【体験談】退職代行は裏切り?恨まれる?|部下に退職代行を使われた実体験を公開

退職代行は裏切り?恨まれる? 退職代行について

・退職代行を使うと恨まれる…?

・退職代行を使うのは裏切りなの…?

本記事では、こんなお悩みが解決できます。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

近年、退職代行を使って会社を辞める人が増えていますが、退職代行を使おうか悩む理由の一つが「退職代行を使ったら会社や上司からどう思われるのか心配」という点です。

そこで本記事では、「退職代行を使うと恨まれるのか」「退職代行を使うことは裏切りと思われるのか」という疑問を解消します。実際に部下に退職代行を使われた経験を筆者の経験から、解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

<この記事でわかること>
・退職代行を恨まれる理由
・退職代行を使われた会社側の反応
・退職代行を部下に使われた筆者が思うこと

※本サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

▼筆者がおすすめする退職代行ランキングTOP3の退職代行サービスはこちら▼

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

退職代行サービスの利用で会社から恨まれる可能性はある

結論からお伝えすると、退職代行サービスを使うと会社から恨まれる可能性があります。

退職代行を利用することでストレス減らせたり、有給休暇を取れたり、場合によってはまとまった金額を得られたりと、メリットが多くあります。

一方で、退職代行を利用することのデメリットとして、「元先輩や上司との関係性が悪くなる」ということも。

退職代行の利用を迷う方の大半が、このデメリットの影響を考えてしまいます。これ自体は普通のことで、責任感があるからこそ迷うのです。では、なぜ恨まれてしまうのか、理由を詳しく見てみましょう。

また、退職代行を使うメリットとデメリットについて解説した記事は以下になります。合わせてお読みくださいませ。

退職代行を使って恨まれる理由

退職代行を使って恨まれる一番の理由は「退職代行を使うと即日退職してしまう」ためです。

会社側からすると、どうしても逃げるような退職に捉えられてしまうことから「無責任である」と判断される可能性もあります。

また、業務上のしわ寄せが上司や同僚に行ってしまうこともあります。特に上司の立場からすると、その気持ちは強くなるのです。

<退職代行を使って恨まれる理由>
・引き継ぎ書を残さずに辞めるから
・重要な仕事の途中で突然辞めるから
・残る社員に迷惑がかかるから
・自分たちに悪いところがあると自覚できていないから

引き継ぎ書を残さずに辞めるから

退職代行を使うこと、それ自体に対して恨むという会社や人もいますが、より細分化して考えたときの一つ目の理由が「引継ぎ書を残さずに辞めるから」です。

引継ぎがされずに辞められることで、残された人の業務負担が増してしまう可能性があります。また、場合によっては取引先とのやり取りに影響してしまい、会社に損害を与えてしまうことも。

引継ぎを全て完結してから辞める、というのが理想ですが、それが出来ないからこそ退職代行を使うはず。とはいえ、すべての引継ぎが出来ないなりにも「引継ぎ書」の形で残さないと、恨まれたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性があるので、注意が必要です。

退職代行を使った引継ぎについては以下の記事でも詳細を解説していますので、合わせてお読みください。

重要な仕事の途中で突然辞めるから

会社にとって重要な仕事の途中で突然辞めた場合、恨まれる可能性は高くなります。

突然退職した後、本人の代わりを用意ができない場合や、取引先との契約が解除されると、会社にとっても大きな損失です。

あなたにしかできない仕事だと思って重要な仕事を任せているからこそ、無責任だと感じやすく、裏切られた、という気持ちを抱かれてしまうでしょう。

残る社員に迷惑がかかるから

残される社員の立場としても、これまでにあなたがいる中で業務をしていた環境から、1人減るため、単純に仕事量自体は多くなります。

はたらきGUY
はたらきGUY

仕事量の調整は上司の仕事ですが、突然の退職では人員補充や業務量を減らすことは難しいです。

残る社員には少なからず迷惑がかかる上に、退職代行を利用すると退職した理由も明かさられないことがほとんどのため、「なんで私がこんなに大変な思いをしないといけないの?」と恨まれてしまうこともあるでしょう。

自分たちに悪いところがあると自覚できていないから

経営者や管理職の人間ほど、退職代行を利用された時に、「自社や自組織に悪いところがあった」とは考えずに「退職した人が悪かった」と決めつけます。

どんなに良い会社・良い組織であったとしても、万人にとって良い会社にはなり得ません。成長している会社が合うと感じる人もいれば、安定して変化が少ないことを合うと感じる人もいます。

そしてこれは人間関係も同様です。

退職代行を使う人自身に問題がある場合ももちろんありますが、「会社側も自分達にも改善すべき点がある」と感じられない会社はきっと衰退していきますし、良い会社とは言えないのではないでしょうか。

はたらきGUY
はたらきGUY

何においてもそうですが、どちらかが100%正しく、どちらかが100%悪い、ということはほとんどありません。

退職代行を利用された会社の反応

退職代行を利用された会社側の反応は大きく分けて以下の4パターンです。

<退職代行を利用された会社の反応>
・感情的になる
・特に何も思わない
・人員の心配をする
・労務環境を是正する

それぞれ開設していきます。

感情的になる

一つ目の反応は「感情的になる」という反応です。

退職代行を使われたときの反応の多くが、「あいつは逃げた」などと感情的に否定的な意見を持つことです。

・急に辞めるなんて無責任だ!
・自分で「退職したい」とも言えないのか!
・退職代行を使って辞めるなんて「逃げ」だ!

一部の人は、自分で退職の意思を伝えずに代行業者を通じて辞めることを「失礼だ」と捉えています。

伝統的な日本の職場文化では、直接上司や同僚に退職の意思を伝え、感謝の意を述べることが当たり前とされており、「退職したいということすらも自分で言えないのか」という否定的な考えを持つことがあります。

はたらきGUY
はたらきGUY

古い価値観ですし、自分の当たり前を当たり前として押し付けているだけです。自分で言い出しづらい環境を作ってしまっているという自覚が出来ていないのです。

特に何も思わない

二つ目の反応は、「特に何も思わない」です。

・退職代行を使われることに慣れている
・重要な人材だと思っていない
・人手が余っている

特に何も思われない状態を書き出してみましたが、どれも良くない会社の特徴です。

はたらきGUY
はたらきGUY

怒り狂ったり、恨まれたりするのも嫌ですが、ここまで人材に興味がない会社だと、辞めてしまうのも一つの正解かと思います。

人員の心配をする

3つ目の反応は「人員の心配をする」という反応です。

多くの人は始めて退職代行を使われた時にはショックを受けます。すぐに人員の心配を出来るのは、退職代行を使われ慣れている人か、あえて理性的に、合理的に考えるようにしている人かに分かれます。

前者は論外ですが、後者だった場合には、実は良い会社を辞めてしまったのかもしれません。

労務環境を是正する

4つ目の反応は、退職代行を使って退職者が出たことを自社の問題として捉え、労務環境の是正に乗りだす、という反応です。

・退職代行での退職者が出たが、上司や同僚との関係性が悪かったのか?
・ジョブローテーションや社内公募制度を導入してみようか
・管理職へのマネジメント研修を実施しよう

実際のところ、こういった会社は多くはありません。

ですが、退職代行での退職者が出ることで「問題がある」と気付けるチャンスに捉えることもできます。

はたらきGUY
はたらきGUY

こういった会社が増えていけば、退職代行を利用する人は減るのでしょうが、残念ながらこういう会社は1%にも満たないでしょう。

【体験談】実際、会社は恨んでいる?|退職代行を利用された心境

続いては私自身の体験談です。

私は大手人材系企業でマネジメントをしていますが、自分の部下に退職代行を2回使われたことがあります。幸い、私の会社は「労働環境を是正する」タイプの会社でして、退職代行を使われることは会社側にも責任がある、というスタンスの会社です。

そんな会社ですから、退職代行を使われた時には「上司の責任」とも言われているように、激詰めされます(苦笑)

はたらきGUY
はたらきGUY

初めて退職代行を使われた時には、軽く病みました(苦笑)

それではそれぞれのエピソードをご紹介します。

入社2年で退職代行を利用した26歳男性の話

まずは私が営業として働いていたときの話です。

8人の部方のマネジメントをしていた時、26歳の男性メンバーMさんが、会社に来ませんでした。本人に連絡するも電話に出ず、「事故にでも逢ったんじゃないか…」と心配していたところ、私の携帯電話に1本の電話が。

退職代行業者
退職代行業者

お世話になっております。私、退職代行●●の佐藤と申します。御社で勤務されているMさんの退職の件で、Mさんの代理でご連絡をしました。

はたらきGUY
はたらきGUY

はい。えっ、Mさんの代理、ですか?

退職代行業者
退職代行業者

はい。Mさんより御社を退職したいとのことで、代理でご連絡を差し上げました。●●様(はたらきGUYの本名)の携帯電話でよろしかったでしょうか。

はたらきGUY
はたらきGUY

はい。●●(はたらきGUYの本名)です。

退職代行業者
退職代行業者

ありがとうございます。この度ですね、退職希望の旨と、それに伴い本日より出勤できない旨をご本人様に代わりお伝えをさせていただきます。退職の手続きについてお伺いしたいのですが、退職届の提出は必要でしょうか?

はたらきGUY
はたらきGUY

あ、えーっと、一度確認して折り返しでもよいでしょうか?

退職代行業者
退職代行業者

かしこまりました。では折り返しのご連絡、お待ちしております。

という感じで、一旦電話を切って上司に報告・相談をしました。

上司からMさんに電話をしても出ず、もうMさんの退職は止められない、という判断になったので、人事側で退職代行業者とのやり取りなどはしてもらうことに。

私も上司も人事も朝からバタバタしていたので他のメンバーたちは不信に思ったのか、「Mさんは今日お休みですか?」とMさんと仲が良かったメンバーから質問されたりと、気まずい時間でした。

人事より退職理由を聞いてもらっても「一身上の都合で」としか返答してもらえなかったとのことで、何が退職の原因だったか、なぜ直接の申し出ではなく退職代行を使ったか、教えてもらうことすらできなかったのです。

このとき、私自身まず思ったのは、以下です。

・退職代行を使うほどに追い込んでしまっていたのか、とショックを受けた
・Mさんとの人間関係は上手くできていたと思っていたが、自信を失った
・Mさんが退職代行を使って退職した、と知ったメンバーたちもショックを受けないか

そのあとは怒涛の忙しさでした。

・Mさんが対応予定だった取引先のスケジュールと担当を自分と部下に割り振り
・急に担当が変わったことに対しての取引先の不安を解消するために訪問対応
・メンバーたちに負荷がかかりすぎないように業務量を調整

・上司からはマネジメント能力を確かめるためにヒアリング(事情聴取)をされる

はたらきGUY
はたらきGUY

このときは、正直かなり精神的にきつかったです。ですが、2週間もたてばMさんがいない環境に私も他のメンバーも慣れてしまい、Mさんがいない中で日常に戻っていきました。

退職代行を使ったとしても、会社側に負担がかかるのは2週間程度で、それ以降には特に恨んだりすることもないです。時間が経てば経つほど、普通に退職したのと変わりなく受け入れられていくのでしょう。

入社1か月で退職代行を利用した30歳女性の話

2人目は現在のマーケティングの部署で退職代行を使って辞めた30歳女性の話です。

割と最近の話で、2023年6月に中途採用でマーケティング経験者のSさんを採用したのですが、その方はわずか1か月で退職代行を使って退職されました。

退職代行業者が人事宛に連絡をしたため、退職代行のやり取りは私が直接しておらず、という状況でした。

弊社は9時から始業で、リモートワークの環境だったため、朝チャットで出勤報告をしていたのですがその日はSさんからの出勤連絡がなく、「寝坊かな?」と思っていたところ、人事から1本のメールが。

「Sさんが退職代行を使われて本日付けで退職となりました。以降、Sさんに直接連絡をするのは控えてください」

心臓がバックンという音を立てました。すぐ上司に共有・相談したところ、原因を人事に聞いてもらおう、ということに。

人事から代行会社経由で退職理由や何が原因かを聞いてもらったのですが、その回答は「自分のスキル不足で、やっていけないと思ったから」と共有を受けました。

はたらきGUY
はたらきGUY

いくら経験者とは言え、入社1か月でバリバリに活躍してもらえるとは思ってませんし、マーケティングの仕事は業務範囲が広いです。「使っていたツールも違う中で、色々徐々に覚えていきましょう」って話してたやん!というのが率直な感想です。

不幸中の幸いですが、Sさんはまだ研修中だったので業務の引継ぎは特に発生しませんでしたが、業務レクチャーをしていたメンバーや私には疲労感だけが残ることに。

上司とも振り返りをしたところ、マネジメントというよりは「合わない人を採用してしまった」という「採用ミス」という結論に落ち着きました。

はたらきGUY
はたらきGUY

Sさんは自分への期待を自分自身で大きくしすぎてしまい、それを上司とすり合わせが出来ていなかった、というセルフマネジメントに課題がある、ということに私たちは振り返りましたが、それを気付けずに辞めてしまったことだけが心残りです。

退職代行を使っても恨まれているかどうかはわからない

退職代行を使っても恨まれるかどうか、裏切りだと思われるかどうかは、わかりません。

私自身が2度の退職代行を使われた経験から考えると、恨まれるかどうかは以下のポイントによると思います。

<恨まれるかどうかのポイント>
・会社や上司との関係性
・上司が自責と捉えるかどうか
・辞めたときの影響度
・辞めた後の上司や同僚が置かれる環境

どれも自分だけでコントロールできるものではなく、「上司が自責と捉えるかどうか」なんて、完全に相手側の感情の問題です。人間性や考え方、そしてその時の相手の状況によっても受け取り方は変わります。

これを全てコントロールして辞めるのは不可能なので、恨まれるかもしれないし、恨まれないかもしれない、それは自分ではなく相手のみがあずかり知ることだ、と思うのが重要です。

退職代行を使うと会社側と連絡を取ることは一切ない

恨まれているかどうかはわからない、という理由の一つは、「直接恨まれているかを聞く機会がないから」です。

会社と直接やり取りをしたくないからこそ退職代行を利用しますが、直接やり取りがないから、相手がどう思っているかを知ることも当然ながら出来ません。

自分の想像の中だけで恨まれているかどうかは完結出来ますので、「特に気にされていない」という想像や「あなたを退職させてしまったことを悔やんでいる」想像をすればよいのです。

恨みを持つのは会社ではなく、個人

よく「会社に恨まれるのではないか」という心配をされる方が居ますが、恨むのは「会社」ではなく、「個人」です。会社という不特定多数の集合として考えるのではなく、あなたと直接かかわっていた数名の個人として考えましょう。

その個々人がどう思っているかを知る術はありませんので、自分の想像の中でどう思っているかを自由に想像してよいのです。

あなた自身の幸せを最優先に

最後は「恨まれていたとしても関係ない」という心持ちになる考え方です。

辞めたいと思っている会社の人にどう思われるかよりも、辞めることで得られる幸せや未来のことを考える時間を大切にしましょう。

責任感、なんて言葉で人を縛り付けてくる人が多いですが、あなた自身の人生の責任はあなたにしかとれません。会社があなたの人生の責任を取ってくれないのは当たり前なので、自分の幸せを最優先に考えて行動するのが一番です。

恨まれないために選ぶべき退職代行サービス3選

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

退職代行CLEAR(クリア)

退職代行CLEAR

退職代行CLEARは日本労働基準組合という労働組合が運営する退職代行サービスです。法適合の労働組合で、全国5万件以上の退職実績(退職成功率100%)を誇ります。

料金も私が知る中では最安の退職代行サービスで、万が一会社との交渉が必要になった場合でも代理権をもって交渉してくれるため、金額の安さと安全性を両立しているサービスと言ってよいでしょう。

【退職代行CLEARの基本情報】

運営     日本労働基準組合(労働組合)
料金     18,000円(正社員・派遣・契約社員)/11,000円(アルバイト・パート)
対応の早さ  〇(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカードまたは銀行振込/前払いのみ
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能

退職代行モームリ

退職代行モームリ

退職代行モームリは株式会社アルバトロスという民間企業が運営・管理をしていますが、2名の弁護士が業務監修をし、労働組合と提携をしている法適合の退職代行サービスです。

退職代行モームリの特徴は、「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供

退職率は100%を継続している中ですが、万が一希望通りに退職できなかった場合には全額返金をしてくれる他、後払いでの支払い方法や、業界初の来店・オンライン対応なオプションを用意。また、社会保険給付金受給サポート、転職サポートなど、利用者が安心して次のステップに進めるようにサービスを整えています。

【退職代行モームリの基本情報】

運営     株式会社アルバトロス
料金     22,000円(正社員)/12,000円(アルバイト)
対応の早さ  ◎(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い/後払い可能
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能
その他特徴  転職サポート/社会保険給付金受給サポートあり

退職110番

退職110番

退職110番は弁護士法人あおばが運営する退職代行サービスです。

弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感と、退職意思の伝達以外の「有給休暇の調整・交渉」や「未払い残業代・退職金の交渉」まで代理で行ってくれる点が魅力の弁護士が運営するサービスの中では料金が比較的安いのが特徴です。

また、運営の弁護士法人あおばは労働問題を専門としており、代表の相川氏は弁護士資格だけでなく社会保険労務士の資格も持っており、労働者の権利について熟知していると言ってよいでしょう。

退職意思の伝達だけでなく、会社側への請求・交渉まで必要な場合には、退職110番の利用がおすすめです。

【退職110番の基本情報】

運営     弁護士法人あおば
料金     43,800円(正社員・アルバイト・パート一律)
対応の早さ  △(お問い合わせフォームより申し込み後、弁護士より連絡)
対応範囲   退職意思の伝達/退職書類の作成・請求/有給休暇の取得申請・交渉/

       残務引継ぎの調整交渉/退職日の調整/残業代・未払い給与・退職金・
       慰謝料の請求
       ※残業や給与の未払い金請求、退職金請求、ハラスメントによる慰謝料、
        労働災害保険の申請など、通常の退職代行内容とは異なる
        「金銭が絡む請求」については、契約費用とは別に成功報酬が発生。
24時間対応  なし
支払     クレジットカード/前払いのみ
相談方法   電話・メール
その他    退職できなかった場合、全額返金制度あり

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、「退職代行を使うと恨まれる?」という疑問について解説してきました。

退職を考えて色々と不安になっているのであれば、無料相談をしてみることをおすすめします。退職代行サービスは無料相談後に「やっぱり退職しない」という結論を出してもOKなので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

退職代行サービスのおすすめランキング15選を以下記事でまとめています。よろしければ合わせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの働く時間が、1秒でも早く充実した時間になりますように。

タイトルとURLをコピーしました