弁護士の退職代行で安いところはどこ?最安値は19,800円!料金相場・対応範囲を徹底解説!

弁護士の退職代行で安いところはどこ? 退職代行について

・退職代行を使うなら弁護士が良いって聞いたけど、どこが安いの?

・残業代請求をしたいけど、どこが一番安く済ませられる?

退職代行の情報は世に溢れており、「弁護士の退職代行を選べば間違いない」という人も多いです。

ですが実際の口コミを見てみると「弁護士の退職代行を使ったけど、弁護士使う意味なかった」や「高くついた」という意見が多くあります。

そこで本記事では、弁護士の退職代行を選ぶ上での注意点と、弁護士の退職代行サービスの選び方、おすすめサービスの特徴から評判・口コミまでまとめて解説します。

この記事を最後まで読めば、自分に合った退職代行サービスが選べるようになります。

退職代行を使って後悔しないために、ぜひ最後までお読みください。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

本記事を最後まで読む時間がない!という方向けに、筆者がおすすめする弁護士の退職代行サービス3選を先にご紹介します。

▼筆者がおすすめする弁護士退職代行サービス3選▼

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

弁護士法人ガイアの退職代行

弁護士法人ガイア


退職意思の伝達から有給休暇の取得交渉、未払い残業代や退職金の交渉を基本サービスとし、特徴は傷病手当金の申請サポートがある点です。

弁護士法人みやびの退職代行

弁護士法人みやび


弁護士事務所が運営する安心感・対応範囲の広さに加え、会社側とのやり取りを「弁護士自身が対応してくれる」という点が特徴です。

弁護士の退職代行が自分に合っているのか?を確かめる

・弁護士じゃないと交渉できない!

・弁護士以外の退職代行でトラブルになりやすい!

・弁護士の退職代行を選べば間違いない!

こういった情報を見て、「弁護士の退職代行で安いサービスを選ぼう」と考えているのであれば、ちょっと待ってください。

どれも間違った情報ではないですが、弁護士を選ぶのがあなたにとって最適かどうかは別な話です。弁護士の退職代行は対応できる範囲が広いですが、その分手間とお金がかかり、状況によっては過剰サービスになりかねません。

例えて言うのであれば、「吉野家の牛丼を食べたい」という人に「高級ステーキ」を食べさせるようなものです。

安くてうまいものを食べたい、と思っている中で高級な美味しいものを食べさせられた人は。美味しいとは思うでしょうが「想定したよりも高かった…」という不満を感じるでしょう。

弁護士の退職代行は間違いなく安心・安全ですが、あなたにとっての最適解とは言えないかもしれません。

退職代行には「弁護士」「労働組合」「民間企業」の3種類ある

退職代行サービスは今や国内で100を超えるサービスが乱立しています。

大まかに3種類の運営元があり、「弁護士法人運営」「労働組合運営」「民間企業運営」の3つに分かれます。

それぞれの最も大きな違いは、「運営元によって対応できる範囲が異なる」という点。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

民間企業が運営する退職代行サービスの特徴と料金

民間企業が行う退職代行サービスは、「簡単・手軽に・安く」利用できるのが特徴です。

特徴として、料金面でのメリットが大きく、多くの場合、一定の料金でサービスを受けることができ、18,000円~25,000円ほどが相場となっています。

一方で、「退職意思を伝達したものの会社側が受け入れてくれない」場合などには、代理で交渉することが法律上できない、という点に注意が必要です。(代理交渉権は弁護士法72条で弁護士のみに認められた権利のため)

労働組合が運営する退職代行サービスの特徴と料金

労働組合が運営する退職代行サービスは、端的に言うと、民間企業に近い料金で、確実性が高いのが特徴です。

料金は民間企業よりは若干高いですが、弁護士法人に依頼するよりも安くなっており、相場は20,000円~30,000円ほどとなっています。

民間企業とは異なり、労働組合法6条で労働者のための代理交渉権を有するため、企業側から「退職を受け入れない」と言われた場合にも代理で会社側との交渉を行うことが可能です。

弁護士が運営する退職代行サービスの特徴と料金

弁護士法人が運営する退職代行サービスの特徴は、「確実に退職ができるだけでなく、退職以外の交渉もできる」という対応範囲の広さです。

料金は3種類のサービスでは最も高く、50,000円~70,000円が相場となっています。

弁護士からの連絡となることで、企業側も迂闊な対応ができなくなる抑止力があるほか、有給取得や未払い残業代の請求、場合によっては会社に対しての慰謝料請求など、幅広く対応してもらえることで、時間・金銭的な余裕を生むことができます。

確実に辞めたいだけなら労働組合で充分

3種類の退職代行の特徴と料金相場を説明しましたが、出来るだけお金をかけたくない、という人がほとんどではないでしょうか。

残業代の請求や退職金の請求、損害賠償請求などの法的対応は必要なく、確実に辞められる保証が欲しいだけであれば、弁護士が運営する退職代行ではなく、労働組合が運営する退職代行サービスを選ぶことをおすすめします。

退職すること自体は民法で定められた当然の権利であり、労働組合は団体交渉権により代理で会社との交渉が出来るため、もしも会社側が「退職代行には応じない」と言ってきた場合にも100%退職を成立させられます。

確実に辞めたいだけであれば、弁護士に依頼するのは過剰です。労働組合の方が安いところが多いので、労働組合の中で探すようにしましょう。

辞めると伝えてほしいだけなら民間企業で充分

会社側に退職意思を伝達してほしいだけであれば、労働組合だけでなく、民間企業も選択肢に入ります。

民間企業運営の退職代行では交渉は出来ませんが、

・退職の意思を自分の代わりに伝えてほしい
・退職意思を伝えたら、受け入れてくれる会社/上司である

という状況であれば、無料オプションがあったり、最短10分で退職依頼を伝達してくれたりと、付加価値があります。

退職意思を自分の代わりに伝えてもらうだけでよい場合には、弁護士ではなく労働組合か民間企業の退職代行サービスから選ぶ方が安いです。

弁護士以外の退職代行も含めたおすすめ退職代行サービス15選をこちらの記事で紹介しています。弁護士以外の退職代行を選ぶ際の参考にしてください。
▶参考記事:【退職代行おすすめサービス15選】退職代行を2回使われた筆者が徹底比較

弁護士の退職代行は「退職代行料金」と「成功報酬」の2つがかかる

続いては弁護士の退職代行の料金形態や料金相場について解説します。

弁護士の退職代行は多くのサービスが「退職代行料金」と「成功報酬」の2つがかかることが多いです。

退職代行料金(定額制)

退職代行料金は定額制で、相場は50,000円~70,000円ほどのところが多いです。
退職代行料金には、以下のサービス内容が含まれます。

・退職意思の伝達
・会社との連絡対応
・退職日/有給休暇の交渉
・退職手続きの代行
・書類の手配
・私物/返却物の調整

成功報酬の料金(変動制)

一方で、成功報酬は変動制で、回収できた金額や請求を退けた額に対して、割合でかかるものです。
成功報酬がかかることが多いサービス内容は以下になります。

・残業代の請求
・未払金の請求
・退職金の請求
・慰謝料の請求
・労働災害保険の申請
・社宅退去の仲介
・借入金返済の交渉

・訴訟対応

弁護士事務所ごとに成果報酬の倍率は異なりますが、獲得した金額の20%~30%ほどが相場となります。

弁護士の退職代行を利用して170万円を獲得!

弁護士の退職代行を利用して金銭請求に成功すると、退職代行の利用料を上回る金額を得られる場合が多いです。

請求して会社から得られた金額が多くなれば、退職代行の利用料金が50,000円だったとしても、自分にとってプラスになることがあるためです。

実際に入社2年間、月45時間の残業代がもらえていなかった、という方の例をご紹介します。

Aさん(28歳)
都内のIT企業で営業として2021年~2023年まで在籍。
月給30万円、土日休みで月200時間働いていたが、残業代の支給なし。

<実際の請求内容>
月給30万円のAさんは時給計算すると基本給1,875円。
残業40時間分には割増賃金率25%が加算されるため、1,875円×1.25×40時間=93,750円が1か月あたりで未払いの状態でした。

この状態で24か月在籍していたため、未払いの残業代は2,250,000円にもなります。

請求額      : 2,250,000円
退職代行料金   : 55,000円
成功報酬(20%) : 450,000円
_______________
Aさんの獲得額  : 1,745,000円

料金体系がわかりにくく、別途費用が掛かることに抵抗感を感じられる方は多いですが、未払い賃金請求などをする場合には退職代行費用を上回って得られる金額がありますので、覚えておきましょう。

一方で、退職代行としての利用だけだと、「55,000円かかってしまい、思ったよりも高かった…」と後悔することにも繋がりかねません。

弁護士の退職代行で安いサービス3選

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

弁護士法人ガイアの退職代行

弁護士法人ガイア


退職意思の伝達から有給休暇の取得交渉、未払い残業代や退職金の交渉を基本サービスとし、特徴は傷病手当金の申請サポートがある点です。

弁護士法人みやびの退職代行

弁護士法人みやび


弁護士事務所が運営する安心感・対応範囲の広さに加え、会社側とのやり取りを「弁護士自身が対応してくれる」という点が特徴です。

退職110番(弁護士法人あおば)

退職110番

弁護士法人あおばが運営する「退職110番」。

弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感と、退職意思の伝達以外の「有給休暇の調整・交渉」や「未払い残業代・退職金の交渉」まで代理で行ってくれる点が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

また、運営の弁護士法人あおばは労働問題を専門としており、代表の相川氏は弁護士資格だけでなく社会保険労務士の資格も持っており、労働者の権利について熟知していると言ってよいでしょう。

退職110番について詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶退職110番の評判・口コミ|メリット・デメリット・向いている人を徹底解説!

弁護士法人ガイアの退職代行

弁護士法人ガイアの退職代行

退職意思の伝達から有給休暇の取得交渉、離職票などの書類の取り寄せ、未払い残業代や退職金の交渉を基本サービスとし、特徴的なのは傷病手当金の申請サポートを行っている点です。

傷病手当金は「病院にて診断を受けていること」「現在在職中であること」「社会保険に1年以上加入していること」と条件がありますが、最大で1年6か月間、給与の2/3の給与が受け取れる、という社会保証制度です。

現在通院している中で退職をしたい、という場合には、心強いサポートとなるでしょう。また、退職後のアフターサポートも無期限で行っているため、退職後に会社と追加で連絡が発生してしまう、などの場合にも備えられるため、安心感があります。

弁護士法人ガイアの退職代行について詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶【口コミ・評判】弁護士法人ガイアの退職代行|メリット/デメリット・向いている人/向いていない人も徹底解説!

弁護士法人みやびの退職代行

弁護士法人みやびの退職代行

弁護士が運営する安心感・対応範囲の広さに加え、会社側とのやり取りを「弁護士自身が対応してくれる」という点が特徴です。事務スタッフやアシスタントではなく、弁護士自身が最初から最後まで会社側とやり取りをしてくれることで、トラブルになる可能性が極めて低くなっています。

また、未払い給与や残業代など、金銭の請求に対しての成功報酬が20%で固定されている点も、他の弁護士運営の退職代行サービスと比較して安くなっている点も魅力ではないでしょうか。

弁護士法人みやびの退職代行について詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶退職代行「弁護士法人みやび」評判・注意点を総まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、弁護士の退職代行を選ぶ上での注意点と、弁護士の退職代行サービスの選び方、おすすめサービスの特徴から評判・口コミを解説してきました。

退職代行を検討する上で、弁護士だけが選択肢ではありません。使った上で「高かった」と後悔しないためにも、まずは弁護士・労働組合・民間企業の中でどの退職代行サービスがあっているのかを考えてみてはいかがでしょう。

退職代行の選び方について、こちらの記事でより詳細に解説しています。よろしければ合わせてお読みください。
▶関連記事:退職代行サービスの選び方|状況にあった選び方をパターン別に徹底解説

あなたのはたらく時間が、1秒でも早く充実した時間になりますように。

▼筆者がおすすめする退職代行サービス3選▼

安さ重視

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定となっており、安さを重視したい方にはピッタリのサービスです。

早さ重視

退職代行 即ヤメ

退職代行即ヤメ


「どこよりも速い」スピード退職を売りとしている即ヤメ。退職代行サービスでは珍しい「後払い」の料金形態で、最短10分で退職が可能。

残業代請求

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

●表を挿入

タイトルとURLをコピーしました