスが違法ではないかと疑念を抱いています。労働法や企業の倫理に反するものではないかという不安が背景にあります。

退職代行業者を選定する際には、信頼性や合法性を確認することが不可欠です。業者の評判や実績を調査し、信頼できるサービス提供者を選ぶことで、法的な問題を回避できます。

退職代行を使うことに対する否定的な意見には様々な理由がありますが、ほとんどが個人の価値観によるものです。貴方自身も同じ価値観であれば退職代行の利用は避け、自分で退職交渉をすればよいですが、自分は退職代行は悪いことでもなんでもなく、「頭がおかしい」「やばいこと」だと思わないのであれば、利用すればよいと思います。

それぞれが違った価値観や意見を持っているのが当たり前なので、自分が思う最良の手段を択べばよいと思います。

【使ってOK】退職代行を利用したくなる会社・環境にも問題がある!

続いては退職代行の利用に対して肯定的な意見を持つ人が考える理由を解説していきます。

<退職代行を使ってOK!と考える理由>
・労働者には会社をやめる権利があるから
・退職を言い出しづらい環境を作った会社側にも問題があるから
・無理に仕事を続けて精神的に病むと取り返しがつかないから

労働者には会社をやめる権利がある

労働者には、仕事を辞めるという権利があります。しかし、一部の企業や社会では、この権利が制約され、労働者が自由に退職を選択することが難しい場合があります。

民法627条では以下のように記されています。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

参照:民法

簡単に言い換えると、「退職をするのは労働者の自由で、申し出たら2週間後に退職できる」ということです。

会社が退職届を受理してくれない、などのトラブルも耳にしますが、完全に違法行為です。私たちには会社を辞める権利がある、ということを覚えておきましょう。

退職を言い出しづらい環境を作った会社側にも問題がある

一部の企業では、退職を言い出しにくい雰囲気や環境が形成されている場合があります。

上司との人間関係もそうですが、経営者や上司の気性が荒く、退職の申し出をしたら怒鳴られるなども典型的な例の一つです。結果として労働者が自分の意志を表明しにくく、結果として代行サービスの利用が増える原因となります。

現代社会では働き手の多様性が認められ、それぞれの会社に対する希望も異なります。この希望全ての応えることは難しいですが、「希望を言える環境」を作り、会社側と労働者の間でオープンかつ透明なコミュニケーションが確立されなければなりません。

労働者が退職を検討する場合、その理由や希望をまずは「聞く」という耳を持てば、希望を叶えてくれなかったとしても良好な関係性を築くことは出来ます。

環境を作ることは会社にしか出来ないことですので、会社側にも責任はあります。

会社に問題がなくても「合わない」ことはある

会社に明確な問題がなくても、仕事環境が自身に合わないと感じることがあります。

会社と労働者の双方が適性とフィット感を大切にし、相互に理解し合うことが必要です。適切な人材配置やコミュニケーションの充実は、労働者が安心して働くことを可能にします。

会社に求めることはその人それぞれで千差万別です。会社側に問題がなかったとしても、希望と合わないことやズレていくことは発生します。

はたらきGUY
はたらきGUY

共働き世帯が増えている中で、ライフステージの変化によっても働き方の希望・仕事内容の希望など、変化することは当たり前なのです。

「合わないことはある」と認識を持つことが重要です。

無理に仕事を続けて精神的に病むと取り返しがつかない

自分に合わない環境で無理に仕事を続け、その結果として精神的な健康を害することは避けるべきです。精神的な健康が損なわれれば、取り返しのつかない状態に陥る可能性があります。

企業は労働者の健康を最優先に考え、柔軟な働き方やメンタルヘルスのサポート体制を整えることが求められます。労働者が健康で働き続けることは、企業にとっても利益に繋がる要素です。

辛い環境でストレスを溜めて働き続けることは、その後の人生に大きな悪影響を与えます。

うつ病を患ってしまう人も少なくありません。最悪の場合には自殺をしてしまう人がいることも忘れてはいけません。

はたらきGUY
はたらきGUY

そもそも、「倒れるまで働くことが美徳」なのでしょうか。退職代行を「逃げ」のように感じる人も少なくないですが、倒れるまで働くことは美徳でもなんでもありません。

例えばですが、スポーツ選手でもケガをしてまでプレーし続けませんよね?万全の状態を作るために、時には休息も必要ですし、ケガをしないように万全を期していきます。はたまたケガをしそうなプレーはせずに割けます。

会社員でも同じです。無理をして身体を壊す前に、そうならないように対策を取るのは、当たり前の事ではないでしょうか。

退職代行を使っても頭がおかしいと思わせない対策3つ

退職代行を利用することに対して否定的な意見がある中、その使い方に注意すれば、周囲に頭がおかしいと思われることは避けられます。ここでは、具体的な対策として、退職代行を利用する際に留意すべき3つのポイントを紹介します。

引継ぎ書を作成する

退職を決意したら、引継ぎ書を作成することで会社や残される人への迷惑を最小限にとどめることが出来ます。業務の詳細や進捗状況、未解決の課題などを丁寧にまとめ、後任者や関係者がスムーズに業務を引き継げるように心がけましょう。

退職代行を利用する場合の引継ぎについては以下の記事でも詳細にまとめています。合わせてご確認ください。

自分の状況にあった退職代行サービスを選ぶ

適切で信頼性のある退職代行サービスを選ばないと、退職代行業者と会社間でのやり取りがトラブル化する恐れがあります。

退職代行業者の対応によって会社側に不信感を与えてしまう恐れがあるため、退職代行サービスは適切なサービスを選ぶ必要があります。

退職代行サービスを選ぶ基準については以下の記事でも詳細に解説しています。

退職後に会社のことを悪く言わない

退職後に会社のことを悪く言うと、退職代行を利用したことで「頭がおかしい」「やばい」と言われる場合があります。

退職後に会社のことを悪く言うことは、自身の評価や信頼性を損なう要因となります。転職先や友人、SNSなどで前職のことを悪く言うことは避けましょう。

会社や環境に不満がある場合、それを退職代行のせいにするのではなく、問題の解決に向けて積極的に動くことが大切です。個別の問題を解決することで、不満の原因が明確化され、後々のトラブルを防ぐことができます。

おすすめ退職代行サービス3選

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

退職代行CLEAR(クリア)

退職代行CLEAR

退職代行CLEARは日本労働基準組合という労働組合が運営する退職代行サービスです。法適合の労働組合で、全国5万件以上の退職実績(退職成功率100%)を誇ります。

料金も私が知る中では最安の退職代行サービスで、万が一会社との交渉が必要になった場合でも代理権をもって交渉してくれるため、金額の安さと安全性を両立しているサービスと言ってよいでしょう。

【退職代行CLEARの基本情報】

運営     日本労働基準組合(労働組合)
料金     18,000円(正社員・派遣・契約社員)/11,000円(アルバイト・パート)
対応の早さ  〇(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカードまたは銀行振込/前払いのみ
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能

退職代行モームリ

退職代行モームリ

退職代行モームリは株式会社アルバトロスという民間企業が運営・管理をしていますが、2名の弁護士が業務監修をし、労働組合と提携をしている法適合の退職代行サービスです。

退職代行モームリの特徴は、「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供

退職率は100%を継続している中ですが、万が一希望通りに退職できなかった場合には全額返金をしてくれる他、後払いでの支払い方法や、業界初の来店・オンライン対応なオプションを用意。また、社会保険給付金受給サポート、転職サポートなど、利用者が安心して次のステップに進めるようにサービスを整えています。

【退職代行モームリの基本情報】

運営     株式会社アルバトロス
料金     22,000円(正社員)/12,000円(アルバイト)
対応の早さ  ◎(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い/後払い可能
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能
その他特徴  転職サポート/社会保険給付金受給サポートあり

退職110番

退職110番

退職110番は弁護士法人あおばが運営する退職代行サービスです。

弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感と、退職意思の伝達以外の「有給休暇の調整・交渉」や「未払い残業代・退職金の交渉」まで代理で行ってくれる点が魅力の弁護士が運営するサービスの中では料金が比較的安いのが特徴です。

また、運営の弁護士法人あおばは労働問題を専門としており、代表の相川氏は弁護士資格だけでなく社会保険労務士の資格も持っており、労働者の権利について熟知していると言ってよいでしょう。

退職意思の伝達だけでなく、会社側への請求・交渉まで必要な場合には、退職110番の利用がおすすめです。

【退職110番の基本情報】

運営     弁護士法人あおば
料金     43,800円(正社員・アルバイト・パート一律)
対応の早さ  △(お問い合わせフォームより申し込み後、弁護士より連絡)
対応範囲   退職意思の伝達/退職書類の作成・請求/有給休暇の取得申請・交渉/

       残務引継ぎの調整交渉/退職日の調整/残業代・未払い給与・退職金・
       慰謝料の請求
       ※残業や給与の未払い金請求、退職金請求、ハラスメントによる慰謝料、
        労働災害保険の申請など、通常の退職代行内容とは異なる
        「金銭が絡む請求」については、契約費用とは別に成功報酬が発生。
24時間対応  なし
支払     クレジットカード/前払いのみ
相談方法   電話・メール
その他    退職できなかった場合、全額返金制度あり

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、「退職代行を使うことは頭がおかしいことのか?やばいことなのか?」という意見を持っている人が何故そのような意見を持っているのか、また肯定的な意見を持っている人は何故肯定的なのかについて解説してきました。

退職を考えて色々と不安になっているのであれば、無料相談をしてみることをおすすめします。退職代行サービスは無料相談後に「やっぱり退職しない」という結論を出してもOKなので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。よろしければ合わせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの働く時間が、1秒でも早く充実した時間になりますように。

タイトルとURLをコピーしました