【今の仕事辞めるべき?】仕事・会社の辞めどきがわかる10のサインとは?

仕事・会社の辞めどきがわかる10のサイン 仕事・会社の悩み

今の仕事を続けていてもいいのだろうか…?
・漠然とした不安があるけど、今の仕事を辞めるべきなのか判断がつかない・・・
・辞めたいと思っているけど、こんな悩みで辞めてしまってよいものか…

本記事ではこういったお悩みが解決できます。

筆者の経歴
はたらきGUY
はたらきGUY

初めまして、はたらきGUY(@hatarakiguy)と申します。

  • 学生時代、アルバイトを15社経験し、退職の手間を痛感
  • 正社員としても4社+1個人事業の退職・転職経験あり
  • 現在は人材系企業のBtoBマーケティング責任者
  • これまでに100人を超える部下をマネジメント。
  • 退職代行を2回使われた経験あり
  • 個人としても約20回の退職経験を活かし、今仕事に悩んでいる人の悩みを解決できるよう、「退職」に関わるノウハウをお届けしています

変化が多い現代社会。AIも進化して、様々な業界・会社の立ち位置が変わっていたリと、将来への不安を強く感じている方も多いのではないでしょうか。働く時間は人生の大きな時間を費やすもの。出来るだけ自分に合った仕事で、充実した時間を過ごしたいものです。

そこで本記事では、「仕事の辞めどきが分かる10のサイン」をまとめました。漠然とした不安や不満でも、取り返しのつかないことになってしまうこともありますので、今すぐの退職を考えていなくても、「これがあったら辞めどきなんだ」ということを把握しておいていただければと思います。

<本記事でわかること>
・仕事の辞めどきがわかる10のサイン
・仕事を辞めたいと思った時に取るべき行動
・仕事を辞める前にやってみること

※本サイトにはアフィリエイトリンクを含みます。

▼筆者がおすすめする退職代行ランキングTOP3の退職代行サービスはこちら▼

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

仕事の辞めどきがわかる10のサイン

現代の働き方が多様性を重視する中で、自分の働く環境や職場に対する適応力が求められています。終身雇用ではなくなり、ジョブ型雇用やリスキリングなど、個々人の力が求められるようになった時代背景もあり、変化に適応する力は重要と言えます。

しかし、時には自信を変化させることよりも環境を変化させる方が自分の人生にとって良い選択となることもあり、仕事・会社の辞め時を見極めることが重要です。

辞めどきのサインを紹介する前に、辞めどきと言える観点を記載していきます。

ここでは「マズローの欲求階層説」を基にして、「辞めどきサイン」の危険度別にまとめています。

<マズローの欲求階層説とは>
マズローの欲求階層説とは、人間の欲求を「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現の欲求」の5つの階層に分かれているという理論です。

これらの階層はピラミッド状になっており、低い階層の欲求が満たされることによって次の段階の欲求を求めるようになります。

  • 生理的欲求:食欲、排泄欲、睡眠の欲求など「生きること(生命の活動)」と直結した欲求
  • 安全の欲求:危険や脅威、不安から逃れようとする欲求
  • 社会的欲求:集団への帰属や愛情を求める欲求
  • 承認欲求:他人から尊敬されたい・人の注目を得たいという欲求
  • 自己実現の欲求:自分の信じる目標に向かって自分を高めていこうとする欲求

それでは、仕事の辞めどきが迫っている可能性がある10のサインをご紹介していきましょう。

食欲がなくなった(危険度:★★★★★)

仕事に対するモチベーションの低下やストレスが原因で、食欲が減退していませんか?

例えば、昔は楽しく感じていたランチタイムが苦痛に感じられたり、仕事のことばかり考えて食事が億劫になっているかもしれません。

この状態が続くと仕事への集中力も低下するだけでなく、栄養不足や体調不良が引き起こされ、最悪の場合はうつ病の発症に至る場合もあります。

食欲の減退は、仕事のストレスやモチベーションの低下が引き起こす身体的な影響の一つなので、このサインが現れたら注意が必要です。

マズローの欲求階層説では、「生理的欲求」に該当します。生きることに直結した欲求のため、無視してはいけません。

眠れなくなった(危険度:★★★★★)

仕事によるストレスやプレッシャーが原因で、夜なかなか眠れない状態に陥っていませんか?

例えば、仕事のことで頭がいっぱいで寝つけない、仕事のことを考えて夜中に目が覚めるなどが挙げられます。睡眠不足は仕事のパフォーマンスにも大きな影響を与えるだけでなく、体や精神に悪影響を及ぼします。

はたらきGUY
はたらきGUY

私も過去に仕事のストレスで不眠になったことがあります。心療内科に通い、薬がないと寝られない状態が続き、多くの時間とお金がかかり、苦しみました。

マズローの欲求階層説では、「生理的欲求」に該当します。生きることに直結した欲求のため、無視してはいけません。

出勤前に体調が悪くなるようになった(危険度:★★★★★)

仕事に行く日に限って、体調不良を引き起こすようになっていませんか?

例えば、出勤前に吐き気や頭痛がする、職場に行くことが身体的・精神的な負担になっている場合です。

これは仕事への抵抗感やストレスが極限に達している兆候であり、無視せずに検討するべきです。

はたらきGUY
はたらきGUY

この状態には食欲減退・不眠が進行している状態とも言えます。限界まで働いてしまい、本格的にうつ病になってしまうと完治するには数年かかります。体調不良がサインとなっている場合には、迷わずに病院に行きましょう。

マズローの欲求階層説では、「生理的欲求」に該当します。生きることに直結した欲求のため、無視してはいけません。

給与が安いまま上がらなくなった(危険度:★★★★☆)

長期間給与が上がらず、適正な報酬を受け取れていないと感じていませんか?

例えば、同じ仕事をこなしているのに同僚よりも低い給与である、スキルや経験に見合った報酬が得られていない場合です。

これが続くとモチベーションが低下し、仕事へのコミットメントも減少しますよね。

給与は生活にも大きく影響するので、給与が低く上がらない、という状況が続いているようであれば、生活のために仕事を辞め、転職することで収入を増やせる可能性があります。

マズローの欲求階層説では、「安全の欲求」に該当します。危機や脅威・不安から逃れたいという欲求であり、解消しないとネガティブな状態が続きます。

残業や休日出勤が多くなった(危険度:★★★★☆)

過度な労働が続き、プライベートの時間が犠牲になっていませんか?

例えば、毎日のように残業が発生し、休日出勤が当たり前になっている場合です。これが慢性的に続くと、健康への影響が懸念され、仕事とのバランスが崩れる可能性があります。

マズローの欲求階層説では、「安全の欲求」に該当します。危機や脅威・不安から逃れたいという欲求であり、解消しないとネガティブな状態が続きます。

ハラスメントが横行するようになった(危険度:★★★★☆)

職場で嫌がらせが頻繁に行われ、その影響を受けていませんか?

例えば、上司や同僚からの嫌な言動が増え、職場環境が悪化している場合です。ハラスメントは心身の健康に深刻な影響を与える可能性があり、早急な対処が必要です。

マズローの欲求階層説では、「安全の欲求」に該当します。危機や脅威・不安から逃れたいという欲求であり、解消しないとネガティブな状態が続きます。

会社が潰れそう・会社に活気がなくなった(危険度:★★★☆☆)

会社の経営不安や停滞が感じられ、将来の不安が頭をよぎっていませんか?

例えば、業績が悪化し、リストラの噂が広がっている、企業文化が低迷している場合です。これが続けば、将来のキャリアや安定性に対する不安が増大する可能性があります。

マズローの欲求階層説では、「社会的欲求」に該当します。安全性は感じていますが、人間関係での信頼や愛情が満たされていない状態です。

会社に尊敬できる人がいない(危険度:★★★☆☆)

職場のリーダーシップが弱まり、尊敬できる人がいなくなっていませんか?

尊敬できる上司や同僚がいなくなり、働くモチベーションが低下した場合、自分の成長ややりがいを感じにくくなります。

マズローの欲求階層説では、「社会的欲求」に該当します。安全性は感じていますが、人間関係での信頼や愛情が満たされていない状態です。

成長実感を得られなくなった(危険度:★★☆☆☆)

スキルや能力の向上が感じられず、同じ状態が続いていませんか?

例えば、新しいプロジェクトや責任を任されない、スキルアップの機会が与えられない場合です。成長の機会が限られると、モチベーションの維持が難しくなります。

マズローの欲求階層説では、「承認欲求」に該当します。人間関係は満たされていますが、自分が求められている、評価されている、という欲求が満たされていない状態です。

仕事にやりがいを感じられなくなった(危険度:★☆☆☆☆)

仕事が単調で挑戦がなく、やりがいを感じられなくなっていませんか?

例えば、プロジェクトに意味が見出せない、目標が不明確でモチベーションが上がらない場合です。仕事に意義や喜びを見出せないと、長期的なモチベーションの維持が難しくなります。

マズローの欲求階層説では、「自己実現の欲求」に該当します。人間関係も満たされており、承認欲求も満たされていますが、自身の自己実現や生きる目的といった、より高次元の欲求が満たされていない状態です。

これらのサインが一つでも当てはまる場合、冷静に自分自身と向き合い、新しい一歩を踏み出す覚悟を持つことが重要です。自分の幸福とキャリアのバランスを見つけ、充実した働き方を追求しましょう。

仕事を辞めたいと思った時に取るべき行動

現代の働き方は多様で、仕事に対する期待や満足度も個人差があります。

時折、仕事を辞めたいと感じることは自然なことです。しかし、その際には冷静かつ計画的に行動することが重要です。以下に、仕事を辞めたいと思った時に取るべき行動をご紹介します。

休みを取る

まず最初に、感情や思考を整理するために休暇を取ることが重要です。

仕事のストレスやプレッシャーから離れ、自分の気持ちに向き合う時間を持つことで、冷静に状況を判断できるようになります。また、リフレッシュされた状態で問題に取り組むことで、新たな視点や解決策が見つかるかもしれません。

はたらきGUY
はたらきGUY

私の場合はストレスを強く感じたり、辞めどきサインを自覚した場合にはすぐに休みを取って、サウナに行くようにしています。

平日の昼間にサウナに行くと、こんなにも平日昼間からサウナに行く大人がいるのだから、自分一人が仕事を休んだり辞めたりしても大したことではないな、と実感できます。

信頼できる人に相談する

仕事の悩みや辞めどきの判断に迷った時には、信頼できる友人や家族、同僚に相談することが大切です。

外部の意見やアドバイスを聞くことで、自分の状況を客観的に見つめる手助けとなります。

また、感情を共有することで精神的な支えを得られるかもしれません。

自分では何に不安を感じているのか漠然としていることでも、人に話すことで意外と整理出来たりするものです。

待遇の改善を会社に交渉する

仕事に不満を感じる場合、待遇や労働条件の改善を求めることも一つの選択肢です。

まずは上司や人事部とのコミュニケーションを図り、具体的な要望や改善点を伝えましょう。会社との対話を通じて問題解決が図れれば、仕事を続ける新たなモチベーションが生まれる可能性があります。

転職活動を始める

仕事を辞めたいと感じた場合、他の職場での新たなスタートも検討する価値があります。

転職活動を開始し、自分のスキルや経験を生かせる職場を見つけることで、仕事に対する新たなやりがいやモチベーションを見つけることができるでしょう。

事態が切迫している時はすぐに退職する

時には、状況が深刻である場合、すぐに退職することが適切な判断となることもあります。

精神的・身体的な健康を守るためや、深刻な問題が解決不能な場合は、速やかに退職を検討することが重要です。この際には、慌てず冷静に次のステップを考え、前向きな決断をすることが肝要です。

仕事を辞めたいと思った時には、感情に振り回されず冷静な判断を心がけましょう。そして、将来の幸福とキャリアに向けて前向きなステップを踏むことで、より充実した生活を築くことができるでしょう。

仕事を辞める前にやってみる事

現代の働き方は多岐にわたり、時には仕事を辞めるかどうか迷うこともあります。

辞める前に検討すべきポイントを整理し、冷静な判断をすることが重要です。以下に、仕事を辞める前にやってみるべきことをご紹介します。

自分自身の価値観を整理する

仕事を辞める前に、まず自分の価値観を整理することが重要です。仕事において何が重要で、何を追求したいのかを考えます。

自分が求める働き方やキャリアの方向性だけでなく、何がしたくないことか、何がストレスと感じるのかを明確にし、それに基づいて今の仕事がどれだけ合致しているかを振り返ります。

自分の価値観が仕事と一致している場合、課題や問題があっても解決しやすいですが、一致していない場合は辞める選択肢を検討することが重要です。

価値観を整理することで、冷静な判断ができ、将来の方向性を見つけやすくなります。

周囲の人の意見を聞く

仕事に対する悩みや迷いがある場合、周囲の人の意見を聞くことは有益です。

信頼できる友人、家族、同僚などに相談し、異なる視点や経験からのアドバイスを受けることで、自分では気付かなかった視点が見えるかもしれません。

周囲の人の意見を聞くことで、感情の整理や冷静な判断が促進され、自分の中での答えが見つかりやすくなります。ただし、最終的な決定は自分が行うべきであり、他者の意見を参考にしつつも、自分の価値観と照らし合わせながら進めることが大切です。

自分の市場価値を調べる

仕事を辞める場合、次にどのようなキャリアを積むかを考える必要があります。

自分のスキルや経験がどれだけ市場価値があるかを調べ、他の職場でどれだけ活かせるかを確認することが重要です。

市場価値を調べることで、自分のポジショニングや転職先の選択肢が明確になります。また、必要なスキルや資格があれば、獲得することで市場価値を向上させることができます。

これらのステップを踏むことで、仕事を辞める前にしっかりと準備ができます。冷静な状態での判断と計画的な行動が、より良いキャリアの構築につながるでしょう。

「退職代行」を視野に入れたほうがいいケースもある

仕事を辞める決断は慎重に行うべきですが、中には「退職代行」を活用することが適切なケースもあります。以下に、退職代行を視野に入れるべき状況をご紹介します。

体調に影響が出ている場合

仕事のストレスが体調に大きな影響を与えている場合、退職代行を検討する価値があります。

精神的なストレスや身体的な不調が続くと、長期的な健康被害を招く可能性があります。このような状況では、プロのサポートを得て円滑かつスムーズな退職プロセスを進めることが重要です。

退職代行のサービス内容についてはこちらの記事でも詳細に解説していますので、合わせてお読みください。
▶関連記事:【徹底解説】退職代行とは?|料金相場・メリット・デメリット・利用する場合の流れ

ハラスメントがある場合

職場でのハラスメントが続く場合、自分での退職交渉が難しいことがあります。

ハラスメントの継続は精神的な負担を増やすばかりでなく、法的な問題も引き起こす可能性があります。退職代行を利用することで、専門家が法的なアドバイスや交渉を行い、円滑な退職をサポートしてくれます。

会社に対して損害賠償などの金銭請求をする場合には弁護士が運営する退職代行サービスを選ぶ必要があります。以下記事では弁護士のオススメ退職代行サービスをご紹介していますので、合わせてご確認ください。
▶関連記事:弁護士の退職代行で安いところはどこ?最安値は19,800円!料金相場・対応範囲を徹底解説!

会社に引き留めをされそうな場合

一部の企業では、優秀な従業員の離職を避けるために引き留めの手段を取ることがあります。

このような場合、自分での交渉が難しいかもしれません。退職代行を活用することで、中立的でプロフェッショナルな立場から交渉が行われ、自分の意志を尊重しつつ、円満な退職が実現できるでしょう。

退職代行は、特に難しい状況下で効果的な手段となりますが、注意が必要です。信頼性のある代行サービスを選び、契約内容や料金体系を確認することが重要です。

仕事を辞める際には、状況に応じて様々な手段があります。退職代行を活用するかどうかは検討が必要ですが、自分の将来と幸福を考え、最良の選択をすることが重要です。

おすすめの退職代行サービス3選

退職代行CLEAR

退職代行CLEAR


正社員18,000円、アルバイト11,000円と、業界最安値級の価格設定。
過去50,000件以上の退職代行実績があり、安心感のポイントです。

退職代行モームリ

退職代行モームリ


「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供しています。最短当日の連絡はもちろん、退職率は100%を継続しています。

退職110番

退職110番


弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感が魅力の弁護士が運営するサービスの中では43,800円と料金が比較的安いのが特徴です。

退職代行CLEAR(クリア)

退職代行CLEAR

退職代行CLEARは日本労働基準組合という労働組合が運営する退職代行サービスです。法適合の労働組合で、全国5万件以上の退職実績(退職成功率100%)を誇ります。

料金も私が知る中では最安の退職代行サービスで、万が一会社との交渉が必要になった場合でも代理権をもって交渉してくれるため、金額の安さと安全性を両立しているサービスと言ってよいでしょう。

【退職代行CLEARの基本情報】

運営     日本労働基準組合(労働組合)
料金     18,000円(正社員・派遣・契約社員)/11,000円(アルバイト・パート)
対応の早さ  〇(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカードまたは銀行振込/前払いのみ
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能

退職代行CLEARについて詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶退職代行CLEAR(クリア)の評判は?口コミ・メリット・デメリットを徹底検証

退職代行モームリ

退職代行モームリ

退職代行モームリは株式会社アルバトロスという民間企業が運営・管理をしていますが、2名の弁護士が業務監修をし、労働組合と提携をしている法適合の退職代行サービスです。

退職代行モームリの特徴は、「利用者の安心感」を最大限重視した利用者目線のサービス提供

退職率は100%を継続している中ですが、万が一希望通りに退職できなかった場合には全額返金をしてくれる他、後払いでの支払い方法や、業界初の来店・オンライン対応なオプションを用意。また、社会保険給付金受給サポート、転職サポートなど、利用者が安心して次のステップに進めるようにサービスを整えています。

【退職代行モームリの基本情報】

運営     株式会社アルバトロス
料金     22,000円(正社員)/12,000円(アルバイト)
対応の早さ  ◎(最短即日での退職連絡も可能)
対応範囲   退職意思の伝達/有給休暇の取得申請/退職交渉
24時間対応  〇(24時間365日対応)
支払     クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い/後払い可能
相談方法   LINEまたはメールで無料相談/電話・対面での相談も可能
その他特徴  転職サポート/社会保険給付金受給サポートあり

退職代行モームリについて詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶退職代行モームリの評判は?口コミ・メリット・デメリットを徹底検証

退職110番

退職110番

退職110番は弁護士法人あおばが運営する退職代行サービスです。

弁護士が直接会社とやり取りしてくれるという安心感と、退職意思の伝達以外の「有給休暇の調整・交渉」や「未払い残業代・退職金の交渉」まで代理で行ってくれる点が魅力の弁護士が運営するサービスの中では料金が比較的安いのが特徴です。

また、運営の弁護士法人あおばは労働問題を専門としており、代表の相川氏は弁護士資格だけでなく社会保険労務士の資格も持っており、労働者の権利について熟知していると言ってよいでしょう。

退職意思の伝達だけでなく、会社側への請求・交渉まで必要な場合には、退職110番の利用がおすすめです。

【退職110番の基本情報】

運営     弁護士法人あおば
料金     43,800円(正社員・アルバイト・パート一律)
対応の早さ  △(お問い合わせフォームより申し込み後、弁護士より連絡)
対応範囲   退職意思の伝達/退職書類の作成・請求/有給休暇の取得申請・交渉/

       残務引継ぎの調整交渉/退職日の調整/残業代・未払い給与・退職金・
       慰謝料の請求
       ※残業や給与の未払い金請求、退職金請求、ハラスメントによる慰謝料、
        労働災害保険の申請など、通常の退職代行内容とは異なる
        「金銭が絡む請求」については、契約費用とは別に成功報酬が発生。
24時間対応  なし
支払     クレジットカード/前払いのみ
相談方法   電話・メール
その他    退職できなかった場合、全額返金制度あり

退職110番について詳細に知りたい方は、こちらの記事も合わせてご確認ください。
▶退職110番の評判・口コミ|メリット・デメリット・向いている人を徹底解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、「仕事の辞めどきがわかる10のサイン」について解説してきました。

退職を考えて色々と不安になっているのであれば、無料相談をしてみることをおすすめします。退職代行サービスは無料相談後に「やっぱり退職しない」という結論を出してもOKなので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

退職代行のおすすめサービス15選を以下記事でまとめています。よろしければ合わせてお読みください。

また、まだ退職しておらず、退職後にすぐに退職はしない!という方には「社会保険給付金アシスト」を利用することで数十万円~数百万円を得ることも可能です。労働組合運営の退職代行を無料で利用できますので、退職代行と合わせてご利用いただけます!

社会保険給付金アシスト

社会保険給付金アシスト


  • ●社会保険給付金アシストは「失業保険」と「傷病手当金」を組み合わせ、月給の約60%~65%の手当てを最大28か月間受給するためのサポートをしてくれる。
  • 利用実績は1000名以上、満足度も98%以上で、怪しくはなかった
  • 退職代行サービスを無料で利用可能。労働組合運営で100%退職できる
  • ●社会保険給付金アシストは「退職後、しばらく働かずに休みたい人」に向いている。
  • 受給資格があるか、いくらもらえるか、などは無料相談でチェックできる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの働く時間が、1秒でも早く充実した時間になりますように。

タイトルとURLをコピーしました